08
1
3
4
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

藁人形ストレス解消法

ストレスは誰しもが持つものです。
私の場合、ストレスを感じた時は、五寸釘や刃物で、藁人形を滅多刺しにしています。
ストレスの全てを怨敵のせいにし(ストレスの原因でなくても)、怨みを込め、突き立てています。

「怨み」を自分の心に抱えた状態だと、運気は下がります。
ゆえに、その怨念を相手に向け、解き放つことは、運気好転につながります。

決して健康的なストレス解消法ではありませんが、
藁人形を打った後の達成感、素晴らしいですよ。

そうは言っても、怖くてできない人も多いのではないでしょうか?
「呪いが返ってきたらどうしよう」「底知れぬ罪悪感がある」等を感じる人も多いはず。
実際、学生の頃の私もそんな感じでした。
何だかんだ言って、根は優しいので(自分で言うのも変ですが)、「そこまでしなくてもいいかな」という甘い考えを持っていました。

今は違いますね。
相手の些細な言動であれ、心が傷付けられれば、必ず怨みを晴らす。
呪いをかけること自体、生きがいを感じています。

なぜ平気なのかと問われれば、
前回記事『人生初の呪いは小学生の頃』を皮切りに、私に呪いが返ってきた事がないからです。
その上、今の私には失うものも守るものもないわけですから、呪う事への罪悪感は一切ありません。
だからこそ、藁人形を五寸釘で打とうが、呪いをかけようが、全く抵抗や恐怖を感じないのです。

呪いをやってはいけないという人がいますね。
正直私もそういう考えを持っていましたが、自分の本心を押さえつけることになり、逆にストレスになりました。
よく「自分を大切にしなさい」って言われたことはありませんか?
「自分を大切に」を履き違えているわけではありませんが、私にとって呪いこそが「自分のため」なのです。
だからこそ、私は呪うのです。

ちなみに、藁人形ストレス解消法は、自室でやっていますので、「丑の刻参り」のようなことはしておりません。
丑の刻参りは、リスクが高いですよ。
神社やら道具やら日数やら、そして人に見られるリスクもあり、逆にストレスが溜まるのでオススメしませんね、私は。
やはり自分に合った呪い(オリジナルの呪術が良い)を強く信じ、行った方が効果が出ます。

私の藁人形を使ったストレス解消法はオリジナルですが、効果を感じることはあります。
ストレス各々にその怨敵が関わっていなくても、その怨敵に全ての責任を押し付けることでダメージを与えるのことができる一石二鳥な方法。
怨みに思う相手がいない場合(そんな人はいないと思うが)は、病気や不幸など「負のイメージ」を対象に呪うと効果的です。
元来呪いとは、病魔を殺すために使われていたエネルギーのことを言いますからね。

最後に。
「藁人形」と聞けば、不気味なイメージを持たれる方は多いですよね。
しかし、本来藁人形とは、自分の「身代わり」としての道具です。
悪運や邪気、それこそ呪いから身を守るためのものです。
藁人形をお守り代わりに持っている人は、それをよく知っている人。
藁人形を持っているだけで呪われる、不幸になるというのは全くの勘違いだということを、知ってもらいたいですね。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

霊睡蓮

名前:霊睡蓮
1989年生まれ/大分県/AB型
コノ怨ミ……晴ラシテミセル……
根に持つ性格で、受けた怨みは一生忘れない。
プロフィール詳細

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブログランキング

FC2Blog Ranking

訪問者数