10
2
4
6
7
9
10
12
13
15
16
21
22
23
24
25
26
27
28
30
31
   

食虫植物の魅力

食虫植物って可愛いですよね!
以前、食虫植物にハマっていた時期があり、散々買い揃えた覚えがあります。
(育て方が難しく、ほとんど枯らしてしまいましたが・・・)

食虫植物といえば、だいたいの方がウツボカズラやハエトリソウを思い浮かべるかと思います。

私が持っていたのは、ウツボカズラ、ハエトリソウ、ムシトリスミレ、モウセンゴケとなります。
ちなみに私は、ウツボカズラ六株、ハエトリソウ四株以上、枯らしております・・・。
おそらく環境を整えてあげられなかったことが大きな原因だったようです。
本当に、申し訳ない気持ちで仕方ありません・・・。

食虫植物は、見た目から想像できないと思いますが、かなり繊細な植物です。
温度・湿度の調整や水やり、日光に当てるタイミング等をきちんとみてあげなくてはなりません。
湿度を好む植物で、乾燥には弱いのですが、だからといって水の与えすぎは厳禁。
なぜなら、彼らの根は細く貧弱で、かつ水腐れしやすいからです。
それと、肥料を与えてはいけません。
もし与えてしまうと、捕虫器を付けてくれなくなります。
(彼らは本来、痩せた大地に群生しており、虫から栄養を得るように発達した植物たちです)

育てている過程で、意外だと思われがちなのですが、あまり餌となる虫を与えすぎてもいけません。
むしろ、全く与えない方が、寿命が延びます。
彼らは一生懸命に少しでも虫が得られるよう、捕虫器を大きくたくさん付けようと頑張ります。
その健気さが結果的に、長生きすることに繋がるわけなのです。
不思議な植物ですよね。

食虫植物には、種類によって虫を捕らえる罠が異なります。
ウツボカズラは「落とし穴式」、ハエトリソウは「挟む式」、モウセンゴケは「粘着式」となります。
そうそう、ウツボカズラの場合、ゴキブリやネズミをも捕らえてしまう種類がいるそうですよ。

以上紹介した食虫植物以外にも、たくさんの種類が存在します。
水生食虫植物のムジナモ、断崖絶壁に生息するコウシンソウなどなど・・・。
これらの植物は育てることが困難だそうで、一部の愛好家に栽培されている程度だそうです。

食虫植物愛好家の方って結構多いみたいですよ。
ぜひとも、食虫植物を育ててみて下さい。他の植物と違って可愛らしく、きっと愛着が沸きますから。
購入を考えている方は、夏場の園芸店などに出向いてみて下さい。
・・・残念ながら、この時期はもう販売しているところはないかと思います。
(楽天などの通販で探せば、あるかもしれませんが)
スポンサーサイト

ポケモン&ケロロのメカ紹介

今回は、ポケモン、ケロロで度々登場するメカを紹介します。
まずは、ポケモン(ロケット団)から記載します。

★ニャース型気球
空中移動用手段だけでなく、様々なメカや武器を装備させることができる。
重量ポケモンを運ぶ際には、特殊スクリューと頑丈なコーティングでまとったバージョンもある。
メカ対決の際、変形ロボになったこともある。

★メカコイキング(コイキング型潜水艦)
海中移動用手段だけでなく、ミサイルなどの装備は完璧。
人力という極めて原始的だが、自動回転式のスクリューも備わっている。なぜそれを使用しないのかは不明。
また、四足を伸ばして陸上に上がることも可能。
(後、何気に商品化されています)

★ディグダロボ
地中移動用手段であり、両手にはドリルが付いている。
こちらもミサイルや武器などが装備されている。
メカが暴走した際、四足を伸ばし、逃げるヒードランを追い掛け回した。

ロケット団のメカは、ポケモン型のデザインだったり、またロボットアニメのようなメカも登場したり・・・。
ロケット団三人組は、ドロンボー一味をモデルにしているので、あらゆるメカを登場させることに意味があるのでしょう。
これらに限らず、様々なメカが登場するのですが、とりあえずメジャーなものだけを紹介しました。

次に、ケロロ小隊のメカを紹介します。

★ケロボール
ケロン軍の隊長に支給される万能兵器。
都合の良い機能は随時追加され、逆に都合の悪い機能は随時故障する。
空を飛んだり電気ショックを発射したりすることもでき、通信機能もある。
洗脳電波を感知することもでき、かつ発信して相手を洗脳させることもできる。
(個人的に、超劇場版2で、ケロボールから伸びるマジックハンドと巨大ハンマーで、襲い掛かる敵を蹴散らした場面がお気に入りです)

★ケロロ小隊空中輸送ドッグ
ケロロ小隊の移動・輸送用飛行機。
大きなコンテナがあり、その側面には「KRR」と書かれている。

★ケロロロボ、ギロロロボ、タママロボ、クルルロボ、ドロロロボ
ケロロ小隊個々の専用メカ。
手足を器用に使った戦いであればケロロロボとドロロロボ。ロケットランチャーやガトリング砲といった武器を使うのであれば、ギロロロボ、タママロボ。そして空中戦であれば、クルルロボが向いているかと思います。
また、武者やパイレーツなどの話によって、様々なバリエーションもある。

★ロードランジャー
ケロン軍深海潜水艦(原作では小型だが、アニメでは大型)。
海中移動手段だけでなく、ミサイルなどの装備を兼ね揃えている。
自動操縦機能も付いている。

★マグマ・スイマー
地底を掘り進むためのドリルが付いた小型戦車。
地中移動手段のみならず、レーダー・カーナビ・冷房・カーステレオなどが用意されている。
自動操縦機能も付いている。

・・・その他、気になる侵略兵器。
地球侵略ポコペンインベーダーマシン
ケロロ小隊秘密基地の大型兵器庫にあったロボット。
アニメでは「これが発動すると地球が消滅し、かつ地球が初めからなかったことになる」という設定がある。

地球人一掃ポコペンじんいっそうミサイル
地球の表面を三度焼き払い、地球人を全滅させるミサイル。
ケロロたちは、取るに足らない原始的なやり方だと笑い、使用にいたっていない。

強力なメカや兵器を所持しながら、一向に世界征服が進まないロケット団とケロロ小隊・・・。
むしろ、彼らの野望を打ち砕いている人たちの方が、恐ろしいですよね・・・。

日本三大悪女・藤原薬子

日本三大悪女の一人に、平安時代初期の女官、藤原薬子ふじわらのくすこという人物がいます。

藤原薬子の娘が、桓武かんむ天皇の皇太子・安殿親王あてのしんのう(のちの平城へいぜい天皇)の宮女になった影響で、薬子と安殿親王は不倫の仲になります。
「皇太子が妃の母である藤原薬子を寵愛する」といった醜聞を招き、激怒した桓武天皇は、彼女を宮廷から追放します。

桓武天皇が崩御すると、安殿親王が即位。
その影響で、薬子は再び宮中に呼び戻され、「尚侍」に任命されます。

「尚侍」とは、天皇の側に近侍し、様々な取り次ぎを行う、女官の中で最高位な官職です。
(古代中国で例えるのであれば、宦官の中で最高位な「中常侍」と同じポジションでしょう)

天皇の寵愛を一身に受けた尚侍・藤原薬子は、政治へと介入するようになります。
兄の藤原仲成なかなりと共に権勢を振るい、天下万民から深く恨まれるようになります。

のちに、平城天皇は病のため、弟・神野親王かみのしんのう嵯峨さが天皇)に譲位し、「平城上皇」となります。
平城上皇は、退位後平城京へ移ったため、結果「平安京」と「平城京」に二つの朝廷が並ぶようになります。
そのことで藤原兄妹が、「平城上皇の復位」を目的に、再び平城京の遷都を謀ったため、二朝の対立は深刻になりました。

結果、嵯峨天皇は平安京にいた仲成を捕らえ、薬子の官位を剥奪するのに成功。
彼女たちに罪を糾弾する詔勅を発します。

そのことで平城上皇は、薬子と挙兵のため東へ向かいますが、嵯峨天皇は先手を打っており、すでに征夷大将軍・坂上田村麻呂さかのうえのたむらまろを派遣していました。
勝機のないことを知った平城上皇は出家し、薬子は毒を飲んで自殺するに至るわけです。
(この出来事を後に「薬子の変」と呼ばれるようになります)

・・・藤原薬子に限らず、女性が政治に介入すると、国が乱れるというのはよく耳にする話ですよね。
歴史を遡ると、天皇や将軍家に寵愛された女性は、権力を得る機会が多く、また裏で操るようなことをやってのける人もいます。
日本は、明治初期辺りから「男尊女卑」の傾向にありますが、以前は、女性も同等の権力を持っていました。

「女性によって国が乱れる」というと、かなり非難されそうなのですが、これはそもそも男が「馬鹿」であるからだと思います。
女性に取り入られ、魅了されたことが原因で、このような惨劇が起こされるわけですから。

中国の場合だと、宦官によって国が乱れることは度々指摘されていますよね。
荒唐無稽ですが、「女性に近い存在」である宦官だからこそ、国の腐敗を招いたのかもしれません。

・・・いずれにせよ、女性という存在は、決して甘いものではありません。
女性、宦官ともに、武力はないかもしれませんが、謀略に長けている人が多いことは言うまでもないでしょう。

最後に、小説など書いてみました。もしよろしければ一読してみて下さい。
短編小説『敗色』・・・藤原薬子を主役とした、オリジナル小説。

もっと評価されるべき

中国明王朝最後の皇帝・崇禎帝すうていていを紹介したいと思います。

天啓7年(1627年)、天啓帝てんけいていが崩御し、崇禎元年(1628年)、彼の弟にあたる崇禎帝が皇位を継ぐことになりました。
即位後、天啓帝の下で絶対権力を振るった宦官・魏忠賢ぎちゅうけんを誅殺し、名臣を登用するなど国政改革に取り組みます。
(魏忠賢については、以前ブログで紹介しています)

当時、北に清(後金)が侵入、南に李自成りじせいの反乱が起こり、まさしく国事多難の時期であり、崇禎帝はこの状況をたった独りで支えようと懸命に努力します。

崇禎帝は、とても政治に熱心であり、色事にふけるような事もなく、倹約を心がけていたそうです。
(おそらく、兄の堕落政治と宦官の専横を、陰からじっと見ていたからでしょう)
しかし猜疑心が強く、家臣を信用できないというのが最大の短所でした。

即位直後から重臣を次々と誅殺し、特にあの諸葛亮と比較されるほどの名将であった袁崇煥えんすうかんを処刑したことは致命的でした。
明が滅亡した原因として、必ず崇禎帝の「猜疑心」が挙げられるほどだそうですね。
また、魏忠賢の件もあり、宦官に対しては、かなり厳しく取り締まっていたようです。そのため、ほとんどの宦官たちは、彼に反感を覚えていました。

崇禎17年(1644年)、逆賊・李自成の軍により、北京は包囲され陥落。
崇禎帝は緊急勅命を発しますが、文武百官は逃亡しており、ほとんどの者が李自成側に寝返ります。
紫禁城の城門を開けたのは、君主を裏切った宦官たちだったそうですね・・・。

独りとなった崇禎帝のもとに駆け付けたのは、宦官・王承恩おうしょうおんただ一人だった・・・。
彼は、「陛下に仕える者も最後まで必要でしょう」と述べており、李自成側の誘いには一切応じませんでした。
またこの人は、宮中では全く目立たない存在だったそうです。

崇禎帝は覚悟を決めると、紫禁城の北にある景山で首を吊り自殺。
その後、王承恩もそれに従い、崇禎帝の隣りで殉死。
これにより、大明帝国は滅亡します。

最後に、私個人の感想。
崇禎帝と宦官・王承恩の二人については、もっと評価されるべきであり、かつ知られるべきだと思います。
宦官と言えば、汚職や賄賂、裏切りで有名ですが、中には王承恩のような皇帝に忠実な者だっているのです。
猜疑心により全てが裏目に出た崇禎帝に関しても、彼なりに国のことを考え、大変な努力をしていました。ましてや、彼のせいで明王朝が滅亡したわけではありません。
そもそも、明の時代は、暗君(万暦帝ばんれきていや天啓帝など)が多く、かつ国の大衰退をそのままにして崩御する者がほとんどです。
それをたった独りで、解決しようと試みた行為は、評価されて当然なのです。

人間とは不思議なもので、出会う人たちによって、人生や運命に多大な影響を与えます。
誰か自身を支えてくれる人がいれば、自身を変えさせてくれるものです。
やはり、人との出会いは大切にしなくてはなりません。

もしかすれば、たった独りで努力する崇禎帝を支える相談役として、王承恩が早くに活躍していたとすれば、運命は変わっていたのかもしれません・・・。

たぶん評価されるべき

ニコニコ動画では、松岡修造さんを使ったMADが、よく投稿されているじゃないですか。
私自身「すごいな、これ」と感動すら覚えるぐらい、よくできていると思うんですね。
これのおかげで、松岡さんが何かの番組とかで姿を現すと、思わず吹き出してしまうわけなんですが・・・。

人気を博している松岡さんですが、個人的には、ある人物を使ったMADも面白いと感じているわけなんです。

そのある人物とは、稲川淳二さんのことです。
稲川さんを使ったMADは、松岡さんほどメジャーではないものの、かなり笑えるので是非とも探してみて下さい。
よく使用されるセリフは多々あり、特に「角煮」「TBN(多分)」が、頻繁に使われています。
個人的には、稲川さんが度アップで「ウ"ウ"ウ"ウ"ウ"・・・」という擬音を発している場面が、お気に入りだったりします・・・。

また、それらの素材元である「恐怖の現場」シリーズを、ニコ動で視聴することをオススメします。
書き込まれているコメントに、絶対笑ってしまいますから。
・・・というより、笑わずにいられた人っているのでしょうか?

色々見てきましたが、ニコ動の「かいおん!」が一番笑いましたね。
まあ、とりあえず、暇な時にでも見てみて下さい。

プロフィール

霊睡蓮

名前:霊睡蓮
1989年生まれ/大分県/AB型
コノ怨ミ……晴ラシテミセル……
根に持つ性格で、受けた怨みは一生忘れない。
プロフィール詳細

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブログランキング

FC2Blog Ranking

訪問者数