恐怖の現場シリーズ

稲川淳二の『恐怖の現場』シリーズをご存知でしょうか。
稲川淳二と女性二名(グラビアアイドル)が、心霊スポットに出向き、霊現象を調査するDVDです。

全体の流れは以下です。
心霊スポット&グラドル紹介→探索→怪談話→検証(→ボーナスステージ)→まとめ

心霊スポット&グラドル紹介
その地にまつわる心霊現象や伝説等、そしてグラドル二名について簡単に紹介される。

探索
稲川一行は、夜になった心霊スポット内部を探索し、そこで起こったとされる事件、心霊現象を検証する。

怪談話
心霊スポット内で、稲川淳二が怪談話を語るパート。
大体が、「ココ芸」(「実はその場所っていうのが、ココなんですよ!」等)で、締められる。

検証
心霊スポット内で、最も怪現象率が高いとされる場所に、グラドル二名を待機させる。
そして稲川本人は、離れた場所から、カメラと無線機で指示を送る。

怪現象が起こり、彼女たちに限界が達し始めると、稲川が駆け付けるのが恒例。
で、例の「吐き芸」や「稲川ダンス」が発生する。
「吐き芸」とは、突然稲川が嘔吐(実際に吐いたりはしない)し始めるシーン。
(本人曰く、霊が近くにいると気持ち悪くなるらしい)

ボーナスステージ
検証結果に物足りなさを感じた時や、稲川淳二のテンションが高い時に発生。
検証を再開させたり(悪夢の検証)、単独で心霊スポット内を歩き始めたりする。

まとめ
今回の経緯を簡単に説明し、まとめに入る最終パート。
恐怖の真相を語るわけですが、稲川淳二による独自理論なため、信じるかは視聴者次第。


実はこれ、ネット上では絶大なる人気を誇っているシリーズなんです。
よく稲川淳二MADで、「TBN」や「角煮」というキーワードがありますよね。
元ネタはこのシリーズにあり、そして数多くの名言(空耳も含む)を残しています。

稲川淳二さんは、心霊スポットに出向くとハイテンションになり、結構いい加減なことを言っています。
ゆえに、迷言や空耳が多く、怖いどころか笑えてしまうから不思議。

「怖い」ではなく「笑い」を求めている方は、コメ付きの動画にて視聴してみて下さい。
動画を見た暁には、稲川淳二さんのファンになっているのが目に見えます。
スポンサーサイト

偽宦官・嫪毐

時は春秋戦国時代。
秦王・政(のちの始皇帝)に仕えた、嫪毐ろうあいという偽宦官がいました。

まず、秦の宰相・呂不韋りょふいは、政の生母・華陽かよう太后と、不倫関係にありました。
長年、呂不韋と太后は関係を保っていましたが、老年になった呂不韋は、太后を満足させることが難しくなりました。
そこで呂不韋は、自分に代わる男性を用意することで、関係を終わらせようと考えます。
で、身代わりとして選ばれたのが、巨根男・嫪毐。
嫪毐は、自慢のアレを車輪に通し、それを軸にして車輪を回すという芸当を持っていました。
それを見た呂不韋は、この時、彼をスカウトしたようです。

呂不韋は、嫪毐を後宮に送り込む計画を立てます。

が、ご存知の通り、後宮は男子禁制。
後宮に出入りできるのは、女官と、男の機能を失った宦官だけです。

巨根が武器である嫪毐を、正規の宦官にさせるわけにはいきません。
そこで呂不韋は、彼を宦官のような容姿(体毛やヒゲを抜き取るなどを施す)に変え、去勢手術の記録を捏造します。
こうして、偽宦官となった嫪毐は、太后に接近。
淫乱な太后は、案の定、彼を気に入ります。
結果、太后と嫪毐の間に、二人の子供ができてしまいます。

さらに、太后の寵愛を受けた嫪毐は、絶大なる権勢を誇るようになります。(呂不韋の権勢を凌駕するほどだった)
しかし、この関係は、密告により露呈されてしまいます。

嫪毐は挙兵し、反乱を起こそうとしますが、政により返り討ちにされます。
彼は捕らえられ、車裂の刑により処刑されます。(嫪毐一族及び、例の子供も粛清される)
黒幕の呂不韋も連座を受け、結果この事件は、政に権力集中する契機となりました。

映画『西太后』

先日、映画『西太后』(ノーカット版)を見ました。

西太后せいたいごうの半生を描いたもので、咸豊帝かんぽうてい東太后とうたいごう、そして粛順しゅくじゅんら重臣が登場します。
まず最初のシーンは、同治帝どうちてい(咸豊帝と西太后の子)の即位式だと思われます。

そもそも西太后は、エホナラ族という、清にとって呪われた一族のひとりでした。(清のヌルハチは、エホナラ族を後宮に入れてはならぬと遺言している)
そのため、咸豊帝の正妻になることはありませんでした。
代わりに東太后が正妻となりますが、帝との間に男子が生まれず、結果、西太后の産んだ子が次期皇帝に。
咸豊帝は、「太后(東太后)と貴妃(西太后)とが協力し、幼君を補佐するように」と遺詔します。

二人が摂政を執り行う時、西と東に位置したことから、それぞれ「西太后」、「東太后」と呼ばれるに至ります。
また、同治帝の背後に控えていた姿から、「垂簾すいれん政治」と呼ばれました。

咸豊帝の治世は、英仏を筆頭とする西洋列強が、次々に中国大陸を侵略していた時代。
英仏連合軍は、清を挑発することで戦火のきっかけを作り、北京に攻め込みます。
危機的状況に陥った咸豊帝は、北京を恭親王きょうしんのう(咸豊帝の弟)に託し、熱河に避難します。
しかし、皇帝のいなくなった北京は、まさに無法地帯となり、英仏は「円明園」にて略奪行為に及びます。そして、多くの民衆は、大量の血を流し、虐殺されました。
金銀財宝がなくなった暁には、円明園に火が放たれ、英仏による略奪の証拠が闇に葬られます。

一方、熱河に避難した咸豊帝は、北京が絶望的になっていることなど知らず、のんびりと鹿狩りを楽しんでいました。

以降は、国の政策・会議等は行われるものの、妙案が浮かばず、粛々と清王朝が傾き始めていました。
この時から、側室の身分でありながら、西太后が政治に口出しするようになります。
当然、粛順ら重臣は、眉をひそめますが、まだ彼女の恐ろしさを知ることはなかった……。

内憂外患な時代の中、度重なる負担が相まって、咸豊帝は徐々に精気を失っていきます。
そして、そんな失意の中、咸豊帝崩御。

幼君・同治帝が即位すると、西太后は、権力を掌握するため、まず恭親王を味方に付けるように仕向けます。
一方、西太后に権力集中するのを嫌った粛順たちは、西太后と東太后を排除しようと企みます。
勝敗は、西太后の勝利に終わり、敗北した粛順たちは、次々と処刑されます。

そして、クライマックスは、あの「達磨女」の登場です。
その正体は、咸豊帝より寵愛を受けていた麗妃(西太后のライバル)そのものでした。
西太后は、彼女の手足を断ち切り、その身体を壷の中に入れていたのです。
かつてライバルであった女を見つめながら、西太后は勝利の笑みを浮かべるのだった……。


史実の西太后は、麗妃に対し、手足を断ち切るといった残虐な行為は行っておりません。
実際にそれを行ったのは、中国三大悪女の呂后と則天武后の二人です。
西太后は、「政治的なライバル」を排除するに至りますが、後宮問題については、特に関心を抱いていません。
ゆえに、実際の麗妃は、西太后と良好な関係にあり、静かなる余生を送っています。

映画の咸豊帝と東太后については、史実通りに描かれていると思います。
特に東太后は、西太后に政治を任せており、映画でも史実でも、西太后に殺されることはありませんでした。
それは東太后自身、権力欲がなく控えめな性格だったのが理由です。

この物語は、西太后の半生なため、光緒帝や李蓮英などは登場していません。
また、マイナー映画な上に、よほど中国史に興味がある人でないと、面白くないと思います。
しかし、ある程度の知識を持っていれば、大変勉強になる映画だと思いますね。
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

プロフィール

霊睡蓮

霊睡蓮(レイスイレン)
1989年生まれ/大分県/AB型
コノ恨ミ……晴ラシテミセル……
根に持つ性格で、その恨みは呪いを以て晴らす。
プロフィール詳細

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数