女性のホラー耐性

俗に、男性よりも女性の方が、ホラー・オカルト好きって多いですよね。
今回は、フロイトの精神分析より簡単に説明したいと思います。

人間は、3~4歳くらいまで男女の差なく育ちます。
性(性器)に目覚める男根期になり、「男の子」「女の子」という意識が目覚めます。
さらに、男女の性質を別けるような、心理的変化が起こります。

男の子は、「性器を切り取られてしまうのではないか」という「去勢不安」に陥ります。
フロイトの提示した「エディプスコンプレックス」というもので、無意識的な葛藤が始まります。
「エディプスコンプレックス」とは、母親を手に入れようと思い、父親に強い対抗心を抱く心理的抑圧のことです。
子どもが、母親を独占したいとばかりいると、父親から「お前の性器を切り取る」と脅かされるというものです。
この脅しを無意識的な「去勢不安」として感じるようになります。
無意識的な「去勢不安」により、子どもは母親を得たいが去勢されてしまう、というジレンマに陥るわけなのです。

男性の場合、この「去勢不安」があるがゆえに、常に不安を持ち合わせており、臆病なところを表に出してしまうことが多い。
つまり、いつも何かに怯えるようになってしまうのです。
反面、女性にはそうした不安がありません。とても現実的であり、かつ活動的なのです。
女性が男性よりも、精神的成長が早いのも、この違いがあるためだと言われています。
そして、女性は不安が少ない分、恐怖心を持ちづらいのです。

だからこそ女性は、男性よりも、恐怖に憧れや好奇心が強いのかも知れません。
つまり「怖いもの見たさ」というのは、女性の持ち得ている性質なのです。
常に恐怖と不安を持って成長した男性にしてみれば、なぜ怖いものを見たいのか理解できないわけです。

そういった意味もあり、ホラー好きな女性が多いことも納得できるかと思います。

男性が不利ではないかと言われそうですが、そういうわけでもありません。
女性は不安が免除され活動的ですが、その代わり、「理論的に物事を考える」ことが不得意になります。
男性は、いつも不安に怯えてますから、それを何とか克服しようと「理論的に考える」術を手に入れます。
女性の現実的というのは、本能・感情的のことです。
まあ、だからこそ女性は「直感」が鋭いわけなのですが。

また、理論的な考えを苦手とする女性は、「自我」(葛藤を抱えながら社会性を身に付けること)の成長がしづらいといわれています。
結果、今まで精神的低かった男性とでは、「社会性」という面において逆転現象が起こってきます。
つまり男性の方が、現実的に社会を見ることができるようになるというわけです。
スポンサーサイト

党錮の禁

後漢時代に起こった、士大夫(清流派)VS宦官(濁流派)による弾圧事件「党錮とうこの禁」。

和帝、桓帝の時代、宦官の力を借りて外戚の排除が行われていました。
桓帝の時代には、外戚勢力を滅ぼした五人の宦官(のちに「五候」と呼ばれる)が、県侯の封爵を授けられます。
五候の私利私欲により腐敗を招き、それ以降、宦官による政治壟断が決定的となります。
特にその専断は、外戚の専断時代よりひどく、政治の汚濁が全国を覆うことになります。

宦官勢力とそれを支持する一党に対し、政治の主流から外れた士大夫(知識階級)が、儒教的信念や復権を求め、濁流派による国政の私権化を批判する動きが盛んになります。

宦官は、その批判を封じ込むため、士大夫勢力の大粛清を行います。それが例の「党錮の禁」となります。
「党錮の禁」は、全て宦官の勝利に終わり、「五候」以降の宦官グループ「十常侍」の台頭にも繋がります。

第一次党錮の禁
166年(延熹9年)、宦官たちは、「学生たちと党派を組み世間を惑わしている」として李膺りようたちを告発。
宦官の偽報告を信じた桓帝は激怒し、李膺一派に逮捕令を発する。
それに対し、陳蕃ちんばんは、「皆天下の名士・忠臣であるのに、なぜ罪も無くこれを逮捕する」と諫言、署名することも拒否。
しかし、李膺一派は投獄され、彼と関わりのあった者たち二百名も逮捕される。
宦官たちは、大赦令を発し、党人二百人を終身禁錮に命じる。これにより、第一次が終結する。

第二次党錮の禁
桓帝が崩御すると、外戚の竇武とうぶは、十二歳の霊帝を即位させる。
竇武は、陳蕃・李膺たちと結束し、宦官の皆殺しを計画するようになる。
しかし、すでに予見していた宦官たちにより、竇武は自殺に追い込まれ、陳蕃は獄死させられる。
その後、竇太后は幽閉され、竇氏一族はことごとく粛清されてしまう。例外なく、竇武により官界入りした者やその一党も全て禁錮処分を受けた。
また、清流派の張倹ちょうけんに恨みを持つ者の讒言により、清流派全体の追求が再び始まる。
この追求により、李膺は殺される。
そればかりでなく、宦官の恨みを少しでも買ったものは「清流派」と見なされ、八百人余りの者が、死刑・流刑・禁錮の罪にさせられた。この状態で、第二次は終結する。

宦官により、合計二千人余りの人間が惨殺され、その内の二百人余りが見せしめとして、厳しい拷問を受けています。
この出来事により、宦官の恐ろしさを世に知らしめるきっかけとなりました。

後漢時代といえば、宦官勢力が優位にあった恐ろしい時代です。
それに加え、各地の豪族が力を付け、機会を窺っている時代でもあります。
あの「三国志」が始まる予兆です。

心霊体験①『向かいの親子』

私は、霊感を持っておりません。
しかし、私は心霊写真を持っていたことがありますし、霊を見たこともあります。
そして、今まで生きてきた中で、不思議な体験もしています。
今回、私自身が体験した話を紹介したいと思います。

ある日、私は、自宅向かい側にある空家(当時)にて、謎の女二人を目撃しました。
私は小窓から外を眺め、簡単に天気や温度を確認することをよくしています。
そんなある時、ふと向かい側にある空家の窓に目が移りました。

なんと、そこには女性と女の子(親子?)が立っており、私を見つめていたのです。
私はとっさに小窓を閉め、「変なところを見られてしまった」と嫌な気持ちになりました。この場面はかなり覚えています。
小窓からじっと外を眺める眼。はたから見れば、私の方が完全に怪しいですよね。
そういった意味もあり、相手を不快にさせたかもしれない、という気持ちが先に動いたわけなのです。

しばらく経ち、私はあそこが空家だったことに気が付きます。そして同時に、違和感が広がりました。
今考えても、引越しの下見に来ている風ではありませんでした。上手く表現できないのですが、「不自然」なのです。
それによく考えると、なぜ小窓から覗いている私の目と、偶然にも目が合ったのでしょうか。
(距離は結構ありますし、「小窓」とあるだけにかなり小さいものです)

それ以来、私は彼女たちを思い出そうとしていますが、どのような表情だったのかが曖昧となり、上手く表現できずにいます。
不思議と、私は恐怖を感じませんでした。

こういう話をすると、「霊感があるのではないか」と言われるのですが、私は持っていません。
もしあるのであれば、日常生活ずっと、霊を見続けなくてはなりません。
それに多くの浮遊霊や自縛霊といった低級霊が、私を頼って来ることになります。
私は幸いにも、霊障が起こっていませんので、これは確実です。

私が目撃した奇怪は、霊と「波長」が合っただけの話なのです。
これにより、日時や場所によっては、時宜、つまり波長が合う時が存在することが分かります。
つまり、霊感を持っていなくても、霊を見てしまうことがあるということです。
実は、もう見ているのかもしれません。
霊感のない人は、それに気が付かないだけなのです。

霊をよく見てしまう人は、恐怖ものを見聞きした時など、特に気をつけた方が良いでしょうね。

パワーストーン占い

パワーストーン、またはクリスタル占いについて、ご存知でしょうか。

パワーストーン占いの方法は以下のようにします。
専用のボードの上に、五つのパワーストーンをばらまき、ボードに書かれた言葉と落ちた石の意味を結び付けて占う。

パワーストーン占いは、クリスタル占い、宝石占いとも呼ばれています。
場合によって、「パワーストーン占い」「クリスタル占い」は、別の占いとして紹介されているようです。

パワーストーンを使い、潜在意識で感じている自分の答えを引き出す方法。
いわゆる、占って知りたい「答え」というものは、自分自身が持っているということなのです。
それをパワーストーンがそっと教えてくれるだけなので、決して恐ろしい存在ではありません。

私自身のことで占ってみました。
「私は、人を幸せに導くことはできるのか」
答えは、イエス。
占い本の解説による、私なりの解釈です。
「パートナーと出会い、積極的にその分野に取り組めば成功する」
「これを遂行するにあたり、決して失敗することはない」
「環境の変化を恐れない」
パートナーというのが、自分と同じ価値観や趣味を持った人ではなく、全く正反対の人と組む必要があるようです。
正反対の意味は、性格云々を言っているのではなく、天秤のバランスがよい関係のことです。
つまり、異なった価値観や知識、行動で助け合い、互いを認め理解し合える関係という意味でしょう。

結果としては、行動すれば成功するけれど、しなければ今のまま。
(「成功」は、「人を幸せにする」という意味となります)
そして、行動するにあたり、失敗することは「絶対にない」と出たわけです。

まあ、こんな感じで占うことができます。
ただ、占いに頼りすぎてはいけません。
占いは参考にするものであり、幸せを掴むのは、自分自身だということをお忘れなく。

パワーストーン占いに興味を持っている方は、
「クリスタル占い-五つの水晶が運命を予言する」(監訳:鏡リュウジ)をオススメします。
信用度が高く、人気のある品物なので、買って損はないかと思います。

学校であった怖い話

SFC『学校であった怖い話』を紹介します。
文章を読み進めていき、選択肢によってシナリオの展開が変わるサウンドノベルゲーム。
グラフィックは当時のゲームとしては珍しく実写で、登場人物を演じているのは開発スタッフたちです。

新聞部の企画で学校の七不思議を特集することになり、部室に集まった六人から話を聞くという物語。
主人公は六人の語り手の中から一話ずつ話を聞いていくわけですが、語り手を選ぶ順番や途中の選択肢によってシナリオが変化し、六話目を誰に語ってもらうかで七話目が決まります。

【語り部】
新堂誠しんどうまこと
三年生。頼りがいのあるスポーツマン的な人物。
運動部に関する怪談をよく語る。

荒井昭二あらいしょうじ
二年生。丁寧口調で、大人しく影のある人物。
霊的な話から人間の心理、その他様々な分野から怪談を語る。

風間望かざまのぞむ
三年生。掴みどころのない謎めいた人物で、怖い話はほとんど語らない。
シナリオによっては、自らを「スンバラリア星人」と称する。

細田友晴ほそだともはる
二年生。名前に沿わず肥満体型な人物。
トイレに異常にこだわる人物で、トイレに関する怪談をよく語る。

岩下明美いわしたあけみ
三年生。美人だが近寄りがたい雰囲気を持つ。
嘘や裏切りが嫌いで、人間関係の怖い話をよく語る。

福沢玲子ふくざわれいこ
一年生。明るく元気な性格。
その性格とは裏腹に、グロテスクな話をよく語る。

各語り部たちのBGMは、ピアノ演奏であり、どの曲も人気が高い。
個人的には、新堂、荒井のテーマが気に入っています。

ヒトラーの日本人観

独裁者の代表といえば、アドルフ・ヒトラー。
そのヒトラー率いるナチス・ドイツと手を組んでいたのが、日本、イタリア。

似た者同士が接近するというのは、人間だけでなく、国もなんです。
大日本帝国は、天皇を中心とした軍事独裁国家。
イタリアは、ファシスト党と呼ばれる軍事を中心とする党派の台頭。

日本と同盟国として条約を結んだドイツ。
では、ヒトラーは、日本に対してどのような感情を持っていたのでしょうか。

『わが闘争』(ヒトラー著)より、「日本人は文化的に創造性を欠いた民族である」と悪い評価をしております。
これは、日本人に対する差別的な考えを持っており、かつ反日主義が読み取れますね。
やはり、アジア圏に対しては、そのような偏見が根付いているようです。

しかしながら、後年になると、日本・日本人に対する考えが変わります。
後年のヒトラーは、すでに日本の強大な力を見抜いていたのです。

「我々は、東洋の覇者・日本と対決しなければならない日が来るだろう」と語っていたというエピソードがあります。
また、イギリス大使に対し、「大戦争が起きれば、各国が共倒れになり、唯一の勝者が日本になる」と言っていたそうです。
とはいえ、日本のアジア侵略(大東亜戦争)により、日本がシンガポールを陥落させた際は、有色人種にシンガポールが渡ったことを残念がる発言をしていたそうで。
後、日本のアジア侵略による連勝については、ドイツを驚かせていたとか。

日本とアメリカの真珠湾戦争の報告がされた時、「我々は負けるはずがない。我々は3000年間負けたことのない味方がいるのだ」と語っています。
ヒトラーは、イタリアよりも日本を贔屓していたようです。

またヒトラーは、日本に対して、このようなことを評価しています。
日本の神道を、「国家とその自然に殉じる宗教」として高評価し、キリスト教より優れた宗教だと発言。
同時に、日本の天皇・皇室の万世一系にも感服しており、「ドイツ人が努力しても、決して日本人に敵わないところは、万世一系の君主制度を保ってきたことである」と語っていたそうです。

日本の万世一系(王朝)の天皇制度が大変珍しい存在であることを知らしめる話ではないでしょうか。
アジア圏については、「日本人と中国人は、私たちより劣っていると考えたことはない」と発言しています。(原文がなく、真偽は不明)

やはり、同盟国であろうとも、アジアに対しての偏見はあるようです。
偏見である「アジア(黄色人種)は劣っている」を打破したのが、日本であることをもっと知られるべきなんですけれどね。

偏見というのは、どうもよくないですね。
才能のある者は必ず存在しているのに、それを見つけ出すことができていない。
偏見を持っている、かつ見抜く力のない者は「愚者」に等しいと、私は思いますね。

ヒトラーは、人間・国家を見抜いていた(多少偏見を持っていますが)のですから、優れた人物であると私は思います。

アテン神の正体

世界に先駆けて唯一神を崇める宗教ができたのは、多神教のエジプトからであることはご存知かと思います。

唯一神を崇めることを推し進めたのが、時の王(ファラオ)・アメンホテプ4世。
彼は、あのツタンカーメンの父親に当たります。

ある日、彼がナイル川湖畔を歩いていた時、空に光り輝く円盤を見たというのです。
すると、その円盤は「新都を建設し、我を信仰せよ」と、アメンホテプ4世に命じたというのです。
これを契機に、アメンホテプ4世は「アクエンアテン」(イクナートン)と改名し、強引にアケトアテンに遷都してしまいます。

まず、歴史的背景を説明しましょう。
アメンホテプ4世の治世時代、アメンが信仰されていました。
しかし、アメンを讃えていたエジプトの神官たちが、ファラオをも凌ぐ権勢を誇るようになります。
そのことで、王権を強化する目的のため、アメンホテプ4世は「アマルナ宗教改革」を断行します。
(一説によると、この「アマルナ改革」による一神教の誕生こそ、のちのユダヤ教の素地になったとか)
彼は「アテン」を唯一神とし、そして、改名することに到ったわけです。

彼の崇拝する「アテン」とは、紛れもない、あの「空に光り輝く円盤」のことです。
ちなみに、アテン神の特徴としては、放射状に無数の腕のような光線を放ち、生命の象徴アンクを握った太陽円盤の形で表現されています。
(太陽神ラーと同一視されていたそうですが、のちに天体としての太陽を表すようになります)

あまりにも異様な神として崇められたアテン神。

アテン神の特徴。
もし、これを現代の人が見たら、どのように表現しましょうか。
きっと、誰もが「UFO」だと捉え、大騒ぎになるに違いありません。

アテン神の正体が、宇宙人であるとすれば、地球人より想像絶する力を持っており、とても敵わない存在であることも考えられます。
古代に登場した宇宙人が、このような超越した力を持っていたとすれば、現代の宇宙人は……。
想像するだけでも恐ろしいですよね。

もうすでに、地球侵略はされていたのかもしれません。彼らの力により、現代までの文明が築いて来られたと理解できます。
そうなると歴史上、世界に貢献した人たちは、異星人より人知を超えた知恵を与えられていたのかも。
もしくは異星人本人、またはその血を引いている者だったとも考えられます。

宇宙人とは、そもそも地球侵略の目的はなく、地球人類を創造した神だったのかもしれませんね。

自殺は罪

最近、自殺やいじめ等のニュースが飛び交っていますよね。

私から言わせれば、自殺する行為は「悪」であり、「罪」です。

当然だと思う方もいるかと思いますが、自殺を図る者にとっては、そのように思いません。
むしろ、自殺する行為を、「自分の味方を作る」良い手段として捉えております。

自殺をすれば、苦しみから解放される上に、加害者は糾弾されます。
そして、みんなは必ず被害者の味方になってくれます。

しかし、それでいいのでしょうか。
当然、それは許されないことは分かりますよね。
親よりも早く死ぬことにもなりますし、かつ周りにいる人たちを不幸にさせます。
また、全てを放棄したことは、無責任でもあります。

オカルト的なことを言いますと、人間は神により命を与えられ、生かされています。
それを、自らの手で絶つ行為は、神の意向を裏切った、反逆者なのです。
当然、その行為は「重罪」であることは分かるでしょう。

仏教より「輪廻転生」の考えがありますよね。
生前に善い行いを続け功徳を積めば「善趣」、悪業を積めば苦しい「悪趣」に生まれ変わる。
ということは、「自殺をするに到った境遇」は、前世でも同じ、または似た境遇であったということです。
つまり、自殺した子は、再び生命を受けた時、また同じ境遇にさいなまれるということが分かります。

しかしながら、生命を受けるには、神を裏切った重罪を償わなければなりません。
それは想像絶するものかと思います。罪を償い生命を受けられるとしても、待っているのは「自殺を考えてしまう境遇」。
絶望的ですよね。

だからこそ、自分の命を大切にし、生きなければなりません。
死んでしまったら、恐ろしい罪の償いが待っているのです。償い後、せっかく人として生命を受けたのに、再び自らを持って抹消してしまう。
こんな愚かなことはないでしょう。

では、その「自殺する境遇」の輪廻転生から解脱する方法を教えましょう。
答えは至極簡単で、「真っ向に生きる」ことです。そして、善い行いをして、徳を積む。
ただ、それだけのことです。

精神論ではありますが、私はこのような考えを持っています。
私のようにこの話を信じて、生きてみて下さい。後悔することはありませんから。

誰かが「自殺は重罪である」と、言ってくれない限り、自殺する人は後を絶ちません。
「自殺した者は悪である」と訴えれば、「こいつは加害者を味方している」といわれ、かつ被害者を糾弾しているように見えます。
だからこそ社会や世間は、表立って訴えることができないわけなのです。

呪いの正体は生霊

私は根に持つ性格で、傷つくような言葉、虚仮にした者など、全て記憶してあります。

内向的な性格が祟るのか、見くびられることは多い。
それゆえに、私は思い出す度に「どうか、あの人が不幸になりますように」と、願っております。

そういう人の念というものは、時空をも超えてしまうということをご存知でしょうか。
「生霊」というものがあります。
恨みに思う気持ちが形となり、相手に取り憑き不幸にさせるというもの。
つまり呪いの正体は、生霊の事なんです。

生霊は、自分の分身であり、自分の命を削ることでその霊体を維持します。
「人を呪わば穴二つ」ということわざがありますが、意味は呪いをかければ、自分にも返って来るというもの。
実はその真理は、自分の生霊を飛ばしたり維持したりのエネルギー消費で、返って自身を弱めてしまう、それこそが呪いの代償のいわれなのではないかと私は考えます。

俗に「悪霊よりも生霊の方が恐ろしい」といいます。
悪霊は除霊すればそれで終わりですが、生霊は祓っても祓っても、新たな生霊が飛んできます。
生霊を生み出している本人が、念を送るのをやめない限り、延々と続きます。

人は生きている限り、様々な感情を抱くものです。
人を好きになることも、一種の呪いといえます。
そして、その人が好きだという念は相手に届いています。

生霊を飛ばすつもりはなくても、「思い・念」という自体が生霊となり、いい意味悪い意味関係なく、相手に憑きます。
また、通りすがりで、知らない相手に一瞬でも意識すれば、小さな生霊が憑きます。(すぐに取れます)
それほど、人の思いには力があるということです。

もし自分が恨まれているかもしれない、と思うのであれば、その人に対してきちんと謝りましょう。
そして、人に恨まれないように生きていくべきなのです。

生きていく上では、それが難しいことは分かりますが、乱暴な口調や相手を侮るといったことはやめられるでしょう。
まずは、そういう行為をしていないかどうか、自身を省みることから始めましょう。

世の中には、些細な言葉であっても決して忘れない、根に持つタイプは存在します。
こういう人たちを敵に回さないように気を付けなければなりません。

凶暴宦官・楊思勗

中国唐王朝に、楊思勗ようしきょくという宦官がいます。

この宦官は、中宗帝、睿宗帝、玄宗帝に仕え、主に軍事面において功績を上げていました。
そのためか、力が強く、残忍で殺人を好んだと伝えられています。

開元10年(722年)、安南の梅叔鸞(梅玄成)が反乱を起こします。
その反乱を鎮圧させるため、楊思勗が派遣されます。
楊思勗軍は次々に敵軍を排除すると、ついに梅玄成を捕らえます。
案の定、処刑にします。敵軍の死体を積み上げ、意気揚々と帰還します。

開元12年(724年)、五谿の覃行璋が反乱を起こします。
再び楊思勗は討伐の任にあたり、彼を捕らえ、覃行璋率いる三万人を殺します。

開元14年(726年)、邕州の梁大海と数州が反乱を起こします。
またもや楊思勗が討伐し、梁大海率いる三千人余を捕らえ、その内二万人余を殺します。

開元16年(728年)、瀧州の陳行範、何遊魯、馮璘らが反乱を起こします。
楊思勗は十万の兵を率いて侵攻して破り、何遊魯と馮璘を殺します。
陳行範も結局は、楊思勗に見つかり捕らわれます。
六万人を殺戮し、その際に奪った財物は莫大なものでした。

楊思勗は、意志が強く決断力もありました。
また、反乱の見せしめとして、捕虜の顔や頭の皮を生きたまま剥ぐなどの行為をしていたそうで、配下の将兵たちは彼を大変恐れたそうです。
このことが、戦功を立てた要因と伝えられているそうで。

また、このようなこともありました。
開元27年(739年)、内給事の者が賄賂を受け取っていたことが判明。
玄宗帝は、楊思勗にその殺害を命じます。
楊思勗は、内給事の者を数日間縛りつけ、監禁。
その後、心臓を取り出し、手足を断ち切り、人肉を切り裂いて食したそうです。

宦官といえば、女性のようなイメージが強いかと思いますが、中にはこのような凶暴な人物もおりました。
やはり人は、見かけや身分で判断してはいけませんね。
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

プロフィール

霊睡蓮

霊睡蓮(レイスイレン)
1989年生まれ/大分県/AB型
コノ恨ミ……晴ラシテミセル……
根に持つ性格で、その恨みは呪いを以て晴らす。
プロフィール詳細

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数