09
1
2
3
4
5
6
8
9
11
12
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
   

十常侍を牽制する宦官

中国後漢末期に、正義派宦官・呂強りょきょうという人物がいました。

後漢末と言えば、宦官たちが漢帝国を欲しいままに動かしていた時代。
幾度となく行われた政争「党錮の禁」により、反宦官派の党人(士大夫・官僚層)たちは、朝廷から追放されています。
この時、全国各地の士大夫派が惨殺され、厳しい拷問にかけられたそうですね。

霊帝の治世は、宦官集団「十常侍」が権勢を振るい、万民は恐怖と絶望に陥っていました。
さらに霊帝は、宦官たちに爵位を与え、十常侍・張譲や曹節などは列侯に封じられたほどです。
かの呂強は、都郷侯に封じられたのですが、なんと彼は、華族に列することを拒否したのです。

呂強は拒んだだけでなく、霊帝に対し「国の奸臣らに爵位など与えてはならない」と、上奏まで行いました。
・・・しかし霊帝は、彼の諫言を受け入れることはありませんでした。

霊帝は、金銀財宝を好み、私財を蓄えることを趣味としていました。
そのことについても、「天下の財は全て陛下のものであり、なぜ蓄財にこだわるのでしょうか」と、呂強は諫言を入れるのですが、やはり聞き入れられませんでした。

そんな時、中国全土より「黄巾の乱」が勃発します。
この事態に呂強は、「左右の奸臣を誅殺し、党人らの解放を薦めます」と、霊帝に進言。
武官・皇甫嵩も同様に促し、ついに霊帝は、党人たちの禁錮を解くに至ります。

・・・当然ながら、これらの事態を思わしく考えない宦官がいました。
そう、呂強に度々弾劾されていた十常侍です。
もし、このまま呂強の諫言が受け入れられるようになれば、自分たちの立場が危ないわけです。

十常侍・趙忠と夏惲は、呂強に対し、罵詈雑言の限りを浴びせました。
そして、逆に呂強を弾劾する上奏を行いました。
「呂強は党人らと謀り、皇帝を廃立しようとしています」

霊帝は、その上奏を信じ、呂強を疑うようになります。
そして、道理に暗い霊帝は、呂強を逮捕するように命じたのです。
これを知った呂強は、怒りと悲しみを抱き、自害することを選びました。

こうして、正義派宦官・呂強を失くし、数多くの知識層の人間が根絶やしにされるに至ります。
これは、後漢王朝崩壊を早める要因のひとつとなりました。

呂強の他に、「清忠」と称された数名の宦官たちが挙げられています。
彼らもまた、呂強と共に、邪悪な宦官を牽制していたことが分かります。

・・・宦官といえば、悪のイメージが強いかと思います。
しかし、呂強のような正義感の強い宦官も存在していたわけなのです。
スポンサーサイト

近世朝鮮の地位

ご存知の通り、朝鮮とは、オリジナルの歴史、文化を持たない、万年属国だった国。
今回は、近世朝鮮(清の属国時代)について、紹介したいと思います。

清の皇帝は、朝鮮に対して、冷酷に扱ったと言われています。
朝鮮王は、中国皇帝に対し「三跪九叩頭さんききゅうこうとうの礼」(土下座をし地面に額を打ち付ける行為)を持って、迎え入れなければなりませんでした。
しかも、皇帝だけでなく、中国の使者に対しても、同様に行っていたというから面白い。
・・・朝鮮王は、一国の王。
朝鮮にとって、大変屈辱的な行為であることは、想像に難くないはず。

挙句には、その様子を描いた「大清皇帝功徳碑」が建てられています。
その石碑は、まだ韓国に残されていますが、地元の人はその歴史・事実を知らないそうです。
碑文に漢字が使われているのが理由でしょう。(韓国人は、漢字が読めない)

ではなぜ、清の皇帝は、そこまでして朝鮮を貶めたのでしょうか?
属国支配とはいえ、敬意や礼儀といった扱いはあったはずです。
・・・実は、以下ような歴史があるのです。

当時、中国大陸を支配していたのは、明帝国。
そして、明帝国の冊封関係にあったのは、かの李氏朝鮮。
朝鮮はそれなりの地位を保持しており、上記のような扱いは一切ありませんでした。

そんな時、北方民族の女真族(満州族)が勢力を伸ばしていました。
そう、のちの清帝国を興こす民族です。
当時、女真族は「後金」という国を構えており、明帝国を脅かしていました。

朝鮮の宗主国は、中華の正統なる明帝国。
朝鮮は、明帝国の権威を盾に、女真族を「野蛮で秩序のない民族」として馬鹿にしていたのです。

しかし、明帝国は滅亡します。
それに取って代わったのが、清帝国となります。
実際は、逆賊・李自成によって明は滅ぼされており、清はあくまでも「明を滅ぼした逆賊を討つ」という大義名分のもと、侵攻しました。

清は、各地に残る明や李自成の残党を制圧するため、朝鮮に援軍を要求しました。
ところが、朝鮮は、それに応じませんでした。
朝鮮からすれば、清は明の正統を受け継いでいるようには見えません。
それゆえ朝鮮は、清に従うことを拒否したのです。

この態度に、清の皇帝は激怒。
かねてより清は、「明の後継王朝」というスタンス。
これを朝鮮は「認めない」と宣言した形になります。

こうして清は、朝鮮に武力を持って攻め込み、強制的に屈伏させるに至ったのです。

それ以降、朝鮮は、清の冊封国の中でも最下位に位置付けられ、屈辱の「三跪九叩頭の礼」をするのがお決まりとなりました。


朝鮮とは、古来より奴隷根性の染み付いた国です。
独自の文化もなく、挙句には北と南に分かれ、民族統一すらもままならない。
さらに、歴史ある日本や中国などの大国に挟まれ、強烈な劣等感を抱いている。

韓国起源説や文化略奪、歴史歪曲など、常識を逸する行動は、それらをよく表しています。
今も昔も全く成長がないことを、自ら知らしめているとは、哀れな国ですね。

ゲーム『ざくろの味』

今回は、恐怖系サウンドノベル『ざくろの味』(SFC)を紹介します。
ざくろの味は、結構マイナーなゲームなので、知っている人は少ないかもしれません。

ストーリーは、
『酷く冷える冬の晩、青年・土門は東京の5階建てのビルディング「中井ユニオンビル」に居を構える雑誌編集部を訪れていた。しかしそこへ突然地震が発生、ビルは地下へと埋没してしまう。決死の脱出劇が始まる』
となります。

主人公は土門、ヒロインは裕子で、その他登場人物が多数存在します。
またそれぞれのキャラは、青いシルエットになっており、全体的に『かまいたちの夜』を彷彿させます。
特にOL三人組が登場した時は、「これは意識しているな」と思いました。(かまいたちにもOL三人組が登場しているが、当然ながら別人たち)

最初のシナリオは、地下を舞台に、ゾンビと死闘する話です。
グロテスクな描写はあるものの、度を越す恐怖感はないかと思います。(私だけかもしれないが)

シナリオは四つに分かれており、ビルが沈没した地下には旧日本軍の研究所がある話や、編集部の正体が強盗団という話などが用意されています。
しかしながら、ボリューム感は、弟切草やかまいたちほどではなく、いわゆる短編小説といった感じです。

本作の主人公は、連載小説『月面のアヌビス』を執筆する作家という設定になっています。
実はこれ、開発元のイマジニア社から、実際にサウンドノベル『月面のアヌビス』として発売されています。(いわゆる姉妹関係)
残念ながら、私はそのゲームを持っていませんし、実際にプレイしたこともありません・・・。

また、ざくろの味は、発売翌年にサウンドトラックがリリースされています。
私は持っていないのですが、ゲームBGMを聞いていただければ、おそらく購入の価値はあると思います。

観葉植物・アンスリウム

今回は、アンスリウム(アンスリューム)について紹介します。
おそらく、学校や銀行などの公共施設で、見かけたことがあるかと思います・・・。

サトイモ科・アンスリウム属で、ハート形の花が特徴的な植物です。
色彩には、ポピュラーな赤色の他に、紫、白、緑の個体があります。(個人的には、紫色がお気に入り)
花言葉は、「煩悩」「飾らない美しさ」「印象深い」など。

ちなみに、ハート形の部分を「仏炎苞ぶつえんほう」といい、突起物を「花序かじょ」と言います。
花序とは、小さな花が凝縮して形を成している状態のことです。(アジサイが分かりやすい例)
要するに、仏炎苞は花びら、花序は花本体の役目を担っているということです。

アンスリウムの育て方。
基本的には、直射日光の当たらない明るい室内で育てます。
(夏場は涼しい場所で、冬場は最低温度10度以上の暖かい場所)

乾燥に弱いため、春・夏は、水を切らさないように注意しなければなりません。ただ、あまりにも水を与え過ぎると、根腐れを起こしますので気を付けて下さい。
逆に冬場は、乾燥気味にし、あまり水を与えないようにします。(二日に一回が最適)

また、高温多湿帯の植物なため、空中湿度を大変好みます。
年間を通じて、霧吹き等で加湿することを忘れずに。

植え替えは、二年に一度(6月~8月中旬頃)の頻度で行います。
植え替えをしないと根詰まりを起こし、枯れる原因になりますので、怠らないようにしましょう。

・・・ざっとこんな感じです。
基本的な世話ができていれば、そうそう枯れることはないと思います。

私は、サトイモ科、コンニャク系の植物に興味を持っています。
食用のものを思い浮かべる人は多いかと思いますが、観葉植物としても人気があります。
一般的な花とは異なる、一見変わった植物には、マニア心をくすぐる独特な魅力がありますよね。
アンスリウムやカラジュームなど、観賞しているだけで気持ちが和みます。

観葉植物・テーブルヤシ

今回は、ヤシ科・カマエドレア属のテーブルヤシを紹介します。

小型のヤシ植物で、場所を取らずテーブルの上に置くことができることから、その名が付きました。
大きく成長した場合でも、2mほどの高さで留まります。
熱帯のイメージと、風になびく涼しげな葉の印象から、とても人気のある観葉植物です。

メキシコの高い木々に囲まれた高地(標高1000m以上)に生息しています。
そのため、寒さにも暗さにも耐久力があり、比較的育てやすい部類に入ります。
(実際に育てる場合、そのような環境下だと、生育が悪くなる)

基本的にテーブルヤシは、明るい日陰と空中湿度を好みます。
ヤシ植物は、直射日光を浴びているイメージがありますが、テーブルヤシの場合は、高い木々に囲まれた環境ゆえ、ほとんど日を浴びません。
つまり、日陰に適応するようになったため、直射日光を嫌う植物となったわけですね。

水やりは、春夏は表土が乾く前に与え、秋冬は回数を減らし、乾燥気味にします。
水切れに気を付けなければなりませんが、同時に過湿状態にすると根腐れを起こします。

空中湿度は、霧吹きで湿度を与え、葉ダニや乾燥から守るようにします。
特に冬場は乾燥しますので、こまめに加湿することを忘れずに。

越冬したテーブルヤシには、葉がしなびれて黄色くなっている株もあります。
その場合は、根詰まりを起こしていると思われるので、植え替えをしなければなりません。
植え替えの時期は、5月、6月頃に行います。

テーブルヤシは、株分けで増やすことができます。
これは、植え替え時期と並行して行い、幹を数本付けた根をハサミ等で切り分けます。
その後は、風の当たらない日陰に鉢を置きます。
新しい葉を確認次第、明るい日陰に移動させ、通常の管理に戻します。
・・・ただ、私自身は株分けを行ったことがありません。あしからず。

また、いったん樹形が乱れると、元に戻すまで時間が掛かります。(葉の成長が非常に遅いため)
耐久力はあるのですが、成長速度が唯一の難点といったところでしょう。

テーブルヤシは、「ハイドロカルチャー」として売られているものを見かけます。
手軽に楽しみたい方は、そちらから購入するのもいいかもしれませんね。

プロフィール

霊睡蓮

名前:霊睡蓮
1989年生まれ/大分県/AB型
コノ怨ミ……晴ラシテミセル……
根に持つ性格で、受けた怨みは一生忘れない。
プロフィール詳細

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブログランキング

FC2Blog Ranking

訪問者数