吸血鬼?オオコウモリ



今回は、巨大コウモリ「オオコウモリ」を紹介。
海外では「メガバット」、「フライングフォックス」と呼ばれています。

翼を広げると、2mに達する大きさを誇ります。
一般的なコウモリは聴覚が優れているのに対し、オオコウモリは目が大きく、聴覚よりも視覚を得意とします。

また、一般的なコウモリは、虫などを主食しているのに対し、このオオコウモリは果実や花蜜などを主食とします。
この不気味な容姿で、動物質より植物質を好むというのは、意外ですよね。

オオコウモリの多くは熱帯に分布し、日本では沖縄や小笠原諸島に生息しています。

コウモリといえば、不吉なイメージを持つ人が大半だと思います。
しかし中国では、縁起の良い動物として扱われています。
コウモリは漢字で「蝙蝠」と書き、その「蝠」が「福」に通じるからとされています。

また世間では、コウモリは吸血する動物だと思われがち。
確かに吸血コウモリは存在しますが、何千種類と存在するコウモリ類の中では、比較的マイナーな部類に入ります。
なので、一般的なコウモリは吸血行為など一切しない、ということを知ってもらいたい。

私個人は、コウモリ好きです。
以前、自宅玄関前に、夜になると必ず現れる、一匹のコウモリがいました。
いつも玄関チャイムのスイッチの壁にくっついていて、とても可愛かったです。

元々、縁起の良い動物だということを知っていたので、プラシーボ効果なのか、不思議と幸運が続いた時期でもありました。
コウモリは病原菌など持っており触れることはできませんが、見守ることはできますからね。

しかしながら、例のオオコウモリが、自宅前にぶら下がっていたら、さすがにホラーですけどね。
スポンサーサイト

エナジーヴァンパイア

「エナジーヴァンパイア」という言葉を、ご存知でしょうか?

エナジーヴァンパイアとは、相手から生命力や精気、運気などのエネルギーを吸い取り、自分のエネルギーに変えてしまう人を指す言葉です。

例えば、「○○さんと話しをすると疲れる」「マイナス思考で自分まで暗くなる」などがあります。
相談といい愚痴をこぼされ、本人はスッキリしても聞かされた側は疲れるということがありますね。
それはエネルギーを吸い取られた証拠です。

相手の気持ちを察することができない、面倒で疲れさせる人たち。
彼らは無自覚であり、悪意がないのが特徴。

そこで例として、私が実際に関わった人物を紹介。
・Aさん
決して悪い人ではないのですが、なぜかその人と話すと疲れます。
他人の悪口は決して言わない点は素晴らしいのですが、一方的に自分の話を進め、また場の空気が読めないところがあります。
正直、疲れます。(観察していると自分だけではなく、周りも同じ思いの様子)

・Bさん
常にマイナス思考で「自分は馬鹿だから」「存在価値がない」など、常に自らを卑下し(謙遜のつもりらしい)、また思い通りにならないと不機嫌に。
気を思い、散々慰めたりなどしてあげましたが、その度に疲れます。
私は表向き上、明るく振舞っているのですが、やはり気持ちは暗くなることが多かったです。

・Cさん
とにかく話が、つまらない人です。
事あることに自分の話から始まり(日記を読まされている感じ)、自慢話も挟むので、正直疲れます。
この人は、それなりに空気も読めるし、ネガティブな発言など一切ないのですが、とにかく話がつまらないというのが欠点でした。

まだ他にも色々いるのですが、書き切れないので省略させていただきます。

エネルギーとは「気」のことであり、自分自身で見出すもの。
他人から奪い取るものではありません。
エナジーヴァンパイアは、自分自身でエネルギーを作り出せない、哀れな存在。
それゆえに誰かに寄生し、吸い取っていくことしかできない。

対処法は、関わらないことで万事解決します。
私はそんな人たちと連絡を取らず疎遠になりましたが、関わっていた頃に比べると運気は高まりました。

しかしながら、友人知人以外にも、両親や兄弟といった身内に存在する場合も多い。
身近すぎて気付かず、知らぬ間に、エネルギーを吸い取られているのかもしれませんね。

エナジーヴァンパイアの特徴は、今回の例だけでは収まりません。
まだ他にも色んなタイプのエナジーヴァンパイアはいます。
これの特徴をまとめているサイトなども多いので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

さて今回の記事で気が付く点があります。
相手の悪い点ばかり見つけ出し、それを記事として書き綴る自分も、同じ穴のムジナだということに。

不死の山・富士山

富士山にまつわる伝説を紹介。

「富士山」という名には、いくつかの説があります。
まず、有名なのが、平安時代『竹取物語』をルーツとするもの。

月へ帰ることになったかぐや姫は、時の天皇に「不老不死の霊薬」を渡します。
しかし帝は、「そなたがいないのであれば、生き永らえても仕方ない」と悲しみます。

帝はその後、手紙と共に不死の霊薬の入った壺を燃やすよう命じます。
この勅命により、大勢の兵士が山に登り、その地で手紙と霊薬を焼き払いました。

こうして、その地で不死の霊薬が処分されたことから、その山は「不死の山」「不死山」と呼ばれるようになりました。

鎌倉時代になると、この「不死」という字を「富士」に変え、以降は「富士山」として定着するようになりました。
不死山に、大勢のつわものが登ったということから、「士が富む山」という意味で「富士」になったといわれています。

ところで、命名以外にも、富士山の不死にまつわる話があります。

中国秦王朝。(日本は弥生時代)
始皇帝が中国を統一し、強大な権力を以って統治していました。

始皇帝は晩年、不老不死を求めるようになり、臣下らに不死の霊薬を探し出すよう無理難題を命じていました。
その臣下のひとりである徐福じょふくは、「東の国(日本)に不老不死の霊薬があるといわれています」と上奏します。
すぐさま始皇帝は、徐福に多大な宝物を贈り、三千人の従者を付かせ、東の国の日本へ派遣させました。

その徐福が日本に渡り、辿り着いたのが、富士山。
しかし、不死の霊薬は見つからず、徐福は始皇帝の怒りを恐れ、中国には帰らず、日本の地で骨を埋めることになりました。

実際、富士山に徐福の墓が残っており、徐福はその間、中国の様々な文化を日本に伝えたといわれています。


富士山は、古代より様々な人々を惹きつける霊峰であることが分かります。
不死と呼ばれるだけの計り知れないパワーを感じる一方、富士の樹海では逆に死を求める者も多い。
そういった意味では、「死こそが永遠の命」と考えることもできるかもしれませんね。

稲川淳二 真夜中のタクシー

今回は、PS『稲川淳二 真夜中のタクシー』を紹介します。
サウンドノベルゲームです。

プレイヤーは、タクシー運転手となり、乗せた客から怪談を聞くというホラーゲーム。
その乗客のひとりに、稲川淳二が本人役で登場しています。

怪談には二種類あり、ボイスシナリオ(乗客からの語り)、テキストシナリオ(車内に置き忘れた手紙)があります。

タクシーを走らせ、客を見かけると、乗せるかどうかの選択肢が表記され、どちらを選んだかによって怪談の内容が変わっていきます。
また、特定の怪談を聞いた後に、怪奇現象に襲われるイベントがあり、選択肢を間違えるとゲームオーバーになることも。

怪談は、隠しシナリオ4本を加え、全36本あります。
ちなみに、隠しシナリオは4本とも、稲川淳二によるボイスシナリオとなります。
一度聞いた怪談は、「怪談集」というモードで再生することができます。

このゲーム、とても怖くて面白いのですが、タクシーという設定のため走行音が大きく、肝心の怪談語りが聞き取りづらいという欠点があります。
そんな環境の中、特に稲川淳二の語りは、早口で滑舌が悪いので、普段聞き慣れていない人には厳しいかもしれません。

しかし、怪談自体は怖いものが揃っているので、稲川淳二ファン、怪談マニアにとっては必見のゲームです。

捨てることで得るもの

風水的に、物を捨てることは、非常に良いことです。
数年前、「断捨離だんしゃり」という言葉が流行ったことがありましたね。

私は今月に入り、本、漫画、ゲーム、CD、衣類、キャラクターグッズ等の、不要な物を全て売り払いました。(物の一つ一つについて書きたいが、長文になるため割愛)
以下、「私はこういう人間だ」という話と、本題の「捨てることで得るもの」という流れで、書いていきます。

「私は倹約家」
数年前から倹約に心がけており、食事やゲーム以外では、ほとんどお金を使いません。

しかしながら、倹約に目覚める前の私は、本や服、パワーストーン、植物、キャラクターグッズなど、衝動買いすることが多かったのです。
また、物をコレクションするのが一種のステータスに感じ、それをアピールするのがすごく好きでした。
しかし、それが積もりに積もって、ふと冷めるわけです。

それからというもの、その集めた物を目にすることが、とても憂鬱となっていきました。
押入れの奥深くにしまっても、結局は自分の家にあることには変わらず、整理整頓の時など目にするたび、それはもう辛い気持ちになります。
売ろうにも何だか手段がおぼつかず、何だかんだで約数十年間近く放置しておりました。

その長い月日を経て現在。
今月を皮切りに、それらを一掃処分することで、憂いを晴らすことにしたのです。

倹約家を名乗る今の私は、一日一食で食費を抑え、趣味で使う時は新作ゲームのみとしています。
正直、本や小説は図書館で借りればいいし、服はお気に入りの数着しか着ないし(約数年、服は一切買っていない)、情報や娯楽は全てインターネット。
キャラクターグッズやらは今後一切コレクションすることはないので、絶対に買うことはないわけです。
もはや節約は趣味といっても過言ではないほど、定着しております。

そして今回、不要物を整理整頓することができ、心から清清しい気持ちとなり、心なしか多少ながらも、人の縁、金の円も循環するようになりました。

「捨てることで得るもの」
水は流れるから常に清らかであり、滞れば水は濁る。
空気は流れるから常に新鮮であり、滞れば邪気が溜まる。

実は人間にもこの法則が当てはまります。

とはいえ、新しい人間が良く、同じ人間ばかりと関わるのは悪い、といっているわけではありません。
しかし、人生において、様々な人と出会うことで、たくさんの有益な情報を得ることは多い。

実は縁を切ることは大切。
縁を切っていかないと、驚くほど新しい出会いは巡ってきません。

携帯電話のアドレス帳を見ていただければ良いのですが、もう疎遠で関わらない人っていますよね。
そういう場合、アドレス削除をオススメします。
アドレス帳も風水の一種ですから、不要な人は切り、必要な人は残す。
不要な人は結局は不要です。

相手に悪いかも何て思わないように。
自分の人生なのだから、自分が削除したいと思えばすれば良いのです。

結局世の中は、「幸運を得るためには不要なものを整理する」という真理に基づいています。
そしてその真理は、仏教の謳っている「物への執念を捨てる」思想の意味につながるわけです。

そんな私は、物に関する執念は捨てられるのですが、人に関する執念は捨てられない。
なぜって?
それは、恨みがあればあるほど、執念深く呪い続ける性格だからです。

邪気祓い

九字切くじぎりというものがあります。
手の人差し指と中指を合わせ空中を切り、九字の呪文を唱える邪気祓い。
起源は中国で、「九」の数は陽を表し、陰を除くとされたことから始まりました。

九字の呪文は「りんぴょうとうしゃかいじんれつざいぜん」で、それぞれ手で印をつくり、空中を切っていきます。
そして、最後に「悪魔降伏あくまこうふく怨敵退散おんてきたいさん七難速滅しちなんそくめつ七復速生秘しちふくそくしょうひ」と唱えるというものです。

しかしながら、九字の呪文を唱えるのはまだしも、九種類の印を手で表現したり、最後の悪魔降伏云々の呪文など、正直手間がかかり大変だと思います。

これに関して、私は独自のやり方(アレンジ版九字切り)を行っています。
九字の呪文はそのまま唱えるのですが、手の印はつくりません。
代わりに、両手を構え、襲い掛かるポーズ(怪獣みたいなポーズ)を取りながら、九字の呪文を唱えます。
そして最後に「悪霊退散せよ」の台詞。

妙な気配を感じたり、霊が近くにいる時にやっていますが、滅多な時にしか行いません。
私は基本、お香を焚いて霊や邪気を祓っているのですが(記事『呪い呪われ祓い方』)、突然の時ってありますよね。
外出先など、咄嗟に線香を取り出すことができないことはよくあります。
そういう時、私は例の九字切り法で、霊を祓っています。

アレンジ版九字切りの他、こんな邪気祓いもあります。
オリジナル呪文「コノウラミハラシテミセル」で、霊を祓う方法。
霊が取り憑き、運気が下がる→不幸になる→それを恨みに思う→「悪霊め……コノ恨ミ晴ラシテミセル……

幽霊に対して「恨みを晴らす」という台詞は斬新ですが、脅し文句として効果的です。
現に、この台詞を恐れ、いつの間にいなくなります。

それでも執念深い霊には、さらに恐ろしい言葉で攻めましょう。
お前など……絶対に成仏させてやるものか……。永遠にこの世に……留まらせてやる……」とね。

低級霊の大半は元人間ですし、幽霊とはいえ、怖がり臆病なのは変わりません。
しかし、これを怖がるのは低級霊のみで、さすがに上級悪霊などには通じません。

最後に注意点。
俗に、九字切りは素人がすると危険だといいます。
九字切りは霊に対する「宣戦布告」を意味しますからね。(「御札」にもそういう意味合いがある)
怯み震えながら九字切りされたところ、霊には全く効果はありません。(逆に霊から舐められる)

しかし実は、素人玄人はあまり関係ありません。
結局は、霊を恐れず怯まない精神と絶対的自信があれば、誰でも効果を発揮できるからです。

帝を惑わした道士・林霊素

中国北宋、徽宗きそう皇帝の時代。
林霊素りんれいそは、若くして仏教を学んだところ、師匠の厳しい指導に堪えられず、逃げて道士になりました。
妖術に心得があり、淮河と泗河の間を往来し、僧寺に食を求めていましたが、辛い目に遭わされます。

都では、帝が臣下の徐知常に、誰か優れた道士はいないかと尋ねていました。
そこで徐知常は、何人かの道士の名を挙げ、その内、林霊素の名を挙げます。

推挙された林霊素は、帝の前に現れると、「五雷法」を説きます。
五雷法に則り、帝の寵妃を「九華玉真安妃」に当てはめたことで、帝は大いに喜び、林霊素を手厚く遇します。
彼に号を授け、無数の賞与を与えました。

帝は、林霊素の意見に従い、「道学」(科挙に対抗して設けた道士の試験)を設けさせました。
さらに、林霊素の献言により「上清宝簶宮」が造営されます。
帝は「上清宝簶宮」に、士大夫や道士などを集め、林霊素に帝君降臨を講義させました。

林霊素の講義では、帝は聴講のため帷幄いあくを設け、林霊素は高座から質問を受けました。
彼の発言に立派なものはなく、君臣の礼などありませんでした。
しかし、出世を望む官僚や政治家は、みな道教になびいていきました。

林霊素と同じくする道士の王仔昔は、傲慢な人物でした。
帝が客礼の待遇をするので、思い上がった王仔昔は、帝の宦官を自分の奴隷のように扱ったのです。
そして、他の道士には、自分を「宗主」とするよう強要。
林霊素はこれを嫌い、宦官と結託し、「王仔昔は、陛下を呪う発言があった」と訴え、王仔昔を獄死させました。

帝は、林霊素の言葉に惑わされ、天下の至るところに宮殿を建てます。
林霊素は、上帝の神託と称し、様々な書物を作らせ、世を惑わし、民を欺いたのでした。

林霊素は「通真達霊元妙先生」の号が与えられ、彼の党派は二万人にも増し、みな栄華を極めました。
また彼は、自分に従わない宦官や道士がいると、神託を使い、自分の思い通りに従わせました。

林霊素は、元々同じ道士の王允誠と結託し、怪異の発言をしていました。
しかし、王允誠を毒殺し、ついに専制権を握ります。

林霊素は、かつての恨みを晴らすべく、仏教徒を全て排斥しようと目論みます。
・仏の号を大覚金仙に、他を仙人・大士に、僧を徳士に改めさせる。
・仏教徒は衣装を変え、姓氏を名乗らせる。
・寺を宮に、院を観に改名させる。
・女冠を女道に、尼を女徳に改めさせる。
これらの意見は全て通され、大規模な仏教弾圧が起こりました。

そんなある時。
林霊素が町を歩いていると、人々が血相を変えて棒で殴りかかってきた。彼は、恐れ逃げ帰ってきた。
これを機に、帝は愛想を尽かすようになります。

しかし林霊素の横暴さは増し、皇太子に出会っても、道を空けるどころか礼拝すらしませんでした。
太子はこれを帝に訴えたところ、帝は大いに怒り、林霊素を郷里に帰し、中央から遠ざけさせました。

その後、林霊素は死亡。
彼の遺言が提出されると、侍従の礼によって埋葬させたといいます。
以降、道学は廃止となりました。

稲川淳二 怪談『心霊写真』

稲川淳二の怪談に、心霊写真にまつわる話があります。

ある大人気番組の特番の担当になった稲川淳二は、番組内で不気味な心霊写真を見る。
この番組を終え、その日の内に、次のロケへと向かった稲川淳二。
そして、長野県のとある旅館に泊まることに……。



稲川淳二が語っている、ある大人気番組とは、バラエティ番組『夕やけニャンニャン』のことです。
その番組で公開された写真が、これです。

心霊写真(閲覧注意)

非常に不気味ですね。

心霊写真「鳥居に写る不気味な顔」

昔、フジテレビ『奇跡体験!アンビリバボー』の心霊写真特集にて、不気味な写真が公開されました。

ある日、写真屋で出来上がった現像写真を受け取った帰りの事。
写真屋の出入り口付近に、白い封筒が落ちていた。

封筒の中身を見ると、不気味な鳥居が真ん中に写った写真。
その写真の、鳥居の柱の下の部分に目を向けると、そこには青白い顔が二つ並んでいた。

心霊写真(閲覧注意)

これを投稿した人はその後、行方不明となり、今も連絡ができないという。

かなり不気味な写真です。
霊能者曰く「非常に危険な写真」と忠告していました。

私が子供の頃、この放送をリアルタイムで見ており、ゾッとしたのをよく覚えています。
投稿主が失踪したというのが、不気味さに拍車をかけていますね。

しかしこの心霊写真、実は作りモノであることが分かりました。

昭和50年代、「コスモス」という、玩具景品の入ったガシャポンが出てくる自販機がありました。
その玩具景品に、「心霊写真カード」というものがあり、例の写真はその景品のひとつだったのです。

そうと分かれば、鳥居の写真を投稿した人が失踪した理由も分かります。
つまり行方を晦ましたのは、この写真が作りモノであることを、のちに追求されないため。
しかも行方不明と謳えば、その恐怖と不気味さをさらに強める演出になります。

この一件から分かる通り、霊能者がいかに信用できないかが、同時に証明されましたね。

ヨッシーストーリー

今回は、任天堂64『ヨッシーストーリー』を紹介します。

絵本の世界に閉じ込められてしまったヨッシーたちが、ベビークッパに奪われた「スーパーしあわせのツリー」を取り戻す冒険に出かける物語。
絵本の世界は6ページあり、各ページに4つのコースがあります。

このゲーム、絵本のようなファンタジーな世界観な一方、不気味な要素が多い。
ミスをすると、コカメックたちが現れ、ヨッシーをベビークッパの城に連れ去るシーンは、かなり怖い。
そして、ミスを繰り返しヨッシーの数が減ることで、賑やかだったセレクト場面が寂しくなっていく様子も、これまた不気味です。

主人公が「ちびヨッシー」であるため、敵キャラは大きめに設定されており、妙なプレッシャーがあります。
不気味な敵キャラも多く、ホネホネ竜やウンババ、巨大パックンフラワー、大なめくじ等がおり、味方キャラのニョロロンもかなり気色が悪い。
個人的に、フレアバブルという不気味な奇声を上げる大型バブルが印象に残っています。

各ワールドは、「とざされた2ページ」、「ジャングルの4ページ」など不気味で、特に「さいごの6ページ」(ベビークッパの城)は怖い。
後者でいえば、6-1「キカイなおしろ」はかなりのもの。
目の前に突き出てくる巨大な剣、即死のプレス機、回転歯車といった危険なトラップが揃い、効果音がリアルで非常に怖い。

ヨッシーストーリーは、ヨッシーの可愛らしさや明るさを持つ一方、童話の絵本に見られるような不気味さも表現されています。
しかしながら、ゲームシステムは分かりやすく、難易度も低いため、初心者にはとても優しいゲームです。

ちなみに、このゲームからヨッシーにボイスが付くようになり、以降の作品では、ヨッシーのテーマBGMや、絵本のような世界観が、ヨッシーを象徴するものとして受け継がれていくことになります。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

プロフィール

霊睡蓮

霊睡蓮(レイスイレン)
1989年生まれ/大分県/AB型
コノ恨ミ……晴ラシテミセル……
根に持つ性格で、その恨みは呪いを以て晴らす。
プロフィール詳細

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数