不気味植物・ボタンウキクサ(ウォーターレタス)



水生植物・ボタンウキクサ(ウォーターレタス)を紹介します。
水面に葉を広げ、水中に根を広げる水草で、レタスのような姿をしています。
葉には、白い産毛のようなものが生えており、水を弾き、溜まらないようになっています。

株が大きくなると、株元から匍匐茎を伸ばし、子株を生じます。
俗に言う無性生殖なのですが、花を咲かせることから有性生殖でも可能。

花については、非常に地味で、葉の隙間に小さく咲かせます。
この植物はサトイモ科の仲間なので、仏炎苞、肉穂花序を付けます。

ボタンウキクサは、水面で育てられる手軽さのため、広く栽培されていました。
しかし、この植物は繁殖力が凄まじく、早期で水面を覆い尽くすことほど。
これにより、自然界の生態系を脅かす存在となり、世界各国で問題視されています。

ボタンウキクサの一部でも、他の池や水路に流れ込むと、取り返しの付かない事態となります。
ホテイアオイ同様、他の動植物を排除し、欲しいままに勢力を伸ばすことから、まさしく侵略的外来種とも呼べるでしょう。
全て駆逐するにしても、わずか一部でも残せば大繁殖するわけですから、大変恐ろしい植物となります。

2006年2月、法律により「特定外来生物」に指定され、学術研究などの特別な目的以外での栽培、保管、運搬が禁止となりました。
スポンサーサイト

不気味植物・ホテイアオイ



今回は、水生植物のホテイアオイを紹介します。
花は青紫色で美しいのですが、個人的に不気味な植物。

ホテイアオイは、池の水面に浮上する水草で、丸く膨らんだ葉柄は浮き袋となっています。
夏になると、大きな青紫の花を咲かせ、果実は水中で成長します。

また、茎から枝を伸ばし、その先端から新しい株を作り出します。
これにより、早期で巨大集団となり、水面を埋め尽くすほどになります。
さらに、この植物は生命力が強く、一部の株が生きていれば、大繁殖します。
実はこれ、自然界に大きな影響を与える要因となっているのです。

ホテイアオイにより、水面が覆い尽くされると、水の流れを滞らせ、自然界の生態系を大いに乱します。
人間にとっても、水上輸送や漁業の妨げになることから、「青い悪魔」として恐れられるほどです。
IUCNの「世界の侵略的外来種ワースト100」にランクインしています。

霊帝の母・董太后

後漢末期の話。
三国志に通じるところがありますので、董太后とうたいごうの名に、聞き覚えがあるかもしれません。
しかし、董太后の記述は乏しく、出生、名前は不明です。

彼女は、解トク亭侯・劉萇の下に嫁ぎます。
劉萇は皇族の中でも身分は低く、決して裕福というわけではありませんでした。
当然董氏にも権勢はなく、この夫婦は皇族でありながら、困窮する生活に至ります。
そんな中、夫婦の間に劉宏りゅうこう(のちの霊帝)が生まれます。

朝廷では、桓帝かんてい崩御に伴い、その皇后であった竇太后とうたいごうが、権力を掌握していました。
また、桓帝には男子がおらず、次期皇帝がいない状態。
そこで外戚・竇武とうぶは、桓帝の従兄弟の子に当たる劉宏を、帝位につかせることにしました。
劉宏は擁立され、皇帝に即位。(当時13歳)

皇帝の母となった董氏でしたが、元の身分が低いため、都・洛陽に入ることは許されませんでした。
しかし、第二次「党錮の禁」が発生すると、宦官によって、竇氏一族は誅殺されます。
竇氏殲滅後、ようやく洛陽に入ることができました。

太后となった彼女は、一部の宦官と結託し、権勢を振るうようになります。
そして、息子である霊帝と共に、「売官制度」を敷きます。
董太后に関しては、「息子と孫の劉協りゅうきょうを思いやる人物」として描かれていますが、売官を推し進めた張本人です。
親子そろって売官、蓄財に夢中になっていました。
なぜ彼女が金銭に執着するのかは、かつての貧乏生活が影響しているからでしょう。

霊帝の皇后に、何皇后かこうごうが取り立てられます。そして、劉弁りゅうべんが誕生。
側室の王美人おうびじんが劉協(のちの献帝)を生んだ時、何皇后は嫉妬のあまり、王美人を毒殺。
母親を失った劉協は、董太后に引き取られます。

そんな中、霊帝崩御。
後継問題で、劉弁派VS劉協派となり、朝廷は二つの勢力が対立するようになります。

何太后の兄・何進かしんは、宦官排除を考えていたため、十常侍らは、董太后側に付いていました。
また、劉協派の宦官・蹇碩けんせきは、董太后の甥・董重とうちょうとタッグを組み、何進暗殺を謀ります。しかし、失敗。
結果、董氏一族は政争で敗北し、洛陽から追い出されることになりました。
そんな失意の中、董太后は病死しました。(『三国志演義』では毒殺)

しかし、因果応報は恐ろしい。
董太后を死に追いやった何太后は、あの董卓とうたくの手に掛かり、殺害されます。
その理由は、同じ一族と信じた董太后を、何太后が無慈悲に扱ったことを挙げています。


こういう歴史があるにしろ、董太后を悪く思えないのが不思議なんですよ。
しかし、彼女にも大きな罪はあります。
そのひとつが、政治腐敗を招いた「売官制度」です。
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

プロフィール

霊睡蓮

霊睡蓮(レイスイレン)
1989年生まれ/大分県/AB型
コノ恨ミ……晴ラシテミセル……
根に持つ性格で、その恨みは呪いを以て晴らす。
プロフィール詳細

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数