01
1
2
3
4
5
6
8
11
13
16
18
22
23
25
26
28
30
31
   

蛆虫の使い方

今日は、最も嫌われ者である蛆虫について紹介します。

蛆虫といえば、ご存知ハエの幼虫です。
人間や動物の死体、排泄物などに湧くことから、多くの人から不潔で汚らわしいとされています。
また、見た目も気持ち悪く、身体を波打たせるようにして進む様は、人々を不快にさせます。

そんな嫌われ者である蛆虫ですが、意外にも怪我の治療として、活躍する場面があります。

戦争時代、傷の手当や治療が不十分で、不衛生な状態で放置された場合、傷口に蛆虫が湧くことがありました。
実はこれ、蛆虫が、膿や腐敗した部分を食べることで傷口を清潔にさせる効果があるのです。(むしろ傷の状態が良くなる)
これにより、患部を含めた周辺部位までいたる切断や切除をせずに済む場合があるのだそうです。
戦時中、傷口に蛆虫が発生した兵士の生存率が極めて高かったそうで。

蛆虫は、正常な組織を食べることはなく、腐敗した細胞のみを食べます。
その時、殺菌効果のある分泌液を出しており、これは感染症の予防効果にもなります。また、その分泌液は、細胞や毛細血管の再生を促進させる働きもあるのだそうです。
これを使用した治療法も存在しています。(注意しておきたいのは、いずれも無菌ウジの場合です)

・・・とはいえ、怪我の治療として、蛆虫が使われるのは、かなり嫌ですよね。
自分の身体に蛆虫が這い回る・・・想像しただけで、ゾッとします。

今回、伝えたかったのは、どんなに嫌われているものでも、それなりに使い道があるということです。
レベルの低い無能なものでも使いようによっては、役に立つものなのです。
・・・つまり、それを上手に操れるかが、真に求められている能力なのかもしれません。
スポンサーサイト

教員駆け込み退職

地方公務員の退職金が、全国的に削減される方向で進んでいます。
この件で、公務員による減額直前の駆込み退職するケースが相次いでいます。つまり、退職金の減額は、早期退職制度となっているのが現状となっているのです。

・・・この件については、様々な意見が飛び交っており、当事者であれば、早期退職の選択も仕方ないと思います。

しかし、これで人間の本音というのが分かったというのも、興味深いものです。
やはり、人間というのは、金で動かされる利益中心な存在であったということです。

孔子の言葉に「君子は義に諭り、小人は利に諭る」というものがあります。
「立派な人は、正しい考え、倫理、良心にかなっているかどうかで物事を判断するものだが、つまらない人は、損得で物事を判断する」という意味です。
早期退職について当てはめると、教員としての使命である生徒の教育よりも、自身の利益を優先させたということになります。
つまり、今回辞めていった人は、自ら小人であることを知らしめてしまった、ということです。

早期退職の理由が、「退職金が減らされる前に手に入れておきたい」という考えって、はたから見れば滑稽に映りませんか?
私であれば、風聞とかやはり気になる方なので、金のために早期退職したというのはかなり嫌ですね。
誰も気にしないという意見の方もいるかもしれませんが、私の場合、少なくともそのように思います。
もし、身近にそのような人がいたら、真っ先に「この人、金欲しさに動いたんだ」と思ってしまいますね。
・・・まあ、その手段を選んだ人にも、家族がいますからね。仕方ないといえば仕方ありません。
こういう場合こそ、「見栄を張る」っていうのが、必要なのかもしれませんね。

これはもう、制度のタイミングが良くない。
公務員といってもやはり人間。これで、小人であることをさらされてしまったようなものですよ。

のちの老害がこういう形で、早期退職に追い込むことができたというのも、何だか皮肉な気がしてなりません。

ゲーム『スーパーマリオランド2 6つの金貨』

今回は、GB『スーパーマリオランド2 6つの金貨』を紹介します。
当時、GBを持っていた人のほとんどがプレイした覚えがあると思います。(私の場合、ポケモンが初で、のちにこのゲームの存在を知りました)

このゲームは、横スクロールのアクションゲームです。
前作とは異なり、キャラクターが大きく見やすくなっており、従来通り、アイテムやコインを取りながらゴールを目指します。

【ストーリー】
ボクが「サラサ・ランド」に宇宙怪人「タタンガ」退治に行っているあいだに、マリオ城が悪いやつに占領されてしまった!マリオランドの住人も魔法をかけられて、手下にされているんだ。そいつは、「ワリオ」という名前で、ボクの姿をマネした悪いやつだ。いつもマリオ城をのっとろうと、ねらっていたんだ。ワリオはマリオ城の「6つの金貨」をマリオランドのあっちこっちにばらまいて、手下たちにみはらせている。この金貨がないと、ワリオのいるマリオ城には入れない。「6つの金貨」をあつめ、マリオ城にいるワリオをやっつけてみんなを助けなくちゃ!


マリオがデイジー救出に出かけている間、偽マリオがマリオランドを侵略してしまったという物語。
・・・偽マリオとは、今ではすっかり人気者になっているワリオのことです。彼のデビューは、「ラスボス」からということになります。
ちなみに彼が悪役として登場する作品は、『マリオとワリオ』(SFC)、『ワリオの森』(FC)などがあります。

ついでに、金貨のひとつを護っているスペースゾーンのボスは、前作、デイジーを誘拐したラスボス・タタンガです。
マリオに敗北した後、すぐにワリオの手下になったのだと考えられます。

結局、ワリオはマリオに敗北し、マリオランドは余儀なく奪還されます。

・・・しかし、彼は「主役」の座をマリオから奪うことだけは成功しました。
そう、次作は『スーパーマリオランド3 ワリオランド』であり、ワリオのスピンオフシリーズの始まりです。
・・・ラスボスが主役になるパターンって、今までなかったと思います。
ヨッシーやワリオがスピンオフ作品を築く一方、ルイージの方は全く主役に恵まれなかったというのが、返って面白いですよね。

・・・と前置きが長くなりましたが、このゲームはなかなか楽しませてくれます。
前々から思っていたのですが、この作品って、スーファミの『スーパーマリオワールド』に似ていますよね。
操作もほとんど同じな上に、アイテムも似ています。(マントのポジションにバニーといった感じ)

当時より、SGBを持っていたこともあり、マリオワールドの番外編的な感覚でプレイしていました。(ラスボスはクッパではなく、ワリオですが)

しかしながら、ネットの投稿などを見ていると、当時このゲームが「怖かった」という人が多いことに驚きました。
これについては、何となく私にも分かります・・・。
ゲームボーイって、やはり音が少ないじゃないですか。(いわゆるGB音源)
しかも、白黒液晶(カラーの場合、緑っぽくなる?)ということもあり、ゲーム自体は明るい乗りなのに、どこか寂しさというか不気味な雰囲気があります・・・。
また、ストーリーより「マリオは、たった独りでマリオランドを取り戻す」というのが、何だか寂しくありませんか。(当然、ヨッシーやルイージはいません)
そういうのが影響して、当時、寂しい、怖い気持ちになった人もいるかもしれません。
・・・怖いといっても、恐怖とはまた違った感情なんですよ。

このゲームをしたことがないという人もいるかもしれませんので、一応プレイしてみることをオススメします。
そういえば、最速でクリアしたTAS動画がありますよね。(「キコキコキコ・・・」で分かると思います)
何が面白いのか理解できないのですが、なぜかその動画に人気があります。

ところで、難易度が高いことで有名な「マリオ城」ですが、経験者はいかがだったでしょうか。
私は、ほとんどミスすることなくクリアしており、むしろ大得意でした!
・・・当時の話です、あしからず。

最後に、このゲームのBGM集を紹介しておきます。(この流れはいつも同じですね・・・)
【マリオ】6つの金貨【作業用BGM】(ニコ動)
やはり、地上BGMとスペースゾーンの音楽は最高ですよね!

桜宮高校入試中止について

ついに、桜宮高校の入試中止が正式に決まりましたね。
入試を中止するのは、体育科とスポーツ健康科学科です。(「普通科」と看板替え)

私は橋下市長の言っていることに賛成であり、この方法は間違っていないと思います。
今年、入学できなくなった生徒たちには、とてもお気の毒ですが、これは仕方ありません。
・・・しかし、この件について理解できず、批判している人や保護者っているじゃないですか。
逆にお尋ねしたいのですが、自殺を招いた恐ろしい高校に、自分の子供を通わせたいと思えるのでしょうか?
ましてや、この件については解決(新たな方針)もされていないのです。自分の子供を、そんな高校に任せられます?
(それでも「自分たちには関係ない」と言えるのであれば、それは完全に人非人です)
最悪の事態根絶のためには、これが最も目に見えて分かりやすい方法なのです。

ついでに、「子供の人生が・・・」などと申している人にひとこと。
スポーツをメインにしている学校はいくらでも存在しています。
そもそも、志望校の入試を受けられなくなっただけで、ああだこうだと嘆くようでは、スポーツ界には向いていません。
・・・こんなことで塞ぎこむ子供は、きっと大成することはありません。
そういった意味では、早めに自身の才能有無を知ることのできた素晴らしい契機になりましたね。

「生徒を自殺へと招いた」
・・・ひとつの過ちが、大きな波紋となりました。
これは、その学校にいる全ての教師の責任です。
つまり、犯罪者である顧問の行いを見て見ぬ振りしてきた周りの教師たちも同罪、という意味です。
・・・もし、制することができていれば、このようなことは起こりませんでしたからね。

さて今回、教育委員会がこの件についての新たな方針を決めなかったことが影響したことで、橋下さんの意見が次々に発せられましたね。
その結果、橋下市長の考えている通りのシナリオになりました。

橋下市長は、かなりの切れ者であることを、改めて思い知らされました。
この人の発言を聞いていて、面白いぐらいに、この人の言っていることに間違いがありません。一々、的を射ているんですよ。

橋下さんの考え及び行動には、感嘆をも通り越し、恐怖さえ感じております。
(あえて悪い言い方をすれば、独裁者というべき存在です)
しかしながら、自身の意見や行動を貫いている彼を見る度に、こういう人物を持った大阪は幸せだと思いましたね。
・・・こういう人物が、九州にもいればいいのですが。

というわけで、生徒には気の毒で仕方ありませんが、命を殺めた桜宮高校などはきっぱりと諦めましょう。
この時期の進路変更は、かなり厳しいことを知っています。
・・・しかし、命を奪われるかもしれない高校を選ぶよりかは、断然良いはずです。命を絶つシナリオなんて、誰が望みます?
橋下さんの言っていた通り、命さえあれば、何度でも挑戦、挽回することはできます。
そして、新たな道を切り開いていくためには、挫折は付きものです。

夢を持っていた生徒たちの弊害だと言われますが、同じく夢を持っていたその先輩が命を落としていることをお忘れずに。
今回は、真に命の重大性を知るきっかけになりましたね。
(しかし、ここまで影響を与えるとは、自殺した生徒の執念かもしれませんね)

しかし、最も考えなくてはならないのは、在籍中の二年三年をどうするかですよね。悪しき伝統の真っ只中にいるのはこの生徒たちですから・・・。
体育会系らしく、何かしらの連帯責任を負わせてもいいかもしれません。(冗談です)

迷走する元首相

先週の話題ですが、鳩山元首相が中国訪問にて、売国奴行為をしましたね。

彼は、尖閣半島の係争地発言、南京大虐殺関連発言などと、自己アピールゆえに、日本を裏切った形を取りました。
同時に、自民党の足を引っ張る形となり、かつ自身の築いた民主党崩壊の一歩を招きました。
民主党外交最高顧問という立場での行動なため、民主党全てが「売国奴」ということになり、それを知らしめる結果となりましたね。
国民からの信用を失墜させたことで、民主党そのものを終わらせることになりました。
・・・もう戦うことはできないでしょう。

鳩山由紀夫氏については、凄まじい批判がされていますよね。
さすが宇宙人と呼ばれていただけに、行動が読めません。
こういう人が、元首相だったとは、本当に情けなく思います。

それにしても、これでは中国の思う壺ではありませんか。
中国は、「元首相」である鳩山氏の発言を利用し、日本に対する攻撃材料を得ることになりました。
鳩山氏本人は、中国に歓迎されていると勘違いされているようですが、「鳩山由紀夫」ではなく「元首相」ということに歓迎しているのです。
この中国の策略をも読み取ることのできなかった鳩山氏は、かつての発言「愚かな総理」そのものとなりました。

この人、もう日本にいられないのではないでしょうか?
そもそも、鳩山氏は議員ではありませんから、別の方法で合法的に糾弾する必要があると考えます。
つまり、国益を被った罪として糾弾され、逮捕されるべきなんですよ・・・。

四年前ぐらいでしょうか、自民から民主に政権交代がされたのは。
当時より民主党については、直感的に好感を持つことができず、「なぜ民主党に政権が・・・」と思ったものでした。

自民党及び安倍首相には、名誉挽回のためにも頑張ってもらいたいですね。

プロフィール

霊睡蓮

名前:霊睡蓮
1989年生まれ/大分県/AB型
コノ怨ミ……晴ラシテミセル……
根に持つ性格で、受けた怨みは一生忘れない。
プロフィール詳細

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブログランキング

FC2Blog Ranking

訪問者数