05
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

地上の天国・太平天国

太平天国たいへいてんごくとは、中国清王朝末期、洪秀全こうしゅうぜんにより建てられた、キリスト教を信仰する自称国家。

洪秀全は、度々科挙に失敗したため、そのショックで病床に寝込んでいたが、その時、不思議な夢を見る。
その夢は、ヤハウェ(神)と思われる老人から世を正すよう命じられ、イエス=キリストらしき人物と共に悪霊退治の手助けを受けたというものだった。

洪秀全は広州に受験で訪れた際、宣教師の勧誘パンフレット『勧世良言』を入手した時、この不思議な夢の意味を理解し、キリスト教に目覚める。

1847年、広西省桂平県金田村に「拝上帝会はいじょうていかい」を立ち上げる。(自らをヤハウェの子で、イエス=キリストの弟であると称する)
数少ない賛同者の一人で友人の馮雲山ふううんざんが、布教活動を行い約三千人の信徒を得る。

1850年、拝上帝会は軍事組織「金田団営きんでんだんえい」を結成する。
鉄砲や大砲等の武器を密造し、革命の準備を進めていたが、清軍との衝突が発生。
1851年、拝上帝会(この時すでに会員数は約二万人)は、その数倍はある清軍を打ち破り、清王朝に反旗を翻した。(これを「金田蜂起きんでんほうき」という)

同年、拝上帝会は「太平天国」と改名し、洪秀全は自らを「天王」と称した。
太平天国の幹部である五人に、王位を封じて、五王体制を作る。

東王・楊秀清ようしゅうせい
西王・蕭朝貴しょうちょうき
南王・馮雲山ふううんざん
北王・韋昌輝いしょうき
翼王・石達開せきたつかい

東王・楊秀清は、「天父下凡てんふかぼん」(ヤハウェの神託)、西王・蕭朝貴は「天兄下凡てんけいかぼん」(キリストの神託)を勝手に称し、太平天国の信徒たちに命令するようになる。
この時、天王・洪秀全は二人を粛清しなかったため、後の天京事変を引き起こす要因になる。

1853年、太平天国軍は南京を陥落。
ここを太平天国の首都「天京てんけい」と改名し、全国に国家樹立を宣言。

太平天国は、スローガン「滅満興漢」を掲げ、満州族の風習である弁髪を拒否(そのため、清から「長髪族」と呼ばれる)した。
男女平等、纏足の廃止、土地均等配分、租税軽減などを掲げる。

勢いに乗った太平天国は、清王朝の首都・北京に、軍を派遣させるも失敗。
以後は、北京攻略を諦め、支配領域の維持を保つ姿勢に方向転換。

支配領域の維持が安定しつつあった時、「天京事変てんけいじへん」(太平天国の内部抗争)が発生。

太平天国ナンバー2の楊秀清が「天父下凡」を使い、太平天国を勝手に動かし、天王をも凌ぐ権勢を振るうようになっていた。

元々「天父下凡」や「天兄下凡」は、洪秀全が不在の時、動揺する信徒たちを沈静化するために用いられたのが始まりで、楊秀清が勝手にし始めたことだったが、洪秀全から信徒たちを安静させた功績として許可された。

後の清朝打倒を決めたのも、「天父下凡」を持つ楊秀清の命令であり、太平天国の政治や軍隊の実権は全て東王・楊秀清が掌握していた。

次第にエスカレートしていき、楊秀清は、教祖であり君主でもある天王・洪秀全に対し、命令するようになる。(ヤハウェの神託による命令という形なので、たとえ天王であれ、命令に従わなければならない)
時に、洪秀全は楊秀清の前に平伏させられ、棒叩きの刑に処されたこともあった。

独裁に走る東王・楊秀清を、洪秀全は排除することを決意し、洪秀全は北王・韋昌輝を動かし、楊秀清とその一族郎党約四万人を粛清させた。

しかし、翼王・石達開はこの事件を激しく怒り、北王・韋昌輝と対立。
対立の末、自分の妻子を殺された石達開は、韋昌輝の処分を洪秀全に求める。
これを知った韋昌輝は、洪秀全に牙を向け反旗を翻すも、逆に捕らえられ処刑される。

その後、洪秀全は、石達開と協力体制を敷くも、疑心暗鬼に陥っている洪秀全は肉親以外を重用するつもりはなかった。
洪秀全は、無能な兄二人にそれぞれ王位を与え、石達開を牽制。
これに不満が生じた石達開は、大軍を率いて太平天国を去ることに。

こうして太平天国は、天京事変が生じたことで弱体化。
金田村で決起した時の主要人物は、天王・洪秀全だけとなる。(南王・馮雲山、西王・蕭朝貴はすでに戦死している)

弱体化した太平天国に対し清王朝は勢い付き、天京を包囲。
この時、洪秀全は新しい幹部(李秀成りしゅうせい李世賢りせいけん陳玉成ちんぎょくせいら)を投入し、対抗。
新たな幹部の登場で、次第に形勢が逆転し、清王朝は再び敗することになる。

1859年、拝上帝会の頃から入信していた洪仁玕こうじんかいが天京に到着。
洪秀全は、洪仁玕に「干王」の称号を与え、新しい幹部の将たちにも王位を授け、忠王・李秀成、侍王・李世賢、英王・陳玉成とした。

しかし1863年以降、太平天国は支配領域を次々と失い、天京は孤立。
幹部らは洪秀全を見捨てたが、忠王・李秀成は清朝の包囲を破り天京に戻ってくる。

天京を捨てることを上奏するも、洪秀全は受け入れず、逆に天京防衛を命じた。
天京は兵糧攻めにより食糧不足に陥っており、雑草を「甜露」と呼び、食するほどにまで困窮することに。
1864年、天王・洪秀全、病死。
「私は天国に上り、天父天兄から兵を借りて、天京を守る」と述べ、これが洪秀全の遺詔となった。

同年、天京陥落。太平天国の乱は終結。
忠王・李秀成は、洪秀全の息子であり第二代天王・洪天貴福こうてんきふくと共に天京から脱出したが、後に捕らえられ、処刑された。

現在、自称国家「イスラム国」が話題になっていますね。
実はこれ、現代版太平天国と言ってもいいぐらい、よく似ています。

三大宗教といえば仏教、キリスト教、イスラム教。
オリジナル解釈を加えることで、仏教を改悪したオウム真理教、キリスト教を改悪した太平天国、イスラム教を改悪したイスラム国。
果たして許されることなのでしょうか。

次回は、太平天国の教祖・洪秀全について、書きたいと思います。
スポンサーサイト

映画『クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』

今回は映画『クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』の紹介。
1996年に公開された映画4作目の、約20年も前の作品となります。

異世界のとある国。ゴーマン王子はお姫様を助けるため、オカマ魔女・マカオとジョマに立ち向かった。
しかし、ゴーマン王子はマカオとジョマに敗れ、呪いをかけられてしまう。

しんのすけは、幼稚園の遠足で、群馬にある遊園地「ヘンダーランド」に遊びに来ていた。
そこで迷子になったしんのすけは、サーカスのテントの中で「トッペマ・マペット」という不思議なネジ巻き人形と出会う。

実はヘンダーランドは、マカオとジョマのアジトであることが判明する。
異世界を支配したオカマ魔女の二人は、次はこの世界(しんのすけ達が住む地球)の侵略を目論んでいた。
そこでトッペマは、しんのすけにどんな願い事でも叶えられる「魔法のトランプ」を手渡し、マカオとジョマの地球征服を阻止してほしいと頼むのであった。(魔法のトランプの持ち主は、マカオとジョマで、トッペマは隙を突いて奪った)

マカオとジョマの配下に、三人の幹部がいます。
「クレイ・G・マッド」「チョキリーヌ・ベスタ」「ス・ノーマン・パー」

クレイ・G・マッドは狼男で、しんのすけとトッペマを取り逃がしてしまう失態を犯す。後に、ヘンダーランドに来たしんのすけを捕らえようとするが失敗し敗北。

チョキリーヌ・ベスタは色黒の魔女で、トッペマに呪いをかけ、夜の間しか姿を現すことができないようにしてしまう。
後に、トッペマとの戦闘の末、トッペマの捨て身の一撃で光に飲み込まれ消滅。

ス・ノーマン・パーは雪ダルマで、しんのすけが持つ魔法のトランプ奪還にやって来る。人心掌握に長けており、野原一家や幼稚園のみんなを洗脳。
しんのすけは魔法のトランプを使い、アクション仮面、カンタムロボ、ぶりぶりざえもんを召喚し、四人で協力しス・ノーマンを撃退。

しかしス・ノーマンは退散する際、ヘンダーランドの招待券を残す。
翌日、何も知らないひろしとみさえはしんのすけを連れ、その招待券でヘンダーランドへと遊びに行くことに。(しんのすけは騙されていると訴えるが相手にされない)
その帰宅後、しんのすけは、人形に成り代わった偽ひろしと偽みさえに襲われそうになる。
先のヘンダーランドにて、本物のひろしとみさえはトイレに行った間に、ス・ノーマンに捕まっていた。
しんのすけはトッペマと共に、ひろしとみさえを助け出し、マカオとジョマを倒すことを決意する。

オカマ魔女を倒すには、ヘンダー城の頂上にあるステンドグラスに、魔法のトランプ・ジョーカーをかざせば良く、それを知った野原一家はそれを目指し、当然オカマ魔女は追いかけて来る場面があります。
あの有名な「追いかけっこ」のシーンですね。

ちなみにオカマ魔女は、ヘンダー城では、魔法や呪いを使うことができません。(ヘンダー城自体が魔法の中心で魔力が制限されている)
なので、お互いが体力勝負。
野原一家との追いかけっこを繰り広げるも後一歩のところでしんのすけを止められず、二人揃って消滅します。

後に、まだ生き残っていたス・ノーマンが襲い掛かってきますが、突如メモリ・ミモリ姫が現れ、呪いが解かれます。
実はス・ノーマンの正体は、物語冒頭でオカマ魔女に呪いをかけられたゴーマン王子だったのです。
そしてメモリ・ミモリ姫は実はトッペマ自身だったのです。(正確にはトッペマ人形の心に宿っていた)

このクレヨンしんちゃんの映画、結構ホラーです。
しんのすけ自身、本来の五歳児らしい感じで、いつものしんのすけ節も少なめです。
ゆえに、オカマ魔女の地球征服を阻止して欲しいとトッペマから頼まれた際も、子供の持つ恐怖心ゆえ一度は断るほどです。

例の偽ひろし、偽みさえと共に帰路に着くシーン、妙に怖いです。
暗い夕日をバックに走る車内の描写はかなり不気味。

しかしながら、野原一家とオカマ魔女の対決シーンはユニークな箇所があるので、前半のホラーとのギャップとが相まって、非常に面白い作品になっています。

個人的に、マカオとジョマのテーマ(BGM)がお気に入りです。
彼らが得意のバレエを披露するシーンの時に流れており、優雅なクラシック曲となっています。

ご興味のある方、是非とも視聴してみて下さい。

アニメ『地獄少女』

『地獄少女』は、地獄少女プロジェクト、わたなべひろし原案とするホラーアニメ。
第一期、第二期(二籠ふたこもり)、第三期(三鼎みつがなえ)まで放送され、今年2017年に第四期(宵伽よいのとぎ)が放送されます。

午前零時にアクセスする事ができるウェブサイト『地獄通信』。
そのサイトに、怨みの相手の名前を書き込むと、地獄少女・閻魔えんまあいが現れ、その相手を地獄に流してくれる。

地獄少女は依頼主に藁人形を渡し、こう告げる。
「あなたが本当に怨みを晴らしたいなら、その人形の赤い糸を解けばいい。糸を解けば、私と正式に契約を交わした事になる。怨みの相手は速やかに地獄へ流されるわ。ただし、怨みを晴らしたらあなた自身にも代償を支払ってもらう。人を呪わば穴二つ。あなたが死んだら、その魂は永遠に地獄をさまよう事になる」

依頼主との契約が成立すると、地獄少女に従う三人のしもべ「三藁さんわら」(一目連いちもくれん骨女ほねおんな輪入道わにゅうどう)が、ターゲットに恐怖と絶望を与え懲らしめ、最後に地獄少女による「地獄流し」が行われます。

「闇にまどいしあわれな影よ。人を傷つけおとしめて、罪に溺れしごうたま。……いっぺん死んでみる?
と、地獄少女は口上を述べ、相手を地獄に落とします。

基本一話完結型ですが、シリーズ毎にキーパーソンとなるキャラがおり、例えば第一期であれば地獄少女の正体を探ろうとする人物キャラが登場したりします。
また、憎い相手に怨みを晴らす爽快ホラーさがある一方、理不尽な話もあったりし、ワンパターンで終わらない話も多いです。

個人的に、そのターゲットの憎たらしさに腹が立ち、「早く糸を引いて、地獄少女を呼べばいいのに」と感情移入することが多いです^^;
毎回ヒヤヒヤさせられたりと、かなりホラーアニメとしては好評だと思います。
パターンに従いつつも、展開の読めない回などは、本当に恐怖を感じます。

怨み晴らす系といえば、藤子不二雄A『魔太郎がくる!!』がありますね。
『地獄少女』は依頼を受けて復讐代行する作品ですが、『魔太郎がくる!!』は「怨み晴らさでおくべきか!!」のフレーズで、自身の持つ魔力で相手を懲らしめる作品。
詳細は当ブログ記事『コノウラミハラサデオクベキカ』にて。
怨み晴らす系が好きな方は、両作品ともオススメします。

地獄少女、三藁による怨み晴らしのシーンで流れる処刑用BGMが好きだったりします。
『地獄ロック』というBGMです。
個人的には、魔太郎の復讐シーンでも流れそうなBGMで、漫画を読んでいる時に脳内再生されます。

今年『地獄少女』が復活しますので、興味のある方はこれを機に、視聴してみてはいかがでしょうか。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

霊睡蓮

Author:霊睡蓮
1989年生まれ/大分県/AB型
コメント・リンク感謝歓迎。九割方返礼。
★プロフィール詳細★

★ブロとも申請★

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブログ投票

ランキング参加中。クリック投票お願いします。

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

QRコード

QR