即身仏

仏教では、「即身仏そくしんぶつ」と「即身成仏そくしんじょうぶつ」いうものがあります。

「即身仏」とは、厳しい修行をし絶命することをいいます。ミイラ化したその骸を、御神体として祀られることに意味を持ちます。
「即身成仏」とは、究極の悟りを開いた状態のことをいいます。
つまり、即身仏は「死せる神」、即身成仏は「生き仏」といったところです。

今回、前者の「即身仏」について。
日本仏教として広められ、特に江戸時代に集中しているのが特徴的です。

僧侶や行者が土中や樹の穴に入り、瞑想を行い、そのまま死ぬのを待ち続ける修行。
つまり、死を前提にしなければならず、仏教修行の中で極めて過酷なものとなります。

修行の過程は、「木食修行もくじきしゅぎょう」、「土中入定どちゅうにゅうじょう」があります。

まずは木食修行により、米や麦などを断ち、身体の脂肪、水分を落としていきます。
次に、土中入定。
深さ三メートルほどの穴を掘り、そこに石室を築き、生きたままの身体を木棺に納めた後、埋められます。
埋められた行者は、いつまでもいつまでも、鐘を鳴らし読経を唱え続けます。
鐘の音が聞こえなくなると、絶命した証拠として掘り起こされ、そして再び埋められます。

それから約三年半後、再び木棺が掘り起こされます。
木棺の中に、御神体となったミイラがあれば、即身仏の完成ということになります。
こうして、そのミイラが寺院に祀られることで、長い長い修行の終わりが告げられるわけです。

しかしながら、即身仏は失敗率が高く、腐敗過程が上手く辿れず、ミイラになれなかった者も多い。
そもそも、ミイラ化するしない依然に、二度と掘り出されることのなかった行者も多かったといいます。
スポンサーサイト
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

プロフィール

霊睡蓮

霊睡蓮(レイスイレン)
1989年生まれ/大分県/AB型
コノ恨ミ……晴ラシテミセル……
根に持つ性格で、その恨みは呪いを以て晴らす。
プロフィール詳細

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数