07
1
2
3
4
5
7
8
9
11
12
13
14
16
18
19
20
21
23
24
26
27
28
29
31
   

諡号について

諡号しごう」とは、皇帝の死後に奉る、生前の行いの評価に基づく名のことです。(皇帝のみならず、王侯貴族などにも贈られる)

日本・中国は、いずれも時の帝王が崩御した後に、贈られます。
ですから、生きている時に使用されるようなことはありません。
例えば、後漢時代に「霊帝」という帝がいますが、治世時代に「霊帝陛下」とか言いません。
生きている間は、「陛下」「帝」「天子様」で呼ばれます。霊帝の「霊」は、諡号です。

後、補足ですが、本名、名前も呼ばれません。
民衆が皇帝の名を言うことは決して許されず、口にしただけで処罰があるとか(曖昧ですみません)。
・・・といっても多くの下民は、皇帝の名だけでなく姿すら見ることができないのですが。

中国皇帝の諡号には、字に意味を持っており、上(美諡)・中(平諡)・下(悪諡)に分けられます。

日本天皇には、漢風諡号と和風諡号などがあったそうで、漢風諡号の場合、良い諡号しか選ばれなかったそうです。
そういえば、後世、怨霊となり祟られるかもしれないという理由で、良い漢字の「徳」が贈られた天皇もいましたね・・・。

現在の日本天皇制度では、実質上「一世一元の制」をしていますね。
ちなみに中国では、すでに明王朝で実施されていました。
「一世一元の制」とは、皇帝一代を一年号とする制度という意味です。
現在、日本の年号は「平成」ですから、もし今上天皇が崩じた場合、「平成天皇」(確定ではない)になります。

ところで、年号がなぜ付けられるのかご存知でしょうか?
それは、皇帝というのは「時間」と「空間」をも支配する者だからなのです。
「時間」・・・年号を決め、時を支配する
「空間」・・・国、領域

申し訳ありません、話がそれましたね。諡号に戻します!
・・・それで今回は、日本ではなく中国漢王朝の歴代皇帝(廃帝は除く)を紹介します。

前漢・・・高祖、恵帝、文帝、景帝、武帝、昭帝、宣帝、元帝、成帝、哀帝、平帝

後漢・・・光武帝、明帝、章帝、和帝、安帝、順帝、質帝、桓帝、霊帝、献帝

ちなみに、後漢時代は、幼君(2歳で即位した者もいた)、短命な帝が多く、外戚側に思うように操られることも多かった時代です。
日本で外戚を例えるのであれば、藤原氏の台頭ですね。

しかも、外戚だけでなく、宦官たちも政治権力を得てしまう時代でした。(個人的に、そんな腐敗した後漢時代が好きなのは、どうしてだろう?)

次回は、その歴代皇帝が贈られた諡号の意味を解説していきたいと思います!
スポンサーサイト

自称天子

日本と中国は、東アジアの歴史にて、永らく皇帝制度を敷いていました。

「皇帝」が存在するところ、必ず「偽者」が現れるのは、両国同様なようです。

古代中国の場合、かの「三国志」では、袁術という人物がおります。(袁紹とは腹違いの兄弟です)
この袁術は、漢王朝の衰退を契機に、自ら天子を名乗った男です。

詳しいことは省きますが、この人物もまた、大規模な宮殿を造らせたりなどの奢侈を行い、人民に負担、疲弊させます。
当然、彼を支持する者たちのほとんどは去っていきます。

最終的には、病気になり、道中で朽ち果てるという哀れな末路を迎えます。

ちなみに、「蒼天航路」にも登場していますので、参考程度に。
蒼天航路第19話「猿と龍」(音量注意)

日本の場合、古代ではなく近代(戦前・戦後辺り)になってから、偽帝が現れます。

天皇を名乗った人物は、全部で19人。
その人たちは、「○○天皇の末裔」といって、表舞台(マスコミ等の媒体で)に出てきたようです。
南朝系13人、安徳天皇の末裔3人、高倉天皇の末裔1人、順徳天皇の末裔1人、霊元天皇の末裔1人

ある宗教団体では、「神聖天皇」と名乗った女性(いわゆる教祖)がおり、勝手に年号を「昭和」から「霊寿」に改め、独自の金銭を生産、さらには皇居まで造らせています。
この女は、「昭和天皇が敗戦宣言した時、天皇の身体から神が抜け出し、自分に乗り移った」と主張していたようです。

この宗教団体は、正統である天皇の住まいに、手紙を送りつけるなど、様々な手段を取っており、警察のスパイを送り込まれるほど、過激な行動を取っていたようです。

いつの世も「自称天子」を名乗る人は多いんですね・・・。

そうそう、話は戻りますが、三国志で「漢王朝の継続者」として劉備が皇帝に即位しますよね。
しかし、まだ献帝(漢王朝最後の皇帝)は生きているので、実質上、彼も偽帝のひとりになってしまいます・・・。
もちろん、劉備はそういうつもりで、皇帝になったわけではありませんが・・・。
(劉備のもとには、献帝が殺されたという報告がされた)

・・・最後に、「偽者」について言いたいことがあります。(前述の偽帝云々はいったん置きます)

「本物がいる限り、偽者は存在する」ということです。

これは、アニメやゲームの世界でも同様で、例えば、ライバルポジションのキャラとかは、だいたい似せている格好が多いです。これについて、私は「偽者」という位置づけで考えております。

個人的には、「本物より偽者キャラの方が好き!」ということが多いのですが・・・。

マイナス思考は身を滅ぼす

マイナス思考、ネガティブな発言をする人って、あなたの周りにいませんでしたか?

そういう人をなだめるのって、疲れませんか?

「どうせ、自分なんかできるわけがない」「自分は、馬鹿だから・・・」

それらの発言をする人は、なぐさめてもらいたいのと、否定してもらいたいのが目的です。

ここで「その通りなんじゃないの」とか言うと、怒り出すからたちが悪い。

後、予防線をつくっているのでしょう、言葉に。
予め「自分はできない」と言っておけば、のちに失敗しても、とかく言われないという考えがあるのでしょう。

これについては、良くいえば「謙遜」にもつながりますが、過剰すぎると「うっとうしい」になりますからご注意。

後ですね、こういうマイナス思考の人って、周りに同調させるから、自然とそれを感染させてしまうのですよ。
つまり、前向きで明るい人まで、後ろ向きにさせてしまう、「道連れ」に似た現象が起こるんです。

これは、私自身にも経験があり、その人のせいで、明るい気持ちが一気に冷めたことがありました・・・。
もちろん、自然と会うことはなくなりましたが。

・・・要するに「マイナスな姿勢や態度は、謙遜ではなく自己満足(自分勝手)」であると私は思います。

そういう人には、間違いなく人が去っていきます。

人生を手助けしてくれる人だったり、尊敬できるような素晴らしい人物が、その人の前に現れることは一生ないといえます。
あったとしても、のちにその人から離反するのは自然なことですよね。

以前私の知り合いだった人に、マイナス思考の類いがいたのですが、その人のおかげ(?)で、自身も少なからずマイナス思考、発言な一面があったことに気がつかされたことがあります。

つまり、その知り合いだった人が、自身を映す「鏡」だったわけですね。

「類は友を呼ぶ」で、自然と似たもの同士が集まるようになっています。
もちろん、見た目や趣味だけがということではありません。
性格に隠れた何かの一面だったり、個性だったり・・・。

もしかすれば、あなたの周りにいるマイナス思考の持ち主は、「あなた」のことでもあると、暗示しているのかもしれませんよ・・・。

したがって、マイナス思考や発言は、自身や周りをも巻き込み、かつ素晴らしい人物や友人をなくすことが言えます。つまり、身を滅ぼすのです。

こういう人が現れたときこそ、あなたの精神レベルを省みてはいかがでしょうか・・・?

宦官需要の意味

またもや、宦官ネタです・・・。

宦官制度は、中国が有名(政治介入などで腐敗させた奸臣が多い)ですが、古代エジプトやローマ帝国、オスマン帝国にも存在しており、大規模な後宮(ハレム)が存在しています。
しかし、宦官を用いていた国ほど消滅しており、逆に取り入れなかった国ほど先進国家になっています。(日本も例外ではない)

そもそも宦官とは、君主の美女たちを管理するためだけに用意された人たちです。
この人たちを常用していたということは、つまり「欲」が顕著に現れていた証拠であるということです。
この「欲」が、ついには国の滅亡へと導いたわけなのです。

皆さん、過剰な欲望には、くれぐれ気をつけて下さい・・・。

最後に、以下のお話を紹介します。

ペルシャ帝国に、ヘルモティモスという宦官がいました。
ヘルモティモスは、戦争の捕虜として売りに出され、イオニア地方にいたパニオニオスという男に買われました。
ところがこの男は、美少年を去勢させ、サルディスやエペソスに連れて行き、高値で売買するという商売をしていたのです。
当然、ヘルモティモスは去勢され、ペルシャに売られてしまいました。
幸いにも彼は、王の側近の宦官となり、大事にされます。
ペルシャの王がアテナイ遠征に取り掛かるとき、ヘルモティモスは地方の出張を命じられました。
その出張先には、なんとパニオニオスがおり、偶然出会ってしまったのです。
ヘルモティモスは、大変懐かしがり、歓待をしたいから家族と共に、ペルシャに来てもらいたいと誘います。
パニオニオスは、その言葉に喜び、家族を連れて、ヘルモティモスのもとへと向かいました。
・・・ところが、これはヘルモティモスの罠であり、パニオニオス一家は捕らわれてしまいます。
その時、自分を去勢した罪を伝え、彼に、自らの手で四人の子供たちの性器を切断するように促したのです。
その後、子供たちにも父親の去勢をさせるように命じた、というお話です。

余談ですが、帝国時代、多くの美少年が去勢され、売買されていたというのは事実であり、かつ一般的だったそうですよ。
去勢された子供たちが乗せられた大船があったそうです。

ポケモン都市伝説(ダイヤモンド・パール・プラチナ編)

森の洋館
ハクタイの森には「森の洋館」と呼ばれる謎の建物が存在する。森の洋館は、殺人事件が起きた場所で、ポケモン屋敷の主人・ウラヤマ、またはナタネが犯人ではないか、とする噂がある。
★洋館内は荒れ果てており、1階の食堂には老人、2階の小部屋に入ると、女の子の幽霊が現れる。
★絵画に赤く光る目があり、近付くと消えるが、離れると主人公のいる場所をにらみつける。
★女の子のいる部屋には技マシン「みがわり」、老人がいる食堂のゴミ箱には「どくけし」がある。
★2階の右の書斎には「あんなえたいのしれ……にモ……をもっていかれるとは……」という殴り書きが存在する。
★ベッド数が三つあることにより、老人と女の子、そして誰かもう一人住んでいたことは確かである。
★全国図鑑入手後、洋館前に行くとナタネがおり、調査を頼まれていたものを主人公に押しつけて去って行く。 ★ヨスガシティ下のポケモン屋敷の銅像は、森の洋館にある銅像に似ている。
★屋敷全体が洋館そのものに似ていて、入ることのできない謎の部屋がある。
以上より、殺人事件が起こった場所として、相応しい条件が揃っているわけである。
シンオウ地方の舞台となっている北海道では、実際に「松扇園」という心霊スポットの洋館が存在している。森の洋館は、ちょうど松扇園のある場所に位置する。
以前そこは凄惨な殺人事件があり、犯人は洋館前で首を吊って自殺したという。またその殺害方法が毒殺であったことも意味するのか、森の洋館のゴミ箱から「どくけし」が見つかる。

ロトム
森の洋館にいるプラズマポケモン・ロトム。ロトムの鳴き声をスローにすると、「た・・・ す・・・け・・・て」という声が聞こえるという噂がある。上記にある「殺人事件」の関係で、ロトムの正体は殺害された子供の魂なのかもしれない。
「あんなえたいのしれ……にモ……をもっていかれ るとは……」について追求すると、「あんな得体の知れ(ない者たち)にモ(ー ター)を持って行かれるとは……」と考えられる。 得体の知れない者たちとは、おそらく「ギンガ団」のことである。そして、モーターとは、ポケモン「ロトム」のことではないか。(ロトムの ローマ字を逆から読むと「モーター」になる)ちなみに、ギンガ団のプルートは、ロトムについて詳しい。
もしかすれば、ギンガ団に誘拐されたことを訴えていたのかもしれない。

ダークライの誕生
ダークライは、アメリカのポケモン好きの少年(少女)が描いたイラストで、それを採用したと言われている。 しかし、その少年(少女)は、イラストを描いた後に自殺したらしい。
その少年(少女)が書いていた日記によると、夢の中にポケモンが出てきて、闇に覆われて歪んでいたという。 ミオシティにいる「ダーク……がこっちを見て…… ダーク……が」と悪夢に苦しむ子どものモデルが、その少年(少女)らしい。
ちなみに、映画「劇場版ポケットモンスターダイヤモンド&パールディアルガVSパルキアVSダークライ」の公開日は、ダークライと関係が深い新月の日だったという。

なぞのばしょ
「なぞのばしょ」は霊界であり、「もどりの洞窟」は現世と霊界を繋いでいる場所ではないかという説がある。
★なぞのばしょ
ポケモンリーグ・四天王のいる扉の前で、画面上 マップ外に向かって「なみのり」を使用すると、謎の空間に通過してしまうバグが存在する。そのまま謎の空間を進んで行くと、207番道路等の所々音の外れたBGMが流れたり、マップ名表示部 に「ソノオの花畑」「なぞのばしょ」と表示される。また、進み過ぎると四方壁に囲まれて動けなくな り、その状態で一度レポートを書いてしまうと、完全に脱出ができなくなる。しかし、「もどりの洞窟」と表示された場合のみ、「あなをほる」や「あなぬけのヒモ」が使用でき、脱出することができる。
★もどりの洞窟
ミオシティの図書館の本より、「海や川で捕まえたポケモンを食べた後のホネを綺麗に綺麗にして丁寧に水の中へ送る そうすると ポケモンは再び肉体を付けて この世界に戻って来るのだ」と、記されている。 もどりの洞窟の入口前には、「おくりの泉」があり、そこが「ポケモンの骨を流す場所」なのではないか、と言われている。もどりの洞窟には、世界の裏側(霊界)にいるとされるポケモン・ギラティナが存在している。また、ギラティナは霊界にいる設定だけでなく、骨に肉体を着けているポケモンとも言われている。 したがって、「おくりの泉」の存在、かつギラティナのいる「もどりの洞窟」は、現世と霊界を繋いでいる場所であることが分かる。
前述にある通り、「なぞのばしょ」が「もどりの洞窟」のみしか脱出できないということは、なぞのばしょが霊界であることが考えられる。 また、なぞのばしょまでに行く過程に「ソノオの花畑」が表示されることにも、納得できる。
なぞのばしょを進み過ぎて動けなくなるということは、主人公が霊界に引き込まれた、ということではないだろうか。

ウラヤマは、ロケット団と通じている
ポケモン屋敷の主人・ウラヤマは、世代前の珍しいポケモンを裏庭で飼っている。それを、主人公に一日一体のみポケモンを捕らせてくれる。
一見ポケモン図鑑完成のための制作側サービスのように思えるが、実はこのような噂がある。 裏庭にはポリゴンもいるのだが、ポリゴンは第一世代、タマムシシティのゲームコーナーでコイン9999枚で取引されている大変貴重なポケモン。そんな珍しいポケモンを裏庭に飼っているのは、少しおかしくないだろうか。
第一世代タマムシシティのゲームコーナーといえば、ロケット団が運営しているという設定。つまり、ウラヤマは、以前ロケット団と繋がって いたのではないかという説が語られている。

クロガネシティ
クロガネシティの周辺には、夜になるとガス状ポケモンのゴースが出現する。
北海道に見立てると、クロガネシティは夕張に位置する。クロガネシティは炭鉱発掘の街だが、同じように北海道にも「夕張炭鉱」という場所が存在している。 (現在は廃鉱になっている)
夕張炭鉱は、ガス爆発などの大事故が多発し、大量の死者を出したことで有名な場所である。 そのことを暗示する意味で、ゴースが出現するのではないだろうか。

ミカルゲの正体
封印ポケモン・ミカルゲのモデルは、開拓事業で人柱にされた囚人たちではないかという説がある。ミカルゲといえば、シンオウ地方ズイタウンの南、「御霊の塔」に封印されているポケモン。
ポケモン図鑑説明文より、「108個の魂が集まってできたポケモン。要石のひび割れに繋がれている。」「いつも悪さばかりしていたら 不思議な術で 本体を要石に縛り付けられた。」とある。
北海道開拓時代、旭川から網走(ハクタイからトバリ)までの道路開拓は、囚人たちの強制労働により行われていた。 凄惨過酷な重労働を課せられたことで、特に大量の死者や人柱を出したのが、北見市(ズイタウン)に ある「常紋トンネル」である。その常紋トンネルのある場所に、「御霊の塔」が存在している。
「悪さばかりして要石に縛り付けられた」とは、「囚人たちをトンネルの人柱として埋めた」ということではないだろうか。

ポケモン都市伝説まとめ記事
赤・緑・青・ピカチュウ編
金・銀・クリスタル編
ルビー・サファイア・エメラルド編
ブラック・ホワイト/ブラック2・ホワイト2編

プロフィール

霊睡蓮

名前:霊睡蓮
1989年生まれ/大分県/AB型
コノ怨ミ……晴ラシテミセル……
根に持つ性格で、受けた怨みは一生忘れない。
プロフィール詳細

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブログランキング

FC2Blog Ranking

訪問者数