不気味植物・ホワイトベインベリー



ホワイトベインベリー (キンポウゲ科ルイヨウショウマ属)は、別名「人形の目」と呼ばれる不気味な植物。
カナダ南部からアメリカ北西部の森林地帯に生息しており、60cm程の高さになる多年草となります。

白い花を咲かせ、夏季に目玉のような果実を付け、このような不気味な姿になります。
この果実は、夏季から初冬まで枝にくっついています。

この果実は見た目通り猛毒を持っており、人間が少量でも口にすると、体内を素早く回り、すぐさま心臓発作を引き起こします。
ちなみに鳥には無害なので、森のあちこちにその種が撒かれることになります。
スポンサーサイト

隣人を改心させた詩文

明王朝、正徳帝せいとくていの時代。
舒芬すうふんという人物がいた。
壮元じょうげん(科挙の成績優秀者)を取り、翰林院修撰かんりんいんしゅうせんの官職に就き、国史の編纂に従事する文官。

剛直な彼は、常軌を逸する正徳帝に進言する事があったが、その度に処罰を受けた。
それでもなお、皇帝に意見することが多かったため、地方に左遷されたり、さらには投獄されることもあった。

ある日、舒芬の息子から手紙が送られてきた。
手紙によると「隣家の塀が我家の敷地に少しずつ侵入してきており、我家の利益が損なわれているので、どうしたら良いのか」
というものであった。

舒芬は、その手紙の返信に、詩文を書き加えた。

幾度もの家書は壁のみ訴え
数尺を譲っても良いではないか
始皇帝は先年の計画を立てたが
今や城壁があっても王はいない


舒芬の詩文を理解できなかった息子は、「軟弱な父だ」と失望し、手紙を捨ててしまった。

その時に捨てられた手紙は、隣人の手に拾われた。
例の詩文を読んだ隣人は、舒芬の寛容さに感動し、自らの塀を取り壊し、今まで奪ってきた敷地部分を、舒芬の息子に返すことにした。

それからというもの、隣家同士は譲り合い、争い事なく仲良く暮らしたという。


以下、舒芬の詩文を私なりに分かりやすくしてみました。

自分の人生は、長い歴史からみれば、ほんのわずかなもの。
土地を取られようが、何されようが、何年か先は必ず死ぬ日がやって来る。
強大な権力を保持し、天下の全てを手にした始皇帝でさえ、もうこの世にはおらず、万里の長城だけは残っている。
自分はいつか死ぬのだから、永遠にその土地が自分の所有物であり続けることはない。
だから少しぐらい土地を譲っても良い。
むしろ隣人と仲良くし、いざこざのない人生を送ったほうが良いのではないか。


物を得て人を捨てるより、人を得て物を捨てる人生の方が、幸せに生きられるということなのでしょうね。

見返り求めず果報を得る

明王朝、弘治帝の時代。

太倉州の司法官を務める顧佐こさは思いやりがあり、正直な人でした。
顧佐は、かつて菓子店の主人の冤罪を晴らし、助けたことがありました。
店の主人は感謝に、17歳の美しい娘を差し出そうとしましたが、顧佐はそれを断ります。

その理由を顧佐は、「私は人のために働き、世を正し、人心を清らかにすることだけを考えています」と答えました。

数年後、顧佐は韓侍郎かんじろう(侍郎は官職名)の元へ赴任しました。
当日、韓侍郎は不在で、その代わり夫人が出迎えました。
顧佐は頭を下げ、夫人に挨拶をしました。
すると夫人は、「私はあなたに助けられた菓子店の主人の娘です」と言いました。

のちに夫人から、顧佐の善行を聞いた韓侍郎は、顧佐を「仁徳を備えた君子」であると称え、明の皇帝に上奏しました。
時の皇帝・弘治帝は、「道徳を重んじ、民を欺かず、人民の父母の役割を担い、股肱之臣ここうのしんとなる。また心が清く、寡欲である者は君に忠義を尽くし、国を大事にする良臣となる」と述べ、顧佐を「刑部主事」に任命しました。 

見返りを求めなかった顧佐は、こうして中央官庁の官僚となる果報を得ることになりました。

ポータウンといかがわしき屋敷

『ポケットモンスター サンムーン』より、個人的に好きな町は「ポータウン」。

ポータウンは、廃墟と化した場所で、スカル団に占領されてしまった町。
長雨が延々と降り続け、日中ともに暗く、不気味な雰囲気を持っています。

この町は巨大な壁に囲まれており、スカル団が占領した後に設置されたのか、かつての住人がいた頃からなのかは不明。

ポータウンの北には、「いかがわしき屋敷」と呼ばれる大きな館がそびえたっています。
かつてはこの町の権力者が所持していたであろう立派な豪邸なのですが、現在はスカル団のボス・グズマが根城にしています。

屋敷の各部屋には、テーブルや椅子、ベッド、また所々に壷や絵画、観葉植物など残されていますが、スカル団に物が壊されている上に落書きだらけの荒れ放題となっています。

ある一部屋だけ、綺麗に整理整頓されている謎の部屋があります。(技マシン「ヘドロばくだん」がある部屋)
唯一、スカル団に手を付けられていない部屋だけに、妙な不気味さを感じさせる部屋となります。

最後に、ポータウンのBGMを紹介。

暗く切ないBGMは、ポータウンの不気味さをよく表現されていますが、スカル団の場違い的な違和感を感じる人も多いのではないでしょうか。
このように、ポータウンの静寂さとスカル団の粗暴さは、一見すればミスマッチな気もしますが、実は霊的な怖さと悪党の怖さが組み合わされており、お互いバランスが取れているのではないかと思います。

町の住人及び、「いかがわしき屋敷」の元の持ち主は、一体今どこで何をしているのでしょうか……。

悪魔城ドラキュラXX

今回は、SFC『悪魔城ドラキュラXXダブルエックス』を紹介。
このゲームは、PCエンジン『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』のリメイク版。

主人公はリヒター=ベルモンドで、基本ストーリーはドラキュラ討伐。
囚われの身であるアネット、マリアを救出したかどうかで、時計塔のボス(カーミラ/死神)が変わり、エンディングも変わります(マルチエンディング)。

ステージ分岐がいくつか存在します。
例えば、柱がたくさん並んでいるステージ3終盤、穴に落ちれば(どの足場からでも良い)、ステージ4'(地下墓地)に行く事ができるなど。
しかし、このステージ4'から攻略を進めると、エンディングはバッドエンドになります。(アネット、マリアを救出する事ができないため)

このゲームはパスワード式のセーブ方法なので、邪道ですが、攻略サイトで公開されているパスワードを入力し、一気にステージ7まで進める事ができます。
アネットエンド、マリアエンドを手っ取り早く見たい人は、それらパスワードに沿って進めると良いと思います。

次にラスボス・ドラキュラ伯爵について。
ドラキュラ戦のステージは、穴だらけの足場の悪い構成になっており、とても戦い辛い。(ドラキュラ自体は大したことは無い)
それゆえに、少し油断すると穴に落ちてしまうため、個人的にステージ構成こそが強敵に感じました。



私なりのドラキュラ攻略の方法。
サブウェポンを「斧」で戦っても良いのですが、個人的にドラキュラ変身後はスムーズに倒したいので「クロス」の方をオススメします。

基本、あまり動き回らないで、確実にダメージを与えていく方法。
中央の足場を中心に待機し、その場の画面内のみ現れた時にジャンプ→クロスを繰り返します。(右側に現れた時、上手くいけば3ダメージは与える事も可能)
ドラキュラが、自分の待機している足場に現れそうになった時は、すぐに右(左)足場に飛び乗り、ムチかクロスで攻撃。

ドラキュラを討つのに時間は掛りますが、だいたい中央で待機していれば、ドラキュラの攻撃からも回避しやすく、無駄に体力消費する事はありません。
ただし、たまに中央目がけて飛んで来る黒炎弾は回避が難しく、避けたりすると穴に落ちるリクスが高まります。
その点に関しては、しゃがんで、あえて攻撃を受けることで、落ちるリスクを回避します。

次にドラキュラ変身後。
クロス乱れ撃ちをし、ドラキュラの炎弾に当たりそうになったら、ハートが尽きるまでクロスクラッシュを連打。
これでだいたい、すぐに蹴りが付きます。


うらみ念法「ドラキュラ倒し」

ドラキュラ戦で足場の悪いステージといえば、GB『ドラキュラ伝説』もですね。
ストレスを感じるステージ構成ですが、個人的にはある意味新鮮さを感じるので、私は嫌いではありません。

このゲームは、WiiUのバーチャルコンソールにて配信されています。
ご興味のある方は、是非プレイしてみて下さい。

藁人形ストレス解消法



ストレスは誰しもが持つものです。
私の場合、ストレスを感じた時は、五寸釘や刃物で、藁人形を滅多刺しにしています。
ストレスの全てを怨敵のせいにし(ストレスの原因でなくても)、恨みを込め、突き立てています。

「恨み」を自分の心に抱えた状態だと、運気は下がります。
ゆえに、その怨念を相手に向け、解き放つことは、運気好転につながります。

決して健全なストレス解消法ではありませんが、藁人形を打つ瞬間及び達成感は、素晴らしいものを感じます。

そうは言っても、怖くてできない人も多いのではないでしょうか?
「呪いが返ってきたらどうしよう」「底知れぬ罪悪感がある」等を感じる人も多いはず。
私の場合は、「そこまでしなくてもいいかな」という甘い考えを持っていました。

今は違いますね。
相手の些細な言動であれ、心が傷付けられれば、必ず恨みを晴らす。
呪いをかけること自体、生きがいを感じています。

なぜ平気なのかと問われれば、
記事『人生初の呪いは小学生の頃』を皮切りに、私に呪いが返ってきた事がないからです。
その上、今の私には失うものも守るものもないわけですから、呪うことへの罪悪感は一切ありません。
だからこそ、藁人形を五寸釘で打とうが、呪いをかけようが、全く抵抗や恐怖を感じないのです。

呪いをやってはいけないという人がいますね。
正直私もそういう考えを持っていましたが、自分の本心を押さえつけることになり、逆にストレスになりました。
よく「自分を大切にしなさい」って言われたことはありませんか?
「自分を大切に」を履き違えているわけではありませんが、私にとって呪いこそが「自分のため」なのです。
だからこそ、私は呪うのです。

ちなみに、藁人形ストレス解消法は、自室でやっていますので、「丑の刻参り」のようなことはしておりません。
丑の刻参りは、リスクが高いですよ。
神社やら道具やら日数やら、そして人に見られるリスクもあり、逆にストレスが溜まるのでオススメしませんね、私は。
やはり自分に合った呪い(オリジナルの呪術が良い)を強く信じ、行った方が効果が出ます。

私の藁人形を使ったストレス解消法はオリジナルですが、効果を感じることはあります。
ストレス各々にその怨敵が関わっていなくても、その怨敵に全ての責任を押し付けることでダメージを与えるのことができる一石二鳥な方法。
恨みに思う相手がいない場合(そんな人はいないと思うが)は、病気や不幸など「負のイメージ」を対象に呪うと効果的です。
元来呪いとは、病魔を殺すために使われていたエネルギーのことをいいますからね。

最後に。
「藁人形」と聞けば、不気味なイメージを持たれる方は多いですよね。
しかし、本来藁人形とは、自分の「身代わり」としての道具です。
悪運や邪気、それこそ呪いから身を守るためのものです。
藁人形をお守り代わりに持っている人は、それをよく知っている人。
藁人形を持っているだけで呪われる、不幸になるというのは全くの勘違いだということを、知ってもらいたいですね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

プロフィール

霊睡蓮

霊睡蓮(レイスイレン)
1989年生まれ/大分県/AB型
コノ恨ミ……晴ラシテミセル……
根に持つ性格で、その恨みは呪いを以て晴らす。
プロフィール詳細

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数