12
1
4
5
6
7
10
12
13
16
17
18
20
21
24
26
28
31
   

ゲーム『ポケモンスタジアム金銀』

64のゲームといえば、やはり『ポケモンスタジアム』ですよね。
初期のものは、登場ポケモンが限られていますが、2及び金銀は最高に面白い作品です。
対戦するだけでなく、ミニゲームまで用意されています。

64以降、GCは『ポケモンコロシアム』、wiiでは『ポケモンバトルレボリューション』などが発売されています。
個人的なことを言いますと、ポケモンスタジアム金銀こそが「神」でございます・・・。

GB版で育てたポケモンのデータを使い、友達あるいはCOMと対戦することができます。
全ポケモンは3Dで描画され、鳴き声もGB版の電子音から生物的にアレンジされています。(スタジアム以降は、電子音に戻ります)

64GBパックで自分のポケモンを使うこともできますが、本作で用意された「レンタルポケモン」を使用することができ、GBソフトを持っていなくても充分に楽しめます。
しかし、この方式は、本作以降のシリーズでは廃止されています。(コロシアムに人気がないのは、これが要因のひとつだと思います)

ジムリーダーの城や対戦ルール大会、ミニゲームなどがあったりと、かなりのボリュームを誇っていた作品であり、またそれぞれ独自の楽しみが存在します。

個人的には、「ふしぎなおくりもの」が楽しかったですね。
BGMがコガネシティのアレンジ版で、しかも朝・夜とで背景が替わります!
しかしながら、「ポケモン講座」のシステムは、本当に攻略本入らずでしたよね。
実際の攻略本よりも充実していたという噂ですが・・・。

さて、そんなポケモンスタジアムを全攻略し、裏の世界を出現させた人も少なくないでしょう。
私も結構苦労しましたが、何とか出現させました。
ライバル(ホウオウやルギアなどといった伝説級を使用)との対戦では、レンタルポケモンのソーナンスが活躍しました。
おそらく、同じ方法を取った人は、五万といるでしょう・・・。

とりあえず、このゲームは最高に面白い作品です。
今の時代では、確かに古いゲームです。
しかし、初代でポケモンを終えた人には、大変オススメな作品です。(今の私でもたまにプレイするぐらいです)

ポケモンスタジアム金銀は、2に引き続き、ミニゲームが用意されているので、友人だけでなく家族とも楽しめる作品ではないでしょうか。
スポンサーサイト

マリオパーティ2と4

たまに64のゲームをひとり寂しく遊ぶことがあります。
そこで今回は、マリオパーティについて語りたいと思います。

私は、1~4まで所持しています。(それ以降はルールが変わったようで、購入意欲が削がれました)
なので、管理人が知っているのは4までとなります。
マリパといえば、ミニゲームが醍醐味ですが、私の場合は少々異なります。
ミニゲームはもちろんのこと、ボードマップやBGMに目を向けています。

ボードマップについては、64ならではの自然や景色、テーマがあるじゃないですか。
それを細かく分析したり、「こういう場所に行ってみたい」などと想像するのが好きなのです。

特にマリパ2は、ミニゲームもボードマップもBGMもかなり好きですね!
そのひとつ、「ホラーランド」は、魔法使いの館が立ちそびえる不気味な森が舞台となっています。朝と夜で雰囲気が変わるのですが、「マップを見る」で、細かく観察すると恐ろしい発見なんかできます。
夜になると、幽霊行列が現れたりします。また、ガードレールを突き破っている廃車があるので、何かしらの事故があったのかも・・・。

ホラーランドの他であれば、やはり「ミステリーランド」でしょう。
不安にさせるBGMに加え、密林の奥地に立ち並ぶ謎の遺跡が舞台。
このステージでは、ボム兵型UFOが現れたりします。設定上、このボム兵たちは「宇宙人」です。
ラストのシーンでは、「黄金の像」の正体が、クッパに呪いをかけられたボム兵だったことが分かります。
マップに関しては、左上にある湖にネッシー(ドッシー?)らしきUMA、右端には、霧に包まれたピーチ城(おそらく蜃気楼か幻という設定)らしきものがあります。
ミステリーサークルやモアイ像、ピラミッドだったりと、本当の意味でミステリアスな世界です。

・・・まだ他のステージにも様々な発見(マリパ2に限らず)ができます。
挙げれば切りがないので、ここまでにします。

最後に、マリパ2と4で酷似しているステージ構成を紹介します。
(おそらく4の制作は、2を参考にしたのではないかと、個人的に思います)

★パイレーツランド・・・3つの島で構成されたテーマランド。
☆うきうきパーティ・・・ノコノコが造った海岸リゾートのマップ。
「海」が舞台という共通点。
「?」を踏むと、2では「ホージロー」、4では「リフトン」が現れます。
しかも、その移動手段が同じです。

★ウエスタンランド・・・西部の町が舞台のテーマランド。
☆わくわくパーティ・・・キノピオが造った遊園地のマップ。
2で初登場した機関車「シュッポー」が、なぜか4でも登場します。
(4では、背景の一部で、乗ることはできない)

★スペースランド・・・宇宙ステーションが舞台のテーマランド。
☆どきどきパーティ・・・クリボーが造ったカジノのマップ。
「宇宙」と「ギャンブル」に全く共通点はありませんが、「人工的」という部分では同じ。
・・・ギャンブルとは永遠のロマン(宇宙)といった感じ?

★ミステリーランド・・・密林奥地にある5つの遺跡が舞台のテーマランド。
☆はらはらパーティ・・・ヘイホーが造ったジャングルのマップ。
密林が舞台という点が同じ。
4では、進行役がヘイホーということもあり、あるミニゲームでは、遺跡の謎解きみたいなやつがあります。
2のヘイホーは、「ノロイののろい」を相手にかけてくれます。

★ホラーランド・・・不気味な森が舞台のテーマランド。
☆ひやひやパーティ・・・テレサが造ったホラーハウスなマップ。
言うまでもなく、ホラー構成のステージ。両方ともテレサが主役。
2で登場した「親方テレサ」が、4で再登場。
しかも、コイン、スター強奪の方法が全く同じ。

★クッパランド・・・クッパが造らせた悪の遊園地。
☆クッパパーティ・・・ミニクッパが造ったマグマで覆われたマップ。
こちらも言うまでもなく、クッパが主役のステージ。
マグマがあったりと、共通点は多い。(個人的にクッパパーティの方が綺麗)

最後に。
4で「ドキドキクッパばくだん!」というミニゲームがありますが、これは2のものと全く同じだったりします。

ゲーム『ザ・シムズ2』

最近、『ザ・シムズ2 ダブルデラックス』を購入しました。

それで完全にハマっており、ほぼ一日中プレイしています。
深夜0時から少しだけ遊んでみようと試みると最後・・・。いつの間にか朝の日差しを浴びることになります。
最近この展開が多く、かなり寝不足になっています。
それほど、このゲームは面白いのですよ!
ダブルデラックスは結構な値段ですが、買って損はありませんね!
以前ブログで紹介した時は、私本人が持っていなかったため、深く追求できませんでしたよね。
以降はきちんと実体験で説明するようにします。

シムたちの生活も面白いのですが、私としては家を増築したり、生活用品、オブジェをカスタマイズすることに傾倒しています!
管理人はこの通り、花や植物が好きなので、家の中や庭には必ず観葉植物をセットしております。

今後、家族(現在四人います)をさらに増やすことも考えており、二階まで増築しました。ついでに、シムに全く必要とされていないベランダまで造りました。
引越しをする予定は、今のところ考えておりません。
オブジェや芸術品などを用意させているのですが、私のシムたちはあまり関心を抱きません・・・。
シムたちは遊ぶことが好きなようで、専らテーブルゲームやチェスばかりしています。
プールや車なども用意しているのに、ベランダ同様、全く使用されていない状態です・・・。

後は、オブジェの銅像を置いた謎の部屋を用意しました。
機会があれば、この小部屋にシムを閉じ込めて、餓死させてみたいと思います。(冗談です)

さてこの一家は、養子をもらうことで継続予定です。(ウフフな展開をするまでが面倒なので)
今後は、マリオやルイージ、キングテレサもメンバーに加えられたらと思っています。(海外サイトの登録が面倒で、現在保留中)

また機会があれば、シムの日常を紹介していきます。
家の外観や内部、そしてシムを一人ひとり画像付きで、説明したいと考えています。

ポケモン「クリスマスカップ」

今日は、クリスマスですね。
昨日までポケモンでは、オンラインの大会「クリスマスカップ」が繰り広げられていました。
・・・このクリスマスカップは、「幻伝説あり」という、大会としては初のルールになります。

管理人は、参加賞(イバンの実)目当てで、エントリーしました。
一応10回戦ぐらいまで対戦しましたが、全て惨敗・・・。
ちなみに、幻伝説一切使用せずに、愛用ポケモンたちで挑んだ結果です。
ご存知の通り、私の手持ちはマイナーポケモン(中堅もいますが)で統一されています。
さすがに、デスカーンやジュペッタ、クイタランたちで、伝説レベルを倒すというのは無謀でした。

クリスマスカップは、参加者のほとんどが同じポケモンを使っていました。
この統一感に驚きを隠せないと同時に、みんな同じ事を考えるものなんだなあ、と感心しましたね。どうすれば、同じパーティを組めるのか、不思議に思ったくらいです。(幻伝説解禁だから当然?)
相手は「力付くで倒す」パターン(私が最も苦手とする戦術)がほとんどでしたので、手も足も出せない状態でした。
種族値の差がここまで出るとは、改めて恐ろしくなりました・・・。

マイナーポケモンで勝率の高い人は、言うまでもなく戦術に長けている人が多いです。(私は強くありませんが)
幻伝説やガチパを使う人は、どうしても「力付くで倒す」パターンになりますよね。
今回、このパターンであることは誰でも予見できると思うのですが、全く効き目がありませんでした。そもそも、罠を仕掛ける前に、圧倒的な力でねじ塞がれてしまうのです。
改めて、私のメンバーは、「力付くで倒す」パターンの相手とは相性が悪いということが分かりました。

・・・しかし、奇跡の勝利回もありました。
こちらのシザリガーのハサミギロチンが連続で決まり、まさかの勝利を!
もちろん、一度でも外せば、間違いなく負けていました・・・。

やはり、一撃必殺技はオススメですね。ピンチになればなるほど、運命力アップしますので・・・。
イバンの実は、今後の活躍も兼ねて、シザリガーに持たせることにします。

ランキング結果と参加賞は、来年1月8日だそうです。
おそらく、ランキング結果では、私は最下位辺りにいると思います・・・。(PGLニックネームは知っていると思いますので、探してみて下さい!)
手持ちの弱点や戦術の見直し、そして「イバンの実」が手に入ったのですから、今回は良かったということで。

12/22のTV番組

昨日は、見たい番組が重なり、大変ではありませんでしたか?
・・・もちろん、恐怖特集の「ビートたけしの超常現象SP」と「世界の怖い夜」のことですよ。
チャンネルを交代しながら見ていました。
超常現象SPで、マジシャンかパフォーマーか知りませんが、ゲストのコーナーになり、速攻で後者に切り変えました。(私は、マジックや超能力とかには全く興味がありませんので)
このコーナーが長かったおかげで、後者をじっくり見ることができました。この番組には、ある意味感謝しましたね。
しかしながら、オカルト肯定派と否定派の討論には毎年笑ってしまいますよね。
私も肯定派ですが、あまりにも滑稽で間抜けな発言が多く、毎回あきれています。まあ肯定派の変わり者がいるからこそ、この番組が成り立っているわけですが・・・。

心霊動画や恐怖ものがたくさん紹介されていましたよね。
私からすれば、全く恐怖を感じず、残念で仕方がありませんでした。
撮影者が異変に気付くというのは、そもそもおかしいですからね。
海外ものは全部ニセモノですよ、はっきり言って。
ニセモノを作るのであれば、もっとセンスのあるものを制作できないものでしょうか?
どうして霊の共通するのが、少女・白い服・長い髪なんでしょうかね。
最近プレイしている、セガの『古伝降霊術 百物語』の方が、よほど怖いですよ!

・・・本当の恐怖を制作者は知らないのでしょう。
制作した痴れ者たちは、呪われてほしいものです。
私は願っていますよ、彼らが不幸になることを。

両番組とも、21時に終わりですが、以降はドラマスペシャルがありましたね。
そう、以前ブログでも語った、松本清張『熱い空気』です!
『家政婦は見た!』の原作であることは、以前詳しく説明しましたので省きます。
「家政婦」とは、いわゆるメイドさんのことですが、元を辿れば「奴隷」のことです。
メイドの歴史を調べると、感慨深い内容を知ることができるでしょう。
小説を読んでも分かる通り、家政婦はとても地位の低い職です。
自分は家庭を持たず、他人の家庭に入り込み、身の回りの世話をする。・・・だからこそ家政婦は、「他人の不幸を知ることが生きがい」となるわけです。

家政婦・河野信子は、中流家庭の稲村家に派遣されることになりました。
案の定、信子はあらゆる手段で、稲村家を不幸に、そして崩壊することを考えます。
信子は一見すれば、ぼんやりとした仕草や言動をします。しかし、これは彼女の謀略のひとつだったわけです。
また、稲村家の弱みを握ることで、自分を解雇できなくさせることも計算済みでした。
メイドらしい丁寧口調の中には、脅迫めいた意味が含まれており、度々春子(稲村家の妻)に指摘されていました。(この妻もなかなか勘が鋭い)
信子のようなしたたかな女、つまり悪女タイプは見た目では分からないものです。

彼女の台詞で「自分を大事にすれば、それなりの奉仕をするが、自分を痛めつける者には必ず不幸にする」みたいなことを言っていました。
私もこの精神でいますので、これには同感です。・・・って、誰もが持っている感情ですね。

信子は、春子を一見し「見栄っ張りそうだから、金は必ず払うだろう」など人間観察が鋭かったですよね。買出しの時、信子がわざと高級肉を買ってきた時には、笑ってしまいました。

最後は、姑の「・・・もう破壊するのはやめて下さい」のひとことで、彼女は破壊するのをやめたというところがまたいいですよね。
信子の破壊計画は結果的には、冷え切っていた稲村家を幸せな家庭に戻します。一応感謝されて終わったので、よかったですよ。
小説版では、家庭崩壊のままで終わり、かつ信子に天罰が下ります。

稲村家を変えた信子ですが、彼女自身は何も変わらなかったというのが何だか切ないですよね。

プロフィール

霊睡蓮

名前:霊睡蓮
1989年生まれ/大分県/AB型
コノ怨ミ……晴ラシテミセル……
根に持つ性格で、受けた怨みは一生忘れない。
プロフィール詳細

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブログランキング

FC2Blog Ranking

訪問者数