稲川淳二 怪談『大きな顔』

声帯模写で有名なSさんという方と、仕事でご一緒だったんです。
それは九州の大分へ向かう飛行機の中で、二人で話をしていたんです。
そしたらSさんが「俺、妙なもの見たんだよ」って言うんですよ。

それは、このSさんが仕事で、地方に行った時の話だって言うんですよね。
時間があったもんで、宿でゴロンと横になっていた。
ところが何だか妙な感じがしたって言うんですよね。
その妙な感じというのが、何となく誰かがそばにいるような感じがしたって言うんですよ。
そんな遅い時間じゃないんですよ。
それでなんだろう、気のせいかなって思って、一応辺りを見たんですけどもちろん誰もいやしない。
でも確かになんだか嫌な感じがするんだよなって、何気なく障子の方を見てみたら、影が映っているって言うんですよ。
それが妙な影なんで、何だろうあの影と思った。

外にある木が映っているとかそういう感じじゃないんですよね。
そしてしばらくボーッと見ているうちに、あらーっと思った。
それ、大きな人の顔だって言うんですよ。かなり大きな人の顔だ。
でも何となくバランスがおかしい。
でもどう見たってそれは人の顔になっているんですよ。
でもそんな影が映るわけないんで、これは影が映っているんじゃない、そこには顔があるんだ。
でもこんなでかい顔はありえない。
何だろうこれは、って思って、やけに気持ちが悪かった。
淳ちゃん、ただそれだけなんだけど、そしてその顔、スッと消えたんだよ。
何だか嫌な気分がしてね。
何であんなもの見たんだろうなあ。夢じゃないよ、もちろん。
そんなことがあったんだよね。
ってSさんが話をしてくれたんですよ。

その後なんですよね。
Sさんが付き合っている女性に、包丁で滅多刺しにされて亡くなったって事件があったのは。
でね、それが何だか引っかかるんですよ。

それからしばらく経ちまして、ラジオの番組をしていた時の事です。
私はゲストコメンテーターで出ていたんですよ。
まあ、色々相談事を受けるんですが、どうしても怪談っぽい話が多くなるんですよね。
そんな時に70いくつかのおじいちゃんなんですがね、夜にフッと起きたならば、自分のすぐ近くでもって大きな顔を見たって言うんですよ。
この話を聞きながら、私は、あれ?って思った。
これが割と頻繁に見るようになったって言うんですよね。

廊下に出ると、廊下に大きな顔があるんですって言うんです。
しまいには、トイレに行くとトイレに大きな顔が待っているって言うんです。
そしてその顔が真っ赤な大きな顔で、自分の目の前にボーンとあるんだ。
怖いというより、気持ち悪いというより、妙に嫌な感じがしたって言うんです。
その言い方、私がかつてSさんに聞いた同じような言い方をするんですよ。

妙に怖くなりましてね。
それで、ちょっと待って下さいよ、と。
「もしかすると失礼ですが、ご自分の身の回りで持って、腹が立つことだとか、何か気にしていることってあるんじゃないですか?」
って聞いたんです。
そしたら、「ええ、実はあるんです」って言うんです。

それで私もう一回聞いたんですよ。
「それは失礼ですけど、ご家族とか、ご自身の身の回りにすごく近いことじゃないですか?」って。
そしたら、「ええ、そうなんです」って言うんです。
話は進んでいくんですけど、なかなか話の核心を言えないんですよね。
それで結果的には、局にも了承を得て、
「じゃあ、番組が終わった後、電話でもって少しお話ししましょうね」
と電話で、お話しすることになったんです。

そうしたならばこの方は、土地の事や財産の事でお兄さんと、揉めているって言うんです。
お兄さんといっても、お兄さんもだいぶいい年なんですよ。
それでそのお兄さんと揉めてるって言うんですよ。
「実は稲川さん、その顔を見てからなんですがね、私本当に兄を殺そうと思って、包丁まで用意してたんですよ」
ってこの方が言ったんです。
それで私が、
「こんなことは赤の他人である私が言うのは申し訳ないんだけど、実は私の知っている芸人さんで、Sさんという方がいましてね。その方、包丁で滅多刺しにされて亡くなったんですよ」
って言ったんです。
「そうですか……、そうなんですか……、あの包丁捨てますよ」
って言ってましたよ。
その後の話は何も聞いていませんが、この「大きな顔」には何かあるようですね。
自分の身近で何か腹立たしい事や、自分の身近で何かあった時に、その大きな顔って現れてくるんでしょうかね。
それはもしかすると、自分の心かもしれませんよね。


これは、かなり気味の悪い話。
稲川さんは最後に、「大きな顔の正体は、自分の心かもしれない」と語っていますが、相手方の怨念や生霊だったとも考えられますよね。
スポンサーサイト

学校であった怖い話S

今回は、PS『学校であった怖い話S』を紹介します。
このゲームは、SFC『学校であった怖い話』のリメイク版となります。

女性主人公が追加され、主人公の性別を選択できるようになりました。
それぞれに専用のシナリオも追加され、シナリオの数は前作よりも増えています。

登場人物の役は、前作はゲームスタッフでしたが、今作は劇団員の役者が演じています。
そのため、特に登場人物の一人である新堂誠は、前作の外見イメージやBGMが変わっているため、かなり違和感があります。

PSということもあり、グラフィックが前作よりもリアルとなり、より一層、不気味な雰囲気があります。
シナリオは、前作のシナリオと新規のシナリオとが加えられた形で、全て新しいシナリオというわけではありませんが、十分楽しめます。
BGMはオリジナル曲の他、SFC版のアレンジ曲もあり、さらに怖くなっています。
特に荒井昭二のテーマは、前作は神秘的なイメージでしたが、今作は不気味なイメージになっています。

ファンの間では、このゲームをSFC版の劣化と考える人もいるようですが、私はSFC版もPS版も好きなので、両方楽しむことができました。
学校であった怖い話シリーズの中では、SFCに次いで好きなゲームです。

関連記事 『学校であった怖い話』

トロと休日と幽霊

PS2『トロと休日』は、主人公のポケットピープル「井上トロ」と、のんびり休日を過ごし旅の思い出を作るゲーム。

実はこのゲーム、幽霊が映り込んでいるということで有名です。
もちろん意図したものではなく、このゲーム自体は癒し系ゲームです。

これが噂される心霊画像です。


大きな顔をした不気味な幽霊が映っています。
しかし実際は、幽霊ではなく「シミュラクラ現象」だと考えられます。

シミュラクラ現象とは、三つの点が集まった図形が、人の顔のように見える現象。
人間の脳は、点や線などが逆三角形に配置されたものを見ると、本能的に顔と判断してしまう。

前漢の宦官・石顕

中国前漢時代、元帝に寵愛された宦官・石顕せきけんがいました。

石顕は、若い時に「宮刑」に処された人物で、宮中では「中黄門」や「中尚書」に当てられました。
後に「中書僕射」として出世もしています。

時の皇帝・宣帝が崩御。
次期皇帝に元帝が即位すると、元帝は政治よりも音楽に傾倒してしまいます。
その時、信用の置ける外戚や官僚たちがいなかったため、宦官・石顕に政治を任せてしまいます。

石顕は、世の中に詳しく、また元帝の気持ちを素早く読み取ってしまうほど、頭の良い人物でした。
また、人柄が真面目で、信頼できる雰囲気を持っていました。
しかし、彼は大変陰湿で腹黒い性格の持ち主だったのです。

そのことを察した将軍たちは、元帝に諫言を入れています。
彼らは、国にとって恐怖になりえる石顕を、排除しようと試みたわけです。
ところが、この諫言は元帝に聞き入れてもらえず、逆にその将軍たちは、石顕の謀略により自殺に追い込まれてしまいます。

その後も石顕に対し、批判や糾弾を行う者たちは、次々に処刑、失脚、自殺に追い込まれることになりました。
また彼は、元帝に色々と問われないように、機嫌取りや誠意を見せる言動などを演じていました。

こんな姑息なこともやっています。
自分がどれだけ嫌われているのかを、わざと皇帝に見せたことです。
石顕は、「宮門が閉じた夜間をわざと出入りする」ことを元帝に予め申し出ておき、これを行った自分を告発する者がいるかどうかを検証します。
案の定、「石顕が夜間出入りをしているから罪に問うべきだ」と告発する者が現れます。

石顕は「私を嫉妬して陥れようとする者がいるということです。国の重要な役を任せられながらも皆を喜ばせることができず、天下から恨まれております。やはり私は、後宮の雑用が似合っているのです」と言い、元帝に憐れみを演じます。
結局元帝は、石顕にすっかり惑わされてしまい、彼に莫大なる恩賞と慰労を与えています。

その頃世間では、石顕が以前陥れた儒学者のことで、再び批難されるようになっていました。
石顕は、知識人たちの歓心を買うため、比較的控えめで礼儀正しい者たちを高官に推薦、これにより自分の悪い噂が立たないように情報操作まで行いました。

これにより、ますます石顕は、世間から恐れられるようになります。
しかし、彼の栄華は、やはり哀れなものでした。

時の皇帝・元帝が崩御。
次の成帝が即位すると、石顕は「長信中太僕」に左遷されてしまい、後に国の丞相たちが石顕の悪行をまとめた書簡を提出。
これにより、石顕及び彼を支持する一党は罷免されてしまいます。

石顕は、家族と共に故郷に帰る途中、精神が病み、食事を通さなくなります。
結局、先の見えない路頭の中、彼は哀れにも朽ち果ててしまい、終焉を迎えたのでした。


漢王朝の宦官といえば、どうしても後漢のイメージが強いですよね。
「前漢は外戚、後漢は宦官によって滅んだ」と言われるぐらいですから。
しかし、前漢王朝にもそのような邪悪な宦官は存在していたわけです。

この石顕という宦官は、大変頭の良い人物であることが分かると思います。
だけれど、人を陥れたりなどをすれば、いずれその報いを受けることになります。
こういう歴史を知る度に、やはり人に対しては慈悲深い態度でいなければならないものだと感じさせられますね。

後漢の桓帝

中国後漢末期に、桓帝かんていという皇帝がいました。
この皇帝は、宦官の力を借り、外戚勢力であった梁冀りょうきを誅殺したことで知られています。
しかしながら、これを契機に「党錮とうこの禁」が発生、外戚及び士大夫勢力は弱まり、宦官たちの独裁政治を招いてしまいます。
まさしく、暗黒の時代といえるでしょう。

まず、梁冀という男を簡単に説明しておきます。
父の名を梁商といい、先帝の時から仕えていた臣下で、とても優秀な人物でした。
その梁商が亡くなった後、彼が就いていた「大将軍」の位が、息子の梁冀に引き継がれます。
梁商の娘(梁冀の二番目の妹)を梁妠といい、彼女は順帝時代の皇后になります。

その順帝が崩じ、次期皇帝に2歳の冲帝ちゅうていが即位。
梁妠が、「梁太后」として摂政することになりますが、冲帝はわずか翌年で崩御。

梁冀たちは、8歳の質帝を即位させます。
案の定、政治の実権は全て梁冀たちが掌握しました。それを不満に思った質帝は、梁冀に対し「跋扈ばっこ将軍」と揶揄。
梁冀は、幼いながらも聡明な質帝を操るのは不可能と判断。
質帝を毒殺します。

臣下たちの諫言を無視し、梁冀は、15歳の桓帝を即位させます。
(梁冀の意見に苦言をもらした臣下は、のちに殺害され、世間を失望させる)

梁冀の一番下の妹・梁女瑩が、桓帝の皇后に取り立てられ、様々な特別待遇を受けるようになります。
さらに、梁冀の専横はひどくなり、彼の妻・孫寿の一族まで影響を与えました。(梁冀が豪邸を建てると、妻の孫寿もそれに負けじと豪邸を建て、張り合う始末)

梁太后(梁妠)は、政治の実権を桓帝に戻すように遺言し、崩じます。
しかし、兄の梁冀は、全く省みることなく実権を握り続けました。
のちに梁皇后(梁女瑩)も崩御。
この時、桓帝のもうひとりの皇后であった鄧猛女(梁姓と偽っている)が、梁氏ではなかったことが露呈。
ついに桓帝は、外戚勢力である梁氏一族の誅滅を決意します。

桓帝は、5人の宦官(彼らを「五候」と呼ぶ)と謀り、梁冀の豪邸に兵を差し向けます。
兵に包囲された梁冀は、成す術が見つからず、ついに自殺を選ばざるを得なくなりました。

その後、梁冀の財産(国家租税の半分を占めていた)は没収され、梁氏一族のほぼ全てに当たる300名以上が粛清されました。
その影響で、朝廷での人材不足が発生したと、史書は伝えます。

梁冀誅殺後、絶対権力を奪還した桓帝は、功労者である五候に、様々な恩賞と特別待遇を与えました。(五候以外の宦官たちにも)

ところが、梁冀を排除したものの、今度は宦官たちに権力が集中することになりました。
宦官に対し、養子や財産相続を認めたことで、賄賂政治が行われるようになります。
案の定、梁冀の時代よりもひどくなり、政治は腐敗します。

これに反発した士大夫・大学生・官僚たちが、宦官こそ誅滅すべきだと弾劾し、「党錮の禁」が全国的に行われるようになります。
しかし、そのことをすでに予見していた宦官たちによって、逆に弾圧されてしまい、厳しい拷問にかけられてしまいます。

そんな中、多大なる負担と腐敗を残し、桓帝は崩御します。

後漢王朝は、外戚と宦官の政争が激しく、さらに豪族たちが虎視眈々と狙っている、大混乱の時代です。
これを決定的にしたのは、桓帝・霊帝の時代です。

かの諸葛亮は、「つまらない人物を登用し有能な人物を退けたことこそ、後漢が衰退した理由です。先帝(劉備)と私は、いつもこの事を話しており、後漢の桓帝・霊帝の事を嘆いたものでした」(『出師の表』より参考)という意味の文章が書かれています。

桓帝は、暗愚と評されていますが、実際、自分の手足のように動いてくれる忠実な臣下は宦官のみだったわけです。(その他の臣下は、梁冀の息がかかっている)
当然、宦官に頼ってしまうのは、普通のことではないでしょうか。

ちなみに、桓帝の「桓」の諡号は、「美諡」となります。(「桓」の意味:武力によって四夷を征すること)
彼には決して、武の才能があったわけではありません。
ではなぜ、暗愚なはずなのに、良い諡号が送られているのでしょうか。

桓帝の時代、ローマ帝国のマルクス・アウレリウス・アントニヌスが派遣させた使者が、入朝しています。
その事で「大漢帝国を知らしめることができた」という理由から、この諡号が贈られたと考えられます。
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

プロフィール

霊睡蓮

霊睡蓮(レイスイレン)
1989年生まれ/大分県/AB型
コノ恨ミ……晴ラシテミセル……
根に持つ性格で、その恨みは呪いを以て晴らす。
プロフィール詳細

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数