死と運命

私は、心霊もの、怖い話、怪談などが好きで、様々な体験談を聞いたりしています。
それで分かったことは、「死」に関するものは、だいたい共通しているということです。

というのは、人は死期が近付くと、死臭を発するそうなんですね。
で、相手の死臭を感じることのできる人は、それで気が付くそうなんです。「ああ、この人はもう死ぬんだな」と。
寿命だけでなく、事故や事件に巻き込まれる形で死ぬパターン、自殺なども含まれています。

また死の間際、黒い人間(俗に言う死神)が迎えに来ると言いますね。
稲川淳二さんの話にも登場したし、その他別の体験談でも似たようなことを聞きます。
死臭の正体は、人間にまとわりつく死神自身なのかもしれません。

で、死にまつわる話を聞いていて、ふと思ったことがあります。
死とは、すでに決められている「運命」なのではないかと。

よく「自分のせいで、あの人が死んでしまった」や「あの時、引き留めておけば」などと、深く、それも人生を捨てたように後悔される方がいます。
しかし死臭の件から分かる通り、相手の死はすでに決められているわけで、その人はただ「契機」になったに過ぎないのです。
これで悩んでいる人こそ、被害者なのではないかと、私は思うわけです。

契機となった理由は、やはり「魂のテーマ」だったのではないでしょうか。
魂のテーマは、人それぞれ異なります。
今回は、「○○さんの決められた死を手引きする」といった感じで。

悩み苦しんでいる人に、伝えてあげたいですね。
死を招いたのは、あなたではなく、もう決められている「運命」であることを。
死への流れは、神仏による天命ですから、悩む必要などないかと。

死というものは、誰も体験していないから怖いわけであって、実際はどうなのかは分かりません。
しかし死後の世界は、一般的にイメージ化されている世界そのものだと、私は思います。
人間が想像する世界と霊界はリンクしているっていいますからね。

想像したことが妙に実現する体験ってありませんか?
私は結構あります。(それまでに時間が掛かるから、今更感があります)
そういった意味でもやはり、人間の精神・行動は、霊界では筒抜けなわけですね。
スポンサーサイト

書籍『後宮の世界―仰天!歴史のウラ雑学』

『後宮の世界―仰天!歴史のウラ雑学』(著:堀江宏樹)を紹介します。
世界中の後宮事情を書き記した雑学的歴史書で、禁断の愛物語がまとめられています。

後宮で暗躍した人から歴史上有名人物まで幅広く扱っていますが、後宮そのものを紹介しているわけではありません。
いわゆる女性文化史として理解すれば、良いのではないかと思います。

憎悪や嫉妬、絶大なる権勢、同性愛、残酷な策略など、男女間に生じる様々な裏話を知ることができます。
個人的には、日本・中国編を楽しく読ませていただきました。
ヨーロッパ編は、私自身得意分野ではありませんが、今まで知らなかったことを学ぶことができ、得した気分になりました。
後宮の女性を扱っているので、案の定皇帝や権力者が登場し、おのずと西洋史を学ぶことができたという経緯です。

日本編については、後宮「大奥」の実体を、マイナーからメジャーな人物まで光が当てられており、日本史に疎い私でもとても勉強になりました。

古代日本の貴族文化では、常に美しいものを追い求めています。
彼らにとっての「究極の美」とは、実在するものよりもむしろ、理想化された世界そのものだったそうで。(現在で言うところの、二次元萌えのことでしょうか?)
また、「触ることさえ憚れる禁忌こそが美である」と、根付いていたようです。

つまり、その「禁忌」とは、「同性愛」のことを言っています。
しかも、美少女ではなく美少年・青年こそが、超越的な「美」そのものとして、意識されていたとか。

そもそも日本の戦国時代などは、「衆道」と呼ばれ、男性同士が結び付くことはよくあること。(戦場に女性はいませんから、おのずと同性に)
貴族文化で生まれた「美」というものは、少なからず武士たちにも伝わっていたのかもしれませんね。

中国編については、宦官や纏足女性なども紹介されており、あの「断袖」という言葉を生んだ哀帝と董賢のエピソードもあります。
余談ですが、漢時代の同性愛はむしろ、「オシャレで新しい」という認識だったそうで、六朝時代にはブーム化したそうです。

ヨーロッパ編について。
個人的に、イタリアの「カストラート」(去勢男性歌手のこと)やフランスの太陽王からマリー・アントワネットのことなどが、印象に残っています。
というより、この本書自体が、ヨーロッパ編に傾いています。

カストラートについては、俗に言う宦官とは異なります。
むしろ、カストラートは貴族階級の人たちで占めており、少年時代の美声を保つため、去勢男子となるものです。(少年時代に去勢すると、声変わりしない)
あの音楽作曲家・ハイドンは、少年時代、去勢することを真剣に考えていたそうです。
美声を持つハイドン少年にとって声変わりとは、少年合唱団で得た職を失うことを意味していました。
しかし、結局カストラートとなる人生は頓挫します。
その代わり、彼は作曲家としての人生を歩み、数々の偉大なる作品を残しています。

彼がカストラートにならなくて、良かったと思いませんか?
当時はカストラート全盛期であっても、録音機材の無い時代。
ハイドンが大物カストラートになり、歴史に名を残したところで、現代人にその美声を聞かせることはできません。
それに、彼がカストラートとして活躍していたら、偉大なる作品たちはきっと生み出されなかったことになります。

と、本書でそのように説明されていましたが、全くその通りだと思いましたね。
生涯の間だけ栄華を極めるのも面白いと思いますが、やはり未来にまで貢献(作品を残す)することこそ、最も重要なのではないかと感心させられました。

前述の話は、本書の一部に過ぎず、ほとんどの大部分は、男女間や女性関係の話です。
そういった意味でも、少し官能的な話(過激ではないと思う)が多いのですが、雑学的知識として吸収することができ、大変面白い勉強になると思います。
ぜひとも、興味を持った方は、読んでみることをオススメします。

漢字文化圏の事情

ご存知の通り、中国・台湾・日本・朝鮮半島・ベトナムは漢字文化圏。
その内、日常生活で漢字を使用しているのは、本家中国と台湾はもちろんのこと、日本だけとなりました。

ベトナムと韓国は、ほぼ漢字の使用がされなくなり、北朝鮮では公式に漢字廃止を宣言しています。
ただし、漢文の教育だけは行われています。

漢字文化圏とは、中国皇帝からの冊封を受けることで、中国の思想・制度・文化を取り入れてきた地域一体を指します。
ベトナムと朝鮮半島は、中国の属国だったため、消極的ながらも取り入れざるを得ませんでした。
しかし、日本の場合は、中国皇帝が日本天皇を認めたことにより、中国と「同格」になりました。つまり、日本は唯一中国に屈しなかった国です。

ところが、極東に位置する日本では、文化発展を参考にできる国が中国大陸しかありません。
そこで日本は、積極的に中国文化を取り入れることで、国家体制の基盤を確固たるものにしていきます。
ちなみに日本の場合、儒教・科挙・宦官制度だけは取り入れていません。(元々取捨選択に優れており、日本では馴染まないだろうと判断したのだと思う)

したがって、ベトナムと朝鮮半島は、半ば強制的に中国文化を取り入れていますが、日本の場合は、自国を発展するために、あえて取り入れてきたのです。

視点を朝鮮半島に向けます。
現在の韓国は、ハングル文字のみが使用されており、漢字の読み書きができない人が大半を占めています。(「大韓民国」を漢字で書けないそうです)

東アジア史の文献・書物は、当然漢文で書かれています。
しかし、現在の韓国人はそれらを読むことができないため、真実を知りません。
韓国の教育では、「韓国は、唯一日本に侵略されたのが汚点だ」的なことを教えているそうで、国民は「中国の属国時代」を知らないというから、驚きです。(日本統治時代以降のみを教えているため)

で、そんな韓国政府は、中国の属国時代を払拭させたいためなのか、漢字を実質的に廃止しています。(公式ではありません)
韓国は、「世界で最も優れた文字はハングル」と誇張し、漢字廃止に至ったのだと主張しているようです。
中国からは、「漢字は韓国が発祥だと主張していたのに、なぜ廃止する?」と皮肉を言われるほどです。

しかしながら、漢字という便利な文字を捨てるなんて、韓国も愚かなことをしたものです。
ハングル文字は、日本の平仮名と同じ役目になるのですが、漢字を失ったことで「読みづらい文章」になってしまったことは言うまでもありません。
しかも、同音異義語の場合には混乱を招き、また漢字だけでまとめられるものを、わざわざ長文で説明しなければならないそうです。
文章が稚拙化することもあり、漢字復活の動きもあったそうですが、やはり弾圧されています。

そもそも韓国の漢字復活は、非常に難しいと思います。
若い韓国人が、「大清国属」と記された国旗を誇らしげに掲げていた画像がありましたね。当然「大清国属」の意味を知らずに国旗を振っているわけです。
(太極旗のデザインは、中国清王朝の属国旗をほぼそのまま採用)
それほど、今の韓国人は、漢字が読めなくなっている証拠なのです。

漢字が大変優れた文字だということが分かりますよね。
実際、本や小説など、漢字のみに目を通して読み進めている人がいるそうです。漢字一文字でも必ず意味が含まれているため、読解できるわけです。

戦時中、日本でも漢字廃止論があったそうですが、やはりその議論は淘汰されています。
古代日本より使用されており、かつ大変便利な漢字をなぜ捨てる必要があるのかと、結論付いたようです。
それに比較し、優れた漢字を捨てることを選択し、自国のプライドを保持しようとした韓国は、とても哀れで仕方ありません。

ちなみに、日本語のひらがな・カタカナは、漢字を元に作られています。
もし漢字自体がなかったとすれば、ひらがな・カタカナも存在しなかったことになります。

日本の場合は、難しい漢字を書く時、カタカナで誤魔化すことができるから大変便利です。(当然中国は漢字で書かなくてはならない)
昔の電報などは、カタカナが使用されていますよね。
個人的に、カタカナ文章は暗号に見えてしまい、なかなか読み進められない自分がいます。

近代中国の漢字70%が、日本漢字の逆輸入ということを知っていますか?
今まで使われていた中国漢字は画数が多く大変複雑なため、比較的分かりやすい日本漢字に目を向けたわけです。

さて、今回の記事内容を、全て平仮名のみで記したとしたら……。
膨大な文章となり、一々文節を区切りながら読み進めなくてはなりません。
ええ、冒頭から読む気力が削がれることは、想像に難くないかと思います。

書籍『最後の宦官秘聞』

『最後の宦官秘聞―ラストエンペラー溥儀に仕えて』(著:賈英華)を紹介します。
最後の宦官・孫耀庭が、皇帝・皇后・王侯貴族に仕えた記憶を辿った話で、それを中国の作家が代筆したものです。

大清帝国末期、ある貧しい村に生まれた孫耀庭は、金持ちを見返すために、宦官になることを決意。
(宦官になると、ある程度の立身は約束されるが、9割が下級宦官で終わる)
彼は、宦官になったものの、すぐには皇帝のいる紫禁城に入ることはできません。
まず、王府に入ることから始まり、最終的に皇帝や皇后に仕えることになります。

私はてっきり、宦官になれば必ず宮廷に配属されるものかと思っていましたが、そういうわけではなかったようです。
王府で皇族に仕えることが第一歩であり、そこから宮廷入りを志していきます。(宮廷入りにより、正規な宦官として認められる)
といっても、王府に宮仕えできるかどうかも難しいようですね。

両親は、彼を宦官にしてしまった後悔もあってか、村の塾に通わせることにします。
その後、塾講師のツテによって、孫耀庭は王府に入ることができました。
宦官のほとんどは、読み書きができませんから、のちに彼は重宝されることになります。

で、何だかんだと困難がやって来るわけですが、どうにか紫禁城で仕えるまでになります。
しかし、紫禁城は、厳しい礼儀作法・規律(各王府とは桁違いの難しさ)が存在し、一歩間違えれば死罪に至るほどです。
まず、新入り宦官は、師父と呼ぶ上級宦官に仕えることから始まり、昼夜問わず近侍する必要があります。
孫耀庭は、どうにかそれらを切り抜き、各仕事をこなし、ついには皇帝・皇后に仕えることができました。
そして、清王朝、満州国、新中国と時代は目まぐるしく変わり、孫耀庭は身を持って波乱万丈な一生を経験していくことになります。

最終的には、中国政府からは国宝的人物に指定され、多くの人々から大事にされることになります。
孫耀庭は歴史の生き証人ですから、彼を訪れる人は中国人に留まりません。
あの映画『ラストエンペラー』の監督及び製作関係者も、実際に彼と会って、参考にしていたそうですね。

宦官については十分参考になりましたが、それと同時に、宣統帝・溥儀についても理解することができました。
溥儀といえば、どうしても日本の操り人形で、気弱で大人しそうなイメージがありますよね。
しかし、彼は非常に気性が荒く、捻じ曲がった性格をしていることが、本書により理解できると思います。
溥儀は、性的不能者もしくは同性愛者なのではないかと、よく囁かれていますよね。
皇后との不仲に関しても明らかですし、何より同性愛者というのは事実のようです。(彼のパートナーである使用人や宦官もいたようです)

紫禁城での生活は、とても面白く、大変興味深いものになっています。
一般的に、後宮奥深くに生活する皇帝や皇后、そして宦官たちの生態は謎に包まれているだけに、この本書は様々なことを知り得ることができます。

個人的には、紫禁城もそうなのですが、満州国での溥儀及び宦官たちの生活が気になっていましたが、それらも詳細に記されています。
満州国の宮殿「満州国帝宮」(日本天皇の「皇」に配慮し、皇宮とは呼ばない)での生活は、紫禁城の時よりも厳しく、まさしく生き地獄だったと語られています。
溥儀自身も猜疑心に蝕まれ、常に精神が乱れているのが印象的です。

この孫耀庭という宦官は、つい最近まで生きていたことに驚かされると思います。
彼は、1996年12月に死去しています。(享年94歳)
余談ですが、宦官になると、長生きするそうですから、94まで生きていても不思議ではありません。
男性ホルモンが分泌されないことが影響しているそうですね。

宦官になり九死に一生を得た孫耀庭が、まず印象に残っていることは、癇癪を起こした溥儀に銃殺されかけたことを第一に思い出すそうです。
のちに溥儀は「あれは冗談だった」と笑いますが、孫耀庭は冗談のレベルではなかったと語ります。

詳細は、実際に本書を読んでいただければ、良いのではないかと思います。
多少、中国に関する知識が必要かもしれませんが、それらを無視して読み進めるのもアリだと思います。
しかしながら、本書を日本語訳してくれた方々に感謝しています。
原文はかなり難しく、相当骨折りの作業だったそうです。

最後に、この本書を読んで知り得たことは、「人脈やツテは絶対に必要」だということです。

ぼくのなつやすみ 8月32日

PS『ぼくのなつやすみ』は、主人公の少年が夏休みの間、田舎にある親戚の家で居候するアドベンチャーゲーム。
自然豊かな田舎を舞台に、昆虫採集、魚釣り、絵日記、洞窟探検など、遊びやイベントが取り入れられています。

しかしこのゲーム、実は不気味なバグが存在します。
終わらない夏休み……、8月32日というもの。



バグの方法
1、スタート画面の「夏休みの思い出」を選択。
2、攻略済みのセーブデータを読み込み、「夏休みの絵日記を見る」を選択。
3、「もどる」にカーソルを合わせ、↑キーを押す。
4、そのまま○を押し、「はい」を選択する。

これにより、8月32日を迎えることができます。

32日以降は、
・グラフィックがおかしくなる。
・家にも外にも人がいなくなる。
・BGMが再生されなくなる。
・フリーズを起こす。
・文字化けする。
・家から出られなくなる。
という現象が発生します。

BGMや蝉の声がなくなるだけで、一気に気味悪くなります。
主人公たちの体は崩れていき、絵日記はとても常人が書くようなものでなくなります。
本来はほのぼのするゲームなだけに、非常に不気味さを感じます。

因果の法則

「類は友を呼ぶ」ということわざがあります。
これは実に、理に適った言葉だと思いませんか?

学生時代などを振り返ってみると、何だかんだで似た者同士が集まっていたはずです。
明るいグループ、地味なグループ……彼らのなり振りを観察していると、性格が分かってきます。
これは決して、趣味や好きなものが一致しているから、というわけではありませんね。
現に私などは、今まで会ってきた友人たちの中では、ポケモンぐらいしか趣味が一致したことがありませんから。(その他の趣味で意気投合したことは一切ない)
もちろん、趣味・好みが180度異なる人もいました。
しかし、なぜか話していて楽しいものなのです。

これは、魂レベルが影響しています。
自分と同レベルの人たちと、自然に集まるようになっているのです。
中には、性格も好みも全く違うのに、と不思議に思う方もいるはずですね。
これこそ、如実に表されている事柄ですよ。

レベルが同じか、もしくは相手が自分に合わせてくれているのか、どちらかです。
あこがれる、尊敬できる人物って、皆さんの意識に存在していると思います。(先輩・後輩関係なく)
そういう人物は、確実に自分よりもレベルが高い場合が多いです。
ゆえに、接する機会がある場合、相手はレベルを落とし、あなたに合わせてくれます。
もし、あなたが今のまま変わりもしなければ、きっとその尊敬している人物とは、会えなくなります。
面白いことに、自分・相手が意識せずとも、「自然」に縁が切れるようになっているのです。

あなたにとって、なぜだか分からないけれど、「嫌な人」っていますよね?
それは、相手の魂レベルが自分より低いことを示しています。
そういう人とは、関わらない方がいいのですが、意識せずとも縁が切れるようになっています。
もちろん、あなたの魂レベルが今以上の数値になる必要がありますが。

「人は自分の鏡」ともいいますね。
相手の持つ負の部分は、自分にも当てはまる節があるということです。
以前、ブログでも語りましたが、事あることにマイナス・ネガティブ発言をする人がいました。(それ以外はとても良い人)
こちらまでブルーな気持ちにさせ、なぜ私が励まさなくてはならないのか、と内心腹を立てることもありました。
しかし、これはまさしく私自身なのではないかと、気が付かされたのです。
私にも、いくつか思い当たるところが見受けられたわけですね。

今では出来る限り、悲観的な発言はしないように努力しています。
ちなみに、その人物とは一切会っていませんから、自然と縁が切れたのでしょう。

では、自分のレベルを上げる方法を簡単に伝えます。
それは、「徳を積む」ことです。
そして、悪行を行わないこと。(人間から見られていなくても、霊界からは筒抜け)
さらには、全ての事柄への「感謝」ですね。
皆さん、こんな簡単なことができないのが、人間なんですよ。
だからこそ、人生は修行であり、同時に「試されている」ことに気が付いて下さい。

後は、レベルの高い人から、分け与えてもらうこともできますね。
やはり、そういう人たちに囲まれていると、レベルが上昇していくものです。

しかしながら、人との出会いは非常に面白い。
駅のホームで、同じ日時にタイミングよく、同級生に会ったことがあります。
これは偶然で片付けられますが、私にはそう感じることができませんでしたね。
または、守護霊による何かのメッセージだったのかもしれません。
ゆえにこの世は、「偶然」なんてものはありません。全て「必然」だと私は考えています。
「偶然」と片付けずに、「何か意味がある」と捉えると、人生の糧につながるのかもしれません。

友人を得たい、恋人を見つけたい、尊敬できる人と出会いたい、などと思っている人は多いですね。
上級霊格の人物と出会うには、やはり自分がそういう人間にならなければなりません。
なので、無理してそういう人たちと会っても、長続きはしません。

私は、自分中心ではなく、相手の幸せを祈ることができる人物を目指しています。
しかし、人間とは不思議で、人生に「余裕」が生まれた時に、この真理へとたどり着きます。
自分の生活で精一杯という人は「自分中心」のはずで、相手の幸せなど願っている瞬間など存在しませんから。
余裕とは、絵を見たり音楽を楽しんだりなど、自分の趣味を満喫することですよ。(お金があってこそのことですが)

今回語った、因果の法則については、私の意見・考え方も含まれていますので、全てを信じないで下さい。
ただ、真っ向から否定するのではなく、「一つの意見」として吸収すると、人間的成長につながりますよ。

明の宦官職

中国明王朝の宦官職には、
12監(司礼監・内官・御用・司設・御馬・神宮・尚膳・尚宝・印綬・直殿・尚衣・都知)、
4司(惜薪・鐘鼓・宝鈔・混堂)、
8局(兵杖・銀作・浣衣・巾帽・鍼工・内職染・酒醋麪・司苑)、
と細部に組織化されています。

これらの宦官職のことを総称して、「二十四衙門」と呼び、それぞれの宦官長官のことを「太監」と呼びます。
今回は、上級宦官が兼任した一部を紹介します。

司礼監しれいかん
玉璽の管理や詔勅の発信、儀礼などを行う宦官職となります。
「掌印太監」や「秉筆太監」が置かれると、司礼監の長官は「提督太監」と呼ばれます。
宦官の筆頭が「掌印太監」(司礼太監)となり、批答などを扱ったのが「秉筆太監」です。

東廠とうしょう
宦官を提督とする秘密警察。
錦衣衛(禁軍)より選抜されたメンバーで構成され、官吏の不正に対し、内偵・摘発などを行います。
しかし、宦官たちの権勢を招き、のちに邪悪な宦官・魏忠賢の執権として利用され、大獄を起こしています。

西廠せいしょう
東廠の第二の秘密警察。
宦官・汪直が提督となり、全国の王府から民間を対象とし、多くの密偵が送り込まれます。
摘発量は東廠を凌ぎ、しばしば大獄を起こしています。
のちに汪直が失脚したことで、廃止となりました。
しかし、正徳元年に宦官・劉瑾が再興します。
宦官の統帥権強化として、摘発が横暴しますが、劉瑾が処刑されたことで、再び廃止となりました。(以後は、東廠が警察・諜報の中心)


明の太祖・洪武帝は、歴代王朝の宦官による専横を知っていたため、宦官の教育や参政を禁止していました。
しかし、第三代目皇帝・永楽帝は、宦官を利用したことで皇位簒奪に成功しています。
ゆえに永楽帝は、士大夫よりも宦官を信任するようになったことで、宦官による権力集中の契機となりました。

明の宦官は、正徳年間では内閣に対する牽制力、成化年間には禁軍の統帥権をも掌握したことで、絶大なる権勢を誇るようになります。
さらに皇帝の寵愛を背景としていますので、宦官の権力は揺ぎなく増大する一方でした。
内閣の官僚とも癒着することで、腐敗政治を招き、明朝衰亡の大要因となりました。

不気味植物・マンドレイク



マンドレイク(マンドラゴラ)は、ナス科マンドラゴラ属の植物。

古代より、鎮痛・鎮静剤として使用されていた薬草で、のちに魔術や呪術、錬金術の材料として用いられるようになりました。
また、精力剤や媚薬の原料としても使われていました。
マンドレイクの根には毒があり、幻覚や幻聴、嘔吐を招き、最悪の場合は生死をさまよう神経障害を与えます。

マンドレイクは、絞首刑になった罪人の体液から生まれたという伝説があります。
成熟すると地面から這い出し、二つに分かれた根を足のようにして、辺りを徘徊すると言われています。
その根茎は、まるで醜い小人のような容姿をしています。

マンドレイクを引き抜くと、不気味な奇声を上げ、それを聞いてしまった人間は発狂して死ぬ。
マンドレイクの収穫にはリスクを伴うため、犬を使って、引き抜かせる方法を取っていました。

犬を繋いでいる縄をマンドレイクに括り付け、主人は遠くへ離れ、そこから犬を呼ぶ。
犬は主人のもとに駆け寄ろうとし、その勢いでマンドレイクが引き抜かれる。
マンドレイクの奇声を聞いた犬は死に、その代わり、無事マンドレイクを手に入れるというわけです。

マンドレイクは、架空のものではなく、実際に存在している植物です。
自生地はヨーロッパですが、日本には輸入されていません。
ナス科植物は、駆除の難しい病害虫が多いことで、輸入が禁止されているからです。
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

プロフィール

霊睡蓮

霊睡蓮(レイスイレン)
1989年生まれ/大分県/AB型
コノ恨ミ……晴ラシテミセル……
根に持つ性格で、その恨みは呪いを以て晴らす。
プロフィール詳細

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数