01
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
24
25
26
27
28
29
30
31
   

心霊体験『団地の怪』

最近起こった少し不気味な話。(大して怖い話ではありません)

私は団地住まいなのですが、つい最近、補修工事がありました。
約二ヶ月近くかかる工事です。

工事は進み、そして二ヶ月が経ちました。
いよいよ改修も終わりに近づいてきたある日、外の作業員の会話が聞こえてきました。
「おかしいな、シャッターが切れない。写真が撮れない」
写真の撮影は、工事の様子や補完した箇所等の確認・報告用の工程作業。

団地一階の郵便受けの所で撮影作業をしているようなのですが・・・。
シャッターが切れないようなのです。何度、試しても。
「新しいフィルムのはずなのに……おかしいな」
「おーい、××君。別のフィルム持ってきてくれない?」
と、作業員たちの声。

「まさか、幽霊でもいるんじゃないのか……」
他の作業員がそんな事を言っていました。

結局その日は、写真が撮れず、そのまま作業を終えたようです。
その後、そこで改めて写真を撮ったかどうかは分かりません・・・。(私が不在の間に終わらせたのかも)

私の住んでいる団地、妙に暗く気味の悪い感じもしますから、何かしらの霊はいたかもしれません。
しかし邪気は感じないので、浮遊霊のイタズラのような気がします。

例の一階郵便受けの所、地下(物置部屋)への扉があるのですが、そこが妙に気持ち悪い。(普段は全く意識しませんが)
子供の頃、団地周辺を遊んだりしていましたが、何故かその扉には近づきませんでした。
鍵が開いていた事もあったのですが、中に決して入ろうとはしませんでした。(好奇心強い頃の自分だったにも関わらず・・・)

子供ながら何か近づいてはいけないという直感、もしくは守護霊の保護なのか、全ては謎ですが、もし入っていたらと思うと今でもゾッとします・・・。

不気味な体験談は他にもあります。
興味のある方は是非読んでみて下さい。
『向かいの親子』
『謎の行列』
スポンサーサイト

恐怖の伝道師・恐虫リリー

今回はYoutubeにて、個人的オススメ動画の紹介です。

皆さんは、「恐虫こわむしリリー」さんをご存知でしょうか。
この方は、心霊、怪談、都市伝説などホラー系動画を投稿している人です。

恐虫リリーさんの動画は、ホラー表現の編集が非常に凝っており、恐怖のどん底に引き込まれるような魅力があります。

ストーリー、画像、BGM、効果音など上手く工夫されており、まるでゲームのサウンドノベルのような雰囲気を持っています。
話の内容も非常に分かりやすく、話の流れもテンポ良く、そして何よりゾッとさせる不気味さを持ち合わせています。
たとえ大した事のない内容の怖い話や都市伝説でさえも、恐虫リリーさんの編集にかかれば、一気に恐ろしいものとなります。そう、まるで魔法のように・・・。

怖い話、都市伝説の投稿ジャンルは幅広く、アニメ/ゲーム/事件/siri/2ch/ディズニー/村、集落/心霊などを扱っています。
怖い話や怪談はイメージの世界。それを視覚化するとさらに怖くなります。
恐虫リリーさんは、画像やBGM、効果音を駆使し、文章だけでは伝わらない恐怖を視聴者に届けているのです。
サウンドノベルが好きな人は、絶対にハマるかと思います。
現に私自身、サウンドノベル好きなので、即お気に入りに・・・。

個人的に気に入っている話は、『エレベーターの男の子』『寝言に返事をしてはいけない』です。
私が初めて見た動画は『国民保護サイレン』『一軒家いらないか?』でした・・・。

これからも恐虫リリーさんの一ファンとして、応援していくつもりです。
何故かこの人の動画は安心感があって、怖いはずなのについ見てしまう衝動に駆られます・・・。
皆さんも興味があれば、視聴してみるといいですよ・・・。

ドラキュラマントはドラキュラを呼ぶ

世間では丑の刻参りは白装束が一般的ですし、その他呪術では黒装束などもあります。
私の場合は「ドラキュラマント」を、タロット占いや呪術をする、儀式用衣装として着用しています。
・・・というのも、大のヴァンパイア好きなんです。
しかしながら、この格好で外に出る勇気はありませんので、自分の部屋でのみの姿です。(他人にお披露目する予定はありません)

怨み・・・私は相手の言葉や態度、された事など例え些細な事であれ全て覚えています。その域は、相手の顔も分からないネットやゲームをも含みます。

現実の自分は、口数少なく大人しくオドオドしています。
私のような人間は舐められやすい。それゆえに何か色々言ってくる奴もいます。
その度、強い憎悪を抱き、怨みに燃える事が多々あります。

そんな日は、例の儀式用の衣装に着替え、呪いの儀式を行います。
暗い部屋の中、ロウソクを立て、相手が不幸になる様を思い浮かべ・・・フフフ。

しかし、面白半分でこの格好をし、占いや呪術をしてるわけではありません。
この格好に変身すると、自分に自信を持つ事ができ、呪いパワーを増幅する事ができるのです。また、仮に呪いが返ってきても、跳ねのけるようなパワーも感じます。
占いや呪術をすると、低級霊が集まりやすくなるのですが、この姿だと恐怖心など微塵も感じないのです。

さて、ここまで読んだところで、きっと笑う人もいるでしょう。
しかし、こんな行動をしている人間(しかも大の大人が)が現実にいることを考えてみて下さい。
・・・薄気味悪いと思いませんか?
実際に効果があるにしろないにしろ、もしあなた自身がこんな形で呪いをかけられているとすれば、非常に気持ち悪く感じるものです。

結局は呪術者自身が、相手に呪いパワーが届いたと感じさえすれば、成功なのです。
で私は、この衣装で儀式をする時が一番そう感じることができるのです。
そもそも黒装束には、邪悪なモノを祓う力があるとされます。(喪服がその例)
なので、この格好は別段おかしいものではなく、きちんと理に適っているのです。

ちなみに、そのドラキュラマントは通販で買ったものです。
本来は仮装・コスプレ用なので、何かのパーティや二次会などにも使えます。(呼ばれた事ないけど)
是非ともこの私を呼んでいただきたいですね。
この格好で参上いたしますので・・・フフフフフ。

呪われよ

世の中には沢山の呪いがあります。
藁人形に五寸釘を打つ・・・丑の刻参りなどは大変有名ですね。

私自身、いつも呪いの事ばかり考えているほど、呪い大好き人間です。
オリジナルの呪いや精神呪術が得意だったりします。
精神呪術とは、正式な呪具を使わずに、怨敵に念を送る呪いの事です。

世間では自己流の呪いは危険だと言う人もいます。
しかし、それは裏を返せば、効果があるという意味に捉えることができます。

『人を呪わば穴二つ』ということわざがありますが、これは少々おかしな話。
「呪いをかければ、必ず自分にも返ってくる」という意味ですが、私の考えはこうです。

まず、代償というのは、すでに支払っていると考えます。
「相手から攻撃され酷い目に合った」が代償に値し、被害者はそれを以って相手にお返しをするだけ。つまり因果応報であるとし、成立するわけです。
被害者はこれ以上代償を支払う必要はないのです。

しかし、注意。
相手にもし「非」がなければ、つまり逆恨みや嫉妬などの場合は、当然呪いは返ってきます。呪いの行く場がないので、持ち主に帰らざるを得ないからです。

オリジナルの呪いを一部紹介します。
★「呪われよ」
藁人形or人型に切った紙に怨敵の名を記し、刃物で切り刻むか、針で滅多刺しにするか、火で炙るか、水に沈めるか、自由に傷付ける。
その際、「××(相手の名前)、呪われよ!!」と繰り返し唱える。
★「幸運吸収術」
水晶玉を使い、相手の幸運を吸収する呪い。
水晶をかざし、相手をイメージ、もしくは相手が目の前にいる所、「汝の幸運全ていただいた。代わりに我の不幸全て授ける」を念じる。
★「邪眼の呪い」(書籍『悪魔の呪法全書』参照)
相手を睨み付け、「汝××(相手の名前)に災いあらんこと願う。サタンの名において」を念じる。
自己流アレンジ→相手を思い浮かべ、それを睨み付けるイメージでも「良し」とする。

これらはあくまでも自己流です。
しかし、「信じる者は救われる」です。
念というものは不思議で、祈りを捧げ続けていたら、相手の病気が治った事例もあります。プラシーボ効果、心底信じきると、案外願いや呪いは叶うものです。

呪いの儀式は、ストレス解消になりますし、精神的衛生に良いと私は考えます。
皆さんも怨んで呪って、幸せになりましょう!

※上記の呪いで、何かしらの不幸があったとしても、こちらは一切の責任を負いません。

怨みの塊・ウラミドロ郎

今回は、アニメ『ケロロ軍曹』より、好きなエピソードを一つ紹介。

★第306話『ドロ郎がくる!!』(Bパート)
ドロロが「ウラミ ドロ郎」を称し、次々に怨みを晴らしていくホラー回。
決め台詞は「コ・ノ・ウ・ラ・ミ・ハ・ラ・シ・テ・ミ・セ・ル・デ・ゴ・ザ・ル」、登場する際は「メラメラメラ……ドローン!」です。



以下、小隊に対し怨みを晴らした内容です。
☆タママ 
罪状:ドロロの事をつい忘れ、お土産のケーキをドロロの分まで食べた。
結果:大量のケーキを食べさせられ、逆さ吊りにされる。

☆ギロロ
罪状:ドロロの射撃を「射撃は苦手のようだな」と余計な一言を言った。
結果:ギロロを「的」として拘束し、節分に見立て豆の弾丸を大量に当てられる。

☆クルル
罪状:上記のギロロの惨状を「つまらない」と言い放った。
結果:クルル自ら「面白い姿」にさせられる。

☆アンゴル=モア
罪状:上記のクルルの惨状を「こんなやり方、汚すぎます!最低最悪」と言った。
結果:頭上からアイスクリームが落ちてきて、全身クリームだらけにされる。

☆ケロロ
罪状:ドロロの階級を忘れた。
結果:小刀で斬られる寸前まで追い詰められる。

普段のドロロがこのような復讐をするわけがなく、これには理由があるのです。
実は、邪悪な欲望を増幅させる宇宙生物に取り憑かれていたのです。

ウラミドロ郎は、藤子不二雄A『魔太郎がくる!!』の主人公・浦見魔太郎のパロディです。
詳細は当ブログ記事漫画『魔太郎がくる!!』を。
また、相手に呪いをかける時の台詞「ドロローン!」は、同じく藤子不二雄A『笑ゥせぇるすまん』の喪黒福造の「ドーン!」のパロディ。
さらに最後のオチと台詞は『地獄少女』のパロディ。
アンゴル=モア「てゆーか、地獄小隊?」
ドロロ「……いっぺん死んでみる!?」

プロフィール

霊睡蓮

名前:霊睡蓮
1989年生まれ/大分県/AB型
コノ怨ミ……晴ラシテミセル……
根に持つ性格で、受けた怨みは一生忘れない。
プロフィール詳細

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブログランキング

FC2Blog Ranking

訪問者数