08
1
3
4
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ゲーム『悪魔城ドラキュラXX』

今回は、SFC『悪魔城ドラキュラXXダブルエックス』を紹介。
このゲームは、PCエンジン『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』のリメイク版。

主人公はリヒター=ベルモンドで、基本ストーリーはドラキュラ討伐。
囚われの身であるアネット、マリアを救出したかどうかで、時計塔のボス(カーミラ/死神)が変わり、エンディングも変わります(マルチエンディング)。

ステージ分岐がいくつか存在します。
例えば、柱がたくさん並んでいるステージ3終盤、穴に落ちれば(どの足場からでも良い)、ステージ4'(地下墓地)に行く事ができるなど。
しかし、このステージ4'から攻略を進めると、エンディングはバッドエンドになります。(アネット、マリアを救出する事ができないため)

このゲームはパスワード式のセーブ方法なので、邪道ですが、攻略サイトで公開されているパスワードを入力し、一気にステージ7まで進める事ができます。
アネットエンド、マリアエンドを手っ取り早く見たい人は、それらパスワードに沿って進めると良いと思います。

次にラスボス・ドラキュラ伯爵について。
ドラキュラ戦のステージは、穴だらけの足場の悪い構成になっており、とても戦い辛い。(ドラキュラ自体は大したことは無い)
それゆえに、少し油断すると穴に落ちてしまうため、個人的にステージ構成こそが強敵に感じました。



私なりのドラキュラ攻略の方法。
サブウェポンを「斧」で戦っても良いのですが、個人的にドラキュラ変身後はスムーズに倒したいので「クロス」の方をオススメします。

基本、あまり動き回らないで、確実にダメージを与えていく方法。
中央の足場を中心に待機し、その場の画面内のみ現れた時にジャンプ→クロスを繰り返します。(右側に現れた時、上手くいけば3ダメージは与える事も可能)
ドラキュラが、自分の待機している足場に現れそうになった時は、すぐに右(左)足場に飛び乗り、ムチかクロスで攻撃。

ドラキュラを討つのに時間は掛りますが、だいたい中央で待機していれば、ドラキュラの攻撃からも回避しやすく、無駄に体力消費する事はありません。
ただし、たまに中央目がけて飛んで来る黒炎弾は回避が難しく、避けたりすると穴に落ちるリクスが高まります。
その点に関しては、しゃがんで、あえて攻撃を受けることで、落ちるリスクを回避します。

次にドラキュラ変身後。
クロス乱れ撃ちをし、ドラキュラの炎弾に当たりそうになったら、ハートが尽きるまでクロスクラッシュを連打。
これでだいたい、すぐに蹴りが付きます。


うらみ念法「ドラキュラ倒し」

ドラキュラ戦で足場の悪いステージといえば、GB『ドラキュラ伝説』もですね。
ストレスを感じるステージ構成ですが、個人的にはある意味新鮮さを感じるので、私は嫌いではありません。

このゲームは、WiiUのバーチャルコンソールにて配信されています。
ご興味のある方は是非プレイしてみて下さい。
スポンサーサイト

ゲーム『ドラキュラ伝説』

今回は、『ドラキュラ伝説』を紹介。(自分は3DSのVCでプレイ)
ゲームボーイ版の悪魔城ドラキュラシリーズで、主人公・クリストファー=ベルモンドは、様々な魔物や罠をかいくぐり、ドラキュラ討伐に向かうホラーアクションゲーム。

【ストーリー】
ヨーロッパの小国トランシルバニアには、1つの魔人伝説がある。人々を恐怖させたドラキュラの伝説である。しかし、何度となく復活を遂げた強力な魔力を持つ魔王ドラキュラも、ベルモンド一族の血を引くシモンとの度重なる対決によって、世を暗黒に変えることなく滅び去っていった。ドラキュラはシモンとの初対決より以前、既にトランシルバニアに存在していた。それはドラキュラ伯爵がまだ魔王ではなく、悪魔を崇拝する邪悪な呪術者であった頃の話。狂的な悪魔崇拝者だったドラキュラ伯爵は、トランシルバニアの外れに築いた暗黒の城で、毎晩悪魔の儀式を行っていた。そして異世界から数々の魔物を召喚し、自らも永遠の命と魔力を持つ魔王になろうとしていた。日に日に魔力を身に付け凶悪さを増していくドラキュラ伯爵に、町の人々は怯え恐怖した。その時、1人の男が立ち上がる。ベルモンド家の先祖クリストファーであった。魔王となったドラキュラ伯爵を討伐するため、魔物と罠の暗黒の城へとクリストファーは急ぐのであった。


ゲームシステムは、前作ファミコン版と同じ横スクロールのアクションゲーム。(ロープの上り下りの移動は本作独自)
攻撃はサブウェポンがなくなり、その代わり、水晶を取るとムチがパワーアップ。(二段階目でファイヤーボールが撃てるようになる)

このゲーム、主人公の動作がとにかく鈍いです。
高い場所でジャンプをするのにも、足場ギリギリからでないと移動できなかったりします。
また、横からトゲの仕掛けが迫ってきたりするステージがあるのですが、少しでも主人公の動きを怠ると、わずか数秒で命取りになります。

敵キャラに関しては、ドラキュラ伯爵、コウモリ以外は本作オリジナル。
個人的に、敵キャラではビッグアイが印象的です。

GB版はFC版と比較すると動作が遅いなど操作上難しい点もあり、正直面白いとまではいかない作品です。
しかし、ベルモンドの先祖と、魔王になる前のドラキュラ伯爵との戦いは、悪魔城ドラキュラ好きの方であれば一度はプレイしておきたいもの。
個人的には、FC版『ドラキュラⅡ 呪いの封印』のRPG要素と比較すると、断然このドラキュラ伝説の方が面白いです。

ストレス解消はドラキュラ倒し。
現在、3DSのバーチャルコンソール版で遊んでいます。
ゲームボーイ版ではパスワードやセーブ機能はありませんが、3DSバーチャルコンソールは、保存機能があります。
私はこの仕様を利用し、ドラキュラ戦に入る前に保存しておき、何度でもドラキュラ倒しプレイが出来るようにしています。(ムチはファイヤーボールが撃てる状態に)

ドラキュラを討伐しては(逆にドラキュラにやられても)、保存機能でドラキュラ戦に入る前に復帰させ、再びドラキュラを倒すというプレイ。
そして、何度でもエンディングを見ることができるわけです。

本作のSE(効果音)は、ゲームボーイ独自の音ですから、個人的に好きなんです。
敵を倒したりダメージを与えたりする時の「ドスッ」という音が快感で、癖になっているほど。
それプラス、ドラキュラの不気味さ(第二形態の姿も含め)が好きで、何度でも見たいからというのも理由の一つです。

ちなみに、FC版の悪魔城ドラキュラも3DSのVCなので、同じようなプレイをしています。(一応ステージ99カンスト済み)
こういう楽しみ方もあるので、是非参考にしてみて下さい。

基本、悪魔城ドラキュラシリーズはシンプルなゲーム性なので、誰でも楽しめるゲーム。
ご興味のある方は、是非プレイしてみましょう。

スピナーギア紹介

今回はスプラトゥーンの、個人的ギアの紹介。
以前スプラに関しては紹介済みなので、ご興味のある方はこちらの記事も。

ガチマッチは一切しない、ナワバリバトル専門のイカです。
で今回は、「永遠のスピナー使い」を称する私が、愛用するギアを紹介。
「ファッション重視」であり、個人的こだわり「エイズリーバンダナ」は必ず装着しています。

よく使うギアは以下です。
★頭・・・エイズリーバンダナ(稀にイカスカルマスク)
★服・・・F-190、アーバンベスト ナイト、カモフラパープル、アーバンベスト イエロー、F-010、ギンガムチェック アカ、 ヴィンテージチェック、フォレストダウンなど
★靴・・・トレッキングカスタム、ウミウシパープル、シアンビーンズ、トレッキングライト、トレッキングプロ、ピンクビーンズ

画像イメージ1
★ギアパワー
ハイドラ使いの中には、ヒト速度を捨てるイカも多いようですが、機動性はあった方が良いです。
スペシャル延長を付けているのは、ハイカス、スピコラのバリアを少しでも保ち、仲間におすそ分けしたり、相手を牽制したり、逃げるチャンスとして必要。
★容姿
ギャングのようであり、軍隊のようでもある格好が好きなので、このギアで揃えています。

画像イメージ2
★ギアパワー
サブウェポンを重視しており、ハイドラ、スプスピのボムによる牽制は大いに活躍できます。
「マーキングガード」は、個人的にマーキングされるのが嫌いなので。(スピナーはむしろ「うらみ」の方が活躍しやすい)
★容姿
ギャング+兵士・戦闘員のイメージ。

画像イメージ3
★ギアパワー
スプラスピナーリペア用ギア。
攻撃はメイン一つを積むことでボムの直撃や爆風で、相手を倒す確率が上がります。ボムラッシュの時は脅威となります。
ボムは飛距離なしの場合、メインの射程距離と被りますし、サブウェポンの意味がありません。メインとの差別化、遠い敵を牽制するのに必要だということもあり、飛距離は必須と考えます。
★容姿
カモフラパープル、気に入っています。個人的にはこれの色違いもあれば良いのにと思いました。

個人的にギアパワー「うらみ」が好きで、やられる度に「コ・ノ・ウ・ラ・ミ・ハ・ラ・サ・デ・オ・ク・ベ・キ・カ」と心の中で相手を呪っています。
ギアパワー「うらみ」に関しては、薔薇柄シャツorドラキュラマントのギアがあってほしいですね。(元ネタ分かる人いないでしょうけれど)

基本、私はハイドラント中心の、援護射撃でサポート型。
サブスロットのギアパワーは、メイン効率、サブ効率、インク回復、ヒト速、イカ速で揃えています。
スピナーは基本ヒト速が重要で、次にインク回復系で揃えたほうが活躍しやすいです。

塗りカンスト達成後もハイドラント(特にカスタム)を一年以上使い続けている私!
スピナーの事であれば、お任せあれ。(ナワバリバトルに限る)



今年7月21日、ニンテンドースイッチにてスプラトゥーン2が発売されますね。
スプラ2でも「永遠のスピナー使い」として、ナワバリバトルを楽しみたいと思います。
名前「レイスイレン」というスピナー使いのイカを見かけたら、よろしくお願いしますね。

ゲーム『THE 呪いの廃病院 ~閉じ込められた顔のない少女~』

今回は、3DSのSIMPLE DLシリーズ第5弾目の『THE 呪いの廃病院 ~閉じ込められた顔のない少女~』を紹介。

謎の廃病院に閉じ込められた主人公。
病室で詩穂という少女に出会うが、彼女には顔がなかった。
霊能者が残したメモには「魂の写真を集めてほしい。あの子を救えるかもしれない。」と記されており、さらに「あの看護師には気をつけろ。」とも書いてあった。

廃病院内で入手できるアイテムを駆使し、様々な仕掛けを解き進めていくホラーアドベンチャーゲーム。
同時進行に、病院内をさまよう人魂を写真で撮影しフィルムに取り込み、それを「魂の器」に捧げていきます。

魂にはそれぞれ色があり、白・紫・緑・黄とあります。
実は、集め方次第で、エンディングが変わります。つまりマルチエンディング。
最初プレイする時は、バラバラで集める人が多いと思います。そのエンドは・・・まさか詩穂の正体が・・・。

ちなみに、黄色の魂のみでクリアすると、まさかのハッピーエンドが待っていますが、それはプレイしてのお楽しみ。

このゲームは500円で購入できるホラーゲームです。
ホラゲー初心者の方は、まずこれをやってみてはいかがでしょうか?
私自身、結構な数のホラゲーをこなしてきましたが、中々の不気味さがあり、わずか500円でこれだけの恐怖を味わえるのはかなりお得なゲームだと思いました。

ちなみに、続編『THE 呪いの廃校舎 ~呪いの仮面と双子の少女~』なるものもあります。
ゲームシステムは前作と変わらないので、分かりやすいと思います。
たった520円ですし、こちらもホラゲーを安価でやってみたい人にオススメします。

ゲーム『悪魔城ドラキュラ』

今回は、FC版『悪魔城ドラキュラ』の紹介。(自分は3DSのVCでプレイ)
主人公・シモン=ベルモンドは、吸血鬼ドラキュラを討つため、敵の根城である悪魔城に乗り込み、魔物や仕掛けをかいくぐり、攻略していくホラーアクションゲーム。

ホラーアクションといっても、内容はとてもシンプルです。
横スクロールの、言わば『スーパーマリオブラザーズ』のような感じで、初めての人でも楽しめるゲームシステムです。
攻撃はメインのムチと、アイテムを使ったサブウェポンで、敵を倒していきます。

6ブロックであり、各ブロックは3つのステージで構成され全18ステージ。
各ブロックの最後にはボスがおり、最終ステージは城の最上階にいるドラキュラ伯爵。
エンディング後は、再び最初のステージ(ステージ19)から始まり、周回プレイでステージ99(カンスト)まであります。

この作品以降シリーズ化され、様々なハード機種で登場しています。
またゲーム音楽も絶大なる人気を誇っています。
私は特に、『Bloody Tears』(血の涙)が一番のお気に入りです。(この曲はドラキュラⅡから登場)

このゲームの開発元はコナミ。
コナミといえば、遊戯王なども取り扱っていますね。

余談ですが、遊戯王にて「ヴァンパイア・ジェネシス」というカードがあり、「ヴァンパイア・ロード」からの進化という形で召喚されます。
つまり、美形から醜い悪魔に変身するわけですが、実はこれ、悪魔城ドラキュラの流れを汲んでいます。
(悪魔城シリーズのドラキュラ伯爵は、第二形態として、貴族的な姿から強大な魔獣に姿を変える)

私がプレイした作品は、『悪魔城ドラキュラ』、『ドラキュラⅡ 呪いの封印』、『ドラキュラ伝説』です。
ドラキュラⅡは、RPG要素が加わりましたが、自力クリアが難関であまり好きではありません。(唯一は音楽性が高いということだけ)
とりあえず、『悪魔城ドラキュラ』は世界観、ゲーム性、音楽など全てに劣ることが無いので、興味のある方は是非プレイしてみて下さい。

プロフィール

霊睡蓮

名前:霊睡蓮
1989年生まれ/大分県/AB型
コノ怨ミ……晴ラシテミセル……
根に持つ性格で、受けた怨みは一生忘れない。
プロフィール詳細

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブログランキング

FC2Blog Ranking

訪問者数