07
1
2
3
4
5
6
7
8
11
14
15
16
18
19
21
23
24
25
26
28
29
31
   

小説紹介『蒼穹の昴』

今回は、長編小説『蒼穹の昴』(著・浅田次郎)を紹介。
日中共同制作でドラマ化になったほど人気があり、大変評価の高い作品です。

時は、中国清王朝末期(光緒時代)。
主人公・李春雲(春児)は、貧家の子であり、糞拾いで生計を立てていました。
そんな春児に、占い師・白太太は、「天下の財宝を全て手中に収めるだろう」と予言します。
この予言を信じた主人公は、西太后のいる後宮に入るため、自ら去勢し宦官になります。

同郷で有力な梁家の次男・梁文秀(史了)は、春児にとって義兄であり、春児をよく可愛がっていました。
そんな梁文秀は、科挙試験より首席で合格し、皇帝を補佐する官僚の道へと登り詰めます。

朝廷では、西太后派の「后党」、光緒帝派の「帝党」が激しく衝突していました。
春児は西太后の腹心となる一方、文秀は光緒帝を補佐する若手官僚の中心となります。
こうして、春児と文秀は義兄弟ながらも敵同士になってしまうのでした・・・。

この作品は、登場人物がたくさん出てきます。
あの李蓮英は、後宮の宦官たちを束ねる、大総管太監として登場します。
前任の安徳海を失脚させ、西太后の腹心となった宦官であり、のちに西太后の寵愛を受ける春児を敵視するようになります。
西太后と李蓮英によるやり取りがあり、両者の掛け合いがシュールで、絶妙に面白かったのが印象的です。

個人的には、光緒帝派の宦官・蘭琴が気に入っています。
彼は、春児と同期の宦官であり、春児を兄のように慕っていました。
しかし例によって、春児は西太后派であり、蘭琴は光緒帝派の宦官・・・。

次に、西太后について。
西太后は「老仏爺」(慈悲深い生き仏)を名乗り、万民に崇拝を強いらせる一方、後宮では機嫌の悪い時などには、宦官たちに棒打ちの罰を与えたりしていました。
そして、権力を脅かす存在があれば処刑を命じ、国財を奢侈に浪費し、清王朝を大きく衰退へと導きました。

そんな独裁者のイメージを、本作品では異なる視点で描かれているので、西太后に対しての印象が少し変わるかも。
例えば、乾隆帝(亡霊)から、清王朝に終止符を打つよう命じられ、あえて悪女になることを決意する場面や、実は光緒帝を我が子のように可愛がり、それゆえその苦労を味あわせたくないという理由で実権を譲らなかったりなど・・・。
作中の、西太后の完全プライベート時の口調などからでも、その印象はよく滲み出ています。

この作品は、中国の文化や思想知識、歴史的背景の描写や雰囲気などが事細やかに取り入れられ、さらに登場人物たちの心情は日本人の心情に合わせた表現で描かれているので、そういった意味では馴染みやすいものとなっています。
また個人的には、ややオカルト要素のあるところが気に入っています。
例えば、先にあるように乾隆帝の亡霊が現れたり、梁文秀が不思議な体験を以って進士通過する場面など。

『蒼穹の昴』は、価値ある作品であることは間違いないので、ぜひとも一読してみて下さい。
スポンサーサイト

漢王朝最後の皇后・曹皇后

献帝けんていの皇后・曹皇后そうこうごうについて。
この人物は曹操そうそうの娘であり、名を曹節そうせつと言います。

彼女は、曹操暗殺を企んだ伏完、伏皇后ら一族が粛清された後、献帝の皇后として取り立てられます。
曹操としては、献帝や廷臣らを見張らせ、そして「外戚」となることでの地位強化が目的でした。

しかしながら、曹皇后は聡明な人物で、献帝の為によく尽くしていました。

のちに曹操が死去すると、彼の息子・曹丕そうひ(曹皇后の兄)が、献帝に禅譲を迫ります。
しかし曹皇后は、片時も玉璽を離そうとせず、催促する使者を追い返していました。

このやり取りは数日続きますが、ついに曹皇后は「兄は、陛下と私に対し容赦はしないでしょう」と妥協し、それに従うことになりました。
曹皇后は「天は祝福なされなかった」と言い、玉璽を投げ付け、涙を流したそうです。
・・・その場に居た者は、誰ひとり顔を上げることができなかったとか。

こうして禅譲により、献帝は「山陽公」、曹皇后は「山陽公夫人」に降格され、人知れず都から離れていったのでした・・・。

三国志ではマイナーな人物ですが、もっと評価されるべき女性かと思います。
曹皇后にとって、曹氏一族が帝位に就くことあれば、喜ばしいことのはず。しかし、彼女はそれを拒みました。
私自身、あまり曹氏一族は好きではないのですが、曹皇后のおかげもあり、少し見方が変わりつつあります。

太平道教祖・張角

中国後漢末期、「黄巾の乱」を引き起こした太平道教祖・張角について。



三国志の中では、霊帝、蹇碩と並んで、大ファンだったりします!
当時でしたら、間違いなく信者になっていましたよ、私・・・。

そんな尊敬しやまない張角様ですが、人物・教団については、すでにブログにて紹介しています。
『「黄巾の乱」を引き起こした宗教』(ブログ記事)

そこで今回は、『三国志演義』も含めての、張角を紹介します。

張角、張宝、張梁ら三兄弟は、郷試浪人として不遇の生活を送っていました。
ある日、張角が山に薬草を採集しに行ったところ、南華老仙に会い、『太平要術』の書が授けられます。
その書物には、風雨を自在に操る術、符水で病人を癒す術などが記されていました。
南華老仙は「天に代わり、世直しをせよ。しかし悪しきことに使えば、必ず報いを受ける」との天命を告げます。
(南華老仙は、道教の祖・荘子が仙人になった姿と伝えられています)

張角は、書物から妖術を身に付けたことで、自らを「太平道人」と名乗ります。
天下に疫病が流行ると、張角は符水を以って人々の病を癒したことで、さらに「大賢良師」と称しました。

張角は、新興教団「太平道」を立ち上げ、漢王朝に苦しむ万民を次々に信徒化していきます。
信者は何十万もの数となり、かねてより企んでいた国家転覆を、「世直し」の名のもとに、反乱を起こします。
張角自身は「天公将軍」、弟ら張宝、張梁は「地公将軍」「人公将軍」を名乗り、天下に号令を発します。

こうして、中国全土による「後漢VS太平道」は、激しい戦闘が繰り広げられることに・・・。
地公将軍・張宝は妖術を得意とし、それゆえ黄巾軍はオカルトの力を盾にし、漢軍を苦しめていきます。

そんな最中、張角が病死。
これにより、黄巾軍は急速に弱まり、結果後漢の勝利で終わりました。
しかし鎮圧後も、黄巾軍の残党やその他農民による乱は相次ぎ、後漢は深刻な事態となっていきます。
これこそ後漢に対する、張角による呪いだったのかもしれません。

黄巾の乱があったからこそ、無名の劉備や曹操が表舞台に立つことができたわけです。
その点を言えば、大変意味のあった存在とも言えます。
私自身、後漢も好きなのですが、太平道による「黄天世界」がどのような歴史を辿るのか、見てみたかったのも本心です・・・。

ゲーム『大幽霊屋敷~浜村淳の実話怪談~』

今回は、PS『大幽霊おばけ屋敷~浜村淳の実話怪談~』を紹介します。

ストーリーは、以下の通り。
『ある年の夏休み、大学生の久我晶は大幽霊屋敷でアルバイトをすべく、面接を申し込む。この屋敷の面接は、スタッフ達がバイト希望者に次々と怪談を聞かせ、その反応を見て採用・不採用を決定するのだという。果たして久我を待ち受ける怪談とは・・・?』

登場人物から怪談を聞いたり、本を読んだりするサウンドノベルゲーム。
登場人物との会話の中には、二つの選択肢があり、どちらを選んだかによって怪談が変わります。(怪談の中での選択肢はない)
また選択肢は相手の好感度を左右し、好感度が低いと、物語途中でゲームオーバーに。

怪談は全41話で、形式はフルボイス(登場人物による怪談)、テキスト(本による怪談)の二種類となります。
なお、それら怪談は「実話怪談集」モードで再生することができます。

私はグラフィックや背景に拘りのある人間ですが、やはりいいですよ、90年代の雰囲気があって。
また、怪談の終わりを告ぐ効果音があるのですが、なぜか笑ってしまいます・・・。
ちなみにこの効果音が流れた後、幽霊の顔がバッと表示される演出があるので、心臓の悪い方はご注意を。(大袈裟だと思いますが)

さてこのゲーム、なぜか老婆の登場回数が多かったりするのが特徴的。
個人的に、唯一呆れ果てている点です・・・。
前述の顔アップ演出、実は全て老婆の顔だったりしますし・・・。

私個人で、印象深く残っている怪談話はこれです。
『鏡でつくったもの』、『鬼子』、『地獄絵』、『消えた遺体』、『死神』

このゲームのおかげで、浜村淳さんや大迫純一さんのファンになったことは言うまでもありません。
稲川淳二さんとは異なる、この御二方の独特な語りは必見です!
興味のある方は、ぜひともプレイしてみて下さい。

『曹操』宦官活躍回

一般的に宦官と言えば、陰湿で不気味なイメージがあるかと思います。
しかし具体的にイメージしろとなると、難しいかもしれません。
で今回は、中国ドラマ『曹操』より、宦官が活躍する回を紹介します。

★第1話「天下への一歩」
まず、曹操が幼かった頃から、この物語はスタートします。
大宦官・曹節の曾孫である曹操は、幼い霊帝の遊び相手として、宮廷に招かれます。
しかし、第二次党錮の禁(宦官が士大夫党人を弾圧した大事件)が発生。
冷酷な宦官たちを目の当たりにし、曹操は自身の境遇に、深く悩まされることになります。

★第10話「霊帝崩御」
霊帝崩御に伴い、何太后(劉弁派)と董太后(劉協派)が対立。
十常侍・蹇碩は、劉協を即位させるため、何太后の兄・何進大将軍を討つことに。
蹇碩は、邪魔な何太后と十常侍9人らを監禁し、偽の勅命で何進を誘き寄せます。
しかし何進暗殺は失敗し、蹇碩は処刑され、董太后と劉協は幽閉されることに・・・。

★第11話「血に染まる皇宮」
暗愚な皇帝・少帝弁が即位。
何進は、各地諸侯らの力を借り、宦官誅滅を計ります。
恐れた十常侍は、偽の勅命で何進を参内させ、暗殺します。
それを知った袁紹は、軍を率いて宮中に乱入。
宦官たちは次々に斬り殺され、宮廷は大混乱に・・・。

立烏帽子に黒い長衣なのが上級宦官で、細長い帽子に灰白色の長衣をまとうのが下級宦官です。(エンジ色の奴もいます)

密談をする十常侍(上級宦官)

個人的に、上級宦官よりも、名も残らない下級宦官たちの方が好きだったりします。
この人たち、死ぬまで宮廷の清掃や料理、その他雑用をこなすわけですから、妙に健気さを感じるわけです。
ゆえに宮廷のいたるところで見掛ける彼らに、目を奪われてしまうのは、私だけなのでしょうか・・・?

回廊に並ぶ下級宦官たち

みんな俯いていて、妙に薄気味悪さがありますよね。
私にとって、この不気味さこそが、宦官の最大なる魅力だと思います!
この作品は、それをよく再現できていますから、GJと言わざるを得ない。

プロフィール

霊睡蓮

名前:霊睡蓮
1989年生まれ/大分県/AB型
コノ怨ミ……晴ラシテミセル……
根に持つ性格で、受けた怨みは一生忘れない。
プロフィール詳細

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブログランキング

FC2Blog Ranking

訪問者数